浮島前文科副大臣が「外国人の子供たちとの共生」をテーマに講演

浮島前文科副大臣が「外国人の子供たちとの共生」をテーマに講演

浮島智子前文部科学副大臣が10月11日、東京都内で開いた外国人留学生高等教育協会主催の教育シンポジウム(日本語教育情報プラットフォームなど後援)で講演した。浮島前副大臣は「外国人受入れ・共生のため教育推進検討チーム」の座長を務め、検討チームがまとめた報告書を紹介しながら、「共生のための日本語教育」の必要性を訴えた。

浮島前大臣は公明党衆院議員で、党の文部科学部会長を務める。検討チーム座長として各地の小学校や専門学校、日本語学校などを視察し、これまで知られていなかった外国人児童生徒の教育実態や日本語教育の実状などを報告書としてまとめた。

報告書では、学齢相当の外国人の子供が住民基本台帳上では約12万4000人おり、不就学を含め実情がつかめていない子供が約1万人いることを明らかにした。また、日本語指導が必要な児童生徒はこの10年間で約5万人と1.5倍に増えている実情も報告。検討チームの調査結果はマスコミでも大きく取り上げられ、政府が進める「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」の施策の実現や、日本語教育推進法に基づいて取り組むべき事業の方向に示したと言える。

講演は「誰一人置き去りにしない社会の実現へ~外国人の子供たちとの共生のために」がテーマだったが、浮島副大臣は与党の文教族議員として財務省に1人で乗り込んで行ったエピソードにも触れた。浮島副大臣は次年度予算編成が大詰めを迎えた平成28年12月、教職員定数を増やすようボストンバックを手に財務省を訪れ、教育現場の窮状を主計局担当官に詳細に説明。ボストンバックは、要望を飲んでくれるまで帰りませんという固い意志を示す小道具だった。財務省としては、少子化時代に教員定数の増は必要ないというスタンスだったが、浮島前副大臣の熱意が財務省を動かし、「定数増」を勝ち取った。

教育シンポジウムではこのあと、文部科学省の齋藤潔学生留学生課・留学生交流室長が「留学生行政の現状と将来、高等教育機関の役割」と題して講演。第二部では「外国人の受入れ・多文化共生社会構築と高等教育の役割」をテーマに専門学校関係者らのシンポジウムも行われた。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. which erectile dysfunction foods work fast
    best erectile dysfunction treatment
    is erectile dysfunction a chronic condition

  2. azithromycin 250mg https://azithromycinx250.com/

  3. generic viagra 24 hours delivery https://cleverviagra.com/

  4. viagra without a prescription http://viacheapusa.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

2月
26
8:00 PM 小出記念日本語教育研究会 第3回... @ Zoom
小出記念日本語教育研究会 第3回... @ Zoom
2月 26 @ 8:00 PM – 10:00 PM
【ご案内】 小出記念日本語教育研究会 第3回ワークショップ 「PAC分析 入門」 日 時:2021年2月26日(金)20:00〜22:00 (UTC+9)     日本時間以外の開催時刻はこちらでご確認ください。 https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html… 場 所:オンライン開催(Zoomを利用) 定 員:100名(先着) 申込み:https://koide20210226.peatix.com/ 参加費:当研究会の会員は無料(*)、非会員は500円    *ただし、 2020年度年会費を納付済みであること。     年会費支払い状況の照会は、研究会 会計担当まで koide.kaikei@gmail.com 講 師:小澤 伊久美(国際基督教大学・課程上級准教授)      丸山 千歌 (立教大学・教授) < ワークショップ内容 >  個人別態度(Personal Attitude Construct: PAC) 分析は、社会心理学・臨床心理学の知見を持つ内藤哲雄先生(前信州大・福島学院大学/現明治学院大学国際平和研究所所員)が開発された手法です。  PAC分析は、ある刺激に関して自由連想をさせ、連想語同士の類似度を評定させた結果をクラスター分析にかけ、そのデンドログラム(樹形図)をもとにインタビューを行って調査協力者の内面探索を促すという特徴を持っています。  開発から20 年以上が経過し、日本語教育を含め様々な分野で活用されるようになりましたが、名前を聞いたことがあるけれどもまだどのような手法であるのかがわからない、使ってみたいけれども実施上の留意点にはどのようなものがあるかわからない、といった疑問をお持ちの方も少なくないようです。  本ワークショップでは、そうした入門者を対象に、PAC分析の手順を紹介し、デンドログラムの読み取りやインタビューの際の留意点を解説します。また、PAC分析について学ぶことが、研究だけでなく教育実践にいかに活用し得るかについて参加者のみなさまとともに考えたいと思います。
2月
27
全日 令和2年度 日本語学校教育研究大会 @ オンライン講座(Zoom使用)
令和2年度 日本語学校教育研究大会 @ オンライン講座(Zoom使用)
2月 27 全日
期 日 2021年2月27日(土)~28日(日) 実施方法 ZOOMによるオンライン開催 詳細・ 申込み イベント説明:◆日程 【大会1日目】2021年2月27日(土) 講演 「コロナ禍での特別措置と告示基準の適用等について(仮)」 講師:出入国在留管理庁 担当官 講演 「文化庁における日本語教育施策及び審議状況報告について」 講師:文化庁国語課 日本語教育調査官 増田 麻美子 パネルセッション「ポストコロナ時代の日本語教育を考える」   【大会2日目】2021年2月28日(日) 対談「日本語学校教育のニューノーマル(新常態)を考える」 當作 靖彦(カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授) 奥田 純子(コミュニカ学院 学院長) 講演「オンライン授業のデザイン――学び続ける日本語教師」 講師:保坂 敏子(日本大学 大学院 総合社会情報研究科文化情報専攻 教授) ◆参加費  維持会員及び準会員機関 2,200円/人 賛助会員        3,300円/人 その他の教育機関、個人 4,400円/人 ◆内容詳細・参加申込方法 https://www.nisshinkyo.org/news/detail.php?id=2320&f=news ◆問い合わせ先 一般財団法人日本語教育振興協会 info@nisshinkyo.org TEL:03-5304-7815 / FAX:03-5304-7813 主催者のカテゴリー:日本語教育業界団体 イベントのカテゴリー:シンポジウム・講演会
3月
6
3:00 PM 第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
3月 6 @ 3:00 PM – 4:50 PM
■実施日:2021年3月6日(土) ■実施方法:Zoomによるオンライン開催,参加費無料(会員・非会員とも)。事前申込が必要 ■大会スケジュール: ● 10:30~10:40:開会の挨拶と事務連絡 ● 10:40~14:15:研究討論会 ● 14:20~14:50:総会 ● 15:00~16:50:シンポジウム「語彙から広がる日本語教育」 ● 17:00~18:00:懇親会(Zoom)
3月
7
10:00 AM リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
3月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM
イベント説明:中国在住の名物先生、笈川幸司さんが、これまで培ったメソッドを基にベトナム人学習者を対象に授業を行います。四声(中国語)から六声(ベトナム語)へ。ここでしか聞けないこぼれ話も満載です。 内容 第一部 コロナ禍で激変した授業 ・大人数からオンラインへ ・中国から世界へ ・大学生から「働く」を見据えた人たちへ 第二部 ベトナム人学習者対象の公開授業 第三部 質問コーナー ・みなさんからの質問にお答えします 主催者のカテゴリー:日本語議連 イベントのカテゴリー:セミナー・ワークショップ
ページ上部へ戻る