浮島前文科副大臣が「外国人の子供たちとの共生」をテーマに講演

浮島前文科副大臣が「外国人の子供たちとの共生」をテーマに講演

浮島智子前文部科学副大臣が10月11日、東京都内で開いた外国人留学生高等教育協会主催の教育シンポジウム(日本語教育情報プラットフォームなど後援)で講演した。浮島前副大臣は「外国人受入れ・共生のため教育推進検討チーム」の座長を務め、検討チームがまとめた報告書を紹介しながら、「共生のための日本語教育」の必要性を訴えた。

浮島前大臣は公明党衆院議員で、党の文部科学部会長を務める。検討チーム座長として各地の小学校や専門学校、日本語学校などを視察し、これまで知られていなかった外国人児童生徒の教育実態や日本語教育の実状などを報告書としてまとめた。

報告書では、学齢相当の外国人の子供が住民基本台帳上では約12万4000人おり、不就学を含め実情がつかめていない子供が約1万人いることを明らかにした。また、日本語指導が必要な児童生徒はこの10年間で約5万人と1.5倍に増えている実情も報告。検討チームの調査結果はマスコミでも大きく取り上げられ、政府が進める「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」の施策の実現や、日本語教育推進法に基づいて取り組むべき事業の方向に示したと言える。

講演は「誰一人置き去りにしない社会の実現へ~外国人の子供たちとの共生のために」がテーマだったが、浮島副大臣は与党の文教族議員として財務省に1人で乗り込んで行ったエピソードにも触れた。浮島副大臣は次年度予算編成が大詰めを迎えた平成28年12月、教職員定数を増やすようボストンバックを手に財務省を訪れ、教育現場の窮状を主計局担当官に詳細に説明。ボストンバックは、要望を飲んでくれるまで帰りませんという固い意志を示す小道具だった。財務省としては、少子化時代に教員定数の増は必要ないというスタンスだったが、浮島前副大臣の熱意が財務省を動かし、「定数増」を勝ち取った。

教育シンポジウムではこのあと、文部科学省の齋藤潔学生留学生課・留学生交流室長が「留学生行政の現状と将来、高等教育機関の役割」と題して講演。第二部では「外国人の受入れ・多文化共生社会構築と高等教育の役割」をテーマに専門学校関係者らのシンポジウムも行われた。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. generic viagra 24 hours delivery https://cleverviagra.com/

  2. viagra without a prescription http://viacheapusa.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
10
全日 第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
10月 10 – 10月 11 全日
第42回研究大会 【会 期】2020年10月10日(土)・11日(日) 【会 場】筑波大学つくばキャンパス (〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1) 【大会テーマ】キャリア・パスポートの活用について(仮) 【準備委員会委員長】藤田晃之(筑波大学人間系)
10月
31
全日 日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
10月 31 – 11月 1 全日
日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 本事業は、これまで隔年にて世界各国の日本語教育団体が持ち回りで主催してきた日本語教育国際研究大会を、来る第15回大会においては香港日本語教育研究会とマカオ大学とが地の利を活かし共同で主催させて頂くという点で画期的な挑戦でもあります。過去の大会では、アジアだけでなく、オセアニア、アメリカ、欧州からも数多くの研究者・教育関係者の方々にご参加、ご出席いただき、活発な議論と情報交換の場を提供してきた実績がございます。 「日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020(略称ICJLE 2020)」では、グローバル化によって急速に変化しつつある昨今の世界情勢を見据え、「つながる多様性、ひろがる可能性(Mediating Diversities, Igniting Potentials)」を大会テーマに掲げました。 ICJLE2020の目的は、多種多様な視点から語学学習及び語学教育を個人から社会へ、そして社会から国家を超えたグローバルな枠組みで捉え直しその多様性と可能性に焦点をあてること、と同時に異なる文化背景や思想を持ちながらも日本語教育に従事している者同士として、互いの違いを乗り越え共存共栄の道を模索することで世界平和の構築へ向けて前進することにあります。ICJLE2020にご参加下さる方々の研究発表、報告、活発な討論や意見交換などによって、今後を見据え国際社会における日本語学習及び日本語教育へのさらなる促進と発展に貢献できる足掛かりとなる機会を提供できるものと主催者一同大いに期待しているところであります。 日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 大会運営委員長 香港日本語教育研究会 会長 マギー 梁安玉
ページ上部へ戻る