三重県議会の外国人労働者支援調査特別委が上京 文化庁から日本語教育の取り組みを聴取

三重県議会の外国人労働者支援調査特別委が上京 文化庁から日本語教育の取り組みを聴取

三重県の外国人労働者支援調査特別委員会の小島智子委員長ら委員9人がこのほど上京し、文化庁国語課で政府の日本語教育の推進策に関してヒアリングを受けたほか、外国人住民の人口比が10%を超える新宿区の多文化共生の取り組みを聴取し、国際研修など幅広く事業を実施する日本国際交流センター(JICE)などを視察した。

三重県内には、1990年代から大手電機メーカーの工場で日系プラジル人が働くなど、在留外国人が多く居住する。その数は5万612人(2019年1月)で、県内人口の2.27%を占め、比率は全国でも4番目にランクされる。2018年11月から全国で初めて児童相談所で24時間多言語による相談業務をスタートさせ、全国知事会から「先進政策」に選定された。一方、県議会は改正入管法で外国人労働者の受け入れが拡大されたのを受けて、今年5月に外国人労働者支援調査特別委員会を設置した。

特別委は県や関係の国際交流団体、外国人支援の地元NPOなどから聞き取り調査を行ったほか、藤原浩昭名古屋出入国在留管理局長(当時)を呼び政府の取り組みなどを聴取。今回の上京は特別委としての調査の一環で、文化庁国語課からは日本語教育推進法の施行に基づく政府の日本語教育推進の取り組みについて説明を受けた。政府は来年6月に日本語教育推進の基本方針の策定する意向で、地方自治体は政府の基本方針を沿ってそれぞれ計画づくりを進めることになりそうだ。また、新宿区からは共生のためのワンストップサービスの先進的な事業を展開する「しんじゅく多文化共生プラザ」の取り組みの報告を聞き、JICEでは交際協力、国際交流に関する幅広い事業の説明を受けた。

特別委は今回の視察を受けて外国人労働者の支援に向けた施策の在り方について論点を整理したうえで、外国人労働者の労働環境の向上や外国人を雇用する企業の生産性のアップにつながる施策を検討する方針だ。特別委の小島委員長は「県内の人口も減少し、外国人の労働力に頼らざるを得ない時代を迎えている。外国人を支援する施策とともに、産業人材として育成し、地域経済が活性化できるような事業が必要です。そうした考えを議会として報告書にまとめ、知事に提出したい」と話している。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. tinder online , tinder online
    [url=”http://tinderdatingsiteus.com/?”]what is tinder [/url]

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
31
2:00 PM 日本語学校の進路指導担当者が知る... @ オンラインセミナー(Zoom)
日本語学校の進路指導担当者が知る... @ オンラインセミナー(Zoom)
7月 31 @ 2:00 PM – 4:15 PM
日本語学校の進路指導担当者が知るべき 自動車大学校の留学生事情 近年、自動車大学校に進学し、自動車整備士としての活躍を夢見る留学生が増えています。決して安くない学費、学科と実技を伴う国家試験などハードルは高いですが、その熱は冷めそうにありません。なぜ、令和の時代に留学生と自動車整備士がマッチングするのでしょうか。そして、彼らを受け入れる自動車大学校はどのような教育をして、就職に結びつけているのでしょうか。業界の識者に留学生受け入れの背景から就労事情の最前線まで数値分析を踏まえて解説していただきます。 ●講師 東京工科自動車大学校世田谷校・品川校 佐藤康夫校長 国立苫小牧工業高等専門学校機械工学科卒業。札幌トヨタ自動車株式会社から学校法人小山学園東京工科専門学校の自動車整備分野専任教員に転職。その後、産業技術大学院大学創造技術専攻にて創造技術修士を取得。自動車技術会正会員。全国自動車大学校整備専門学校協会における各種委員会委員長を歴任。文部科学省委託事業では「自動車設計開発技術者育成のための4年制カリキュラム開発」「自動車整備専門学校における職業実践専門課程の第三者評価について」の代表。東京都専門学校各種学校協会においては各種委員会に委員として参画。学校法人小山学園理事も務める。 日産・自動車大学校広報支援部 橋本 健 大阪産業大学工学部卒業。日産京都自動車大学校に教員として入社。20年超の学生指導経験を活かして、募集・就職担当部署へ異動。現在は全国に5校ある日産・自動車大学校の募集、就職、広報を統括する広報支援部で活動中。 ●日時 2021年7月31日(土) 14:00~16:15 14:00~14:05 開会宣言 14:05~15:20 講演「自動車大学校の留学生事情」(東京工科自動車大学校 佐藤校長) 15:20~16:00 講演「メーカー系大学校の留学生事情」(日産・自動車大学校 橋本氏) 16:00~16:15 質疑応答&次回宣伝等 ※Zoomによるオンラインセミナー ●参加費 2000円 ●定員 40名 ●申込み 以下のPeatixサイトよりお申込みください。 http://ptix.at/vDlfIu ●主催 日本語教師センター ●注意事項 Zoomによるオンラインセミナーです。 実名参加が可能な方のみお申し込みいただけます。 1チケットにつき1名の参加が可能です。 パソコンまたはタブレットでの参加を推奨いたします。お申し込みの際に携帯電話のメールアドレスをご記入いただくことはご遠慮ください。 領収書はPeatixの画面から発行できます。セミナー開催後の領収書の発行はできません。 チケットの購入により、上記の注意事項に同意したものとみなします。
8月
7
10:00 AM リンゲージスペシャル2021DXセミナ... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージスペシャル2021DXセミナ... @ オンライン上(Zoom会議室)
8月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM
日本語業界の最前線でDXを実践するプロフェッショナルたちにご登壇頂くセミナーシリーズも今回で第4回になりました。 リンゲージDXセミナー第4回は、東京大学などで教鞭をとるかたわら、NPO法人YYJ「ゆるくてやさしい日本語のなかまたち」の体表を務める大隅紀子さんのご登場です。 大隅さんは、世の中でzoomが世に定着するずっと前からこのツールに注目し、オンラインならではの授業やミーティングの可能性について追及を続けています。 当日は参加者のみなさんにオンラインファシリテーションを体験していただく時間も! オンライン(Zoom)での開催です。(*ライブ・録画配信の両方視聴できます) ↓お申込みはこちらから↓ https://form.run/@linguagespecial2021 *お申込み期限:8月5日(木) 《お問合せ》 担当:山本 住所:東京都新宿区西新宿1-3-13ゼンケンプラザⅡ11F Mail:n.yamamoto@linguage.jp 電話:03-5909-0421
2:30 PM 母語・継承語・バイリンガル教育(... @ オンライン開催
母語・継承語・バイリンガル教育(... @ オンライン開催
8月 7 @ 2:30 PM – 8月 8 @ 5:45 PM
MHB学会2021年度研究大会 参加登録のご案内(7/31〆切) 母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会では、2021年度研究大会のテーマとして「ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育」を掲げ、8月7日、8日にオンラインで開催します。ファミリー・ランゲージ・ポリシー(Family Language Policy、以下FLP)は、個人と社会的環境との接点となる集団の最小単位として「家族」に注目し、学校における学習言語及び地域・国家レベルの言語政策との関係性を深く考察し、理解することができるテーマです。 今年度の大会では、FLP研究を牽引してこられたKendall King博士による基調講演、FLPに関連した国内外の実践研究報告からなるパネルセッションの他、一般発表(27件)、ワークショップ2件を予定しています。ワークショップには、研究手法に焦点をあてたオープン・コーディング入門と、コロナ禍の教育デジタルツールに焦点をあてた2件を企画しました。 基調講演とパネルセッションは、大会1週間前から動画配信を開始し、大会期間中には質疑応答をライブで開催いたします。事前配信動画には日本語字幕、ライブセッションでは日英同時通訳・日本手話同時通訳をご用意します。また、オープン・コーディング入門は事前配信動画とライブによるハンズオンのセッションを予定しています。この他、書店による書籍販売コーナー、参加者相互の交流をはかる場なども設けております。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 日時:2021年8月7日(土),8月8日(日) テーマ:ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育 場所:全プログラムオンライン 2021MHB研究大会参加者限定特設サイト (https://www.conference.mhb.jp/) *現段階では一般公開用のプログラムページのみ閲覧可能です。 大会1週間前をめどに、参加者だけが閲覧できる詳細情報を掲載します。 大会参加費:一般会員、学生会員 2,000 円 準会員、非会員   3,000 円 申し込み期限:7月31日23:59(日本時間:UTC+9) プログラム詳細および参加申し込み方法: 大会特設サイト(https://www.conference.mhb.jp/)をご参照ください。                                                                                 MHB学会2021年度大会実行委員
8月
22
10:00 AM 凡人社オンライン日本語 サロン研... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語 サロン研... @ オンライン(Zoom)
8月 22 @ 10:00 AM – 11:30 AM
凡人社オンライン日本語 サロン研修会 まだまだ広がる「やさしい日本語」! @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修会 まだまだ広がる「やさしい日本語」! [日 時] 2021 年 8月 22日(日)10:00~11:30 (オープン 9:40) [参加費] 無料 ※要予約、前々日(8/20)に招待 URL 送ります。 [定 員] 定員:250 名(先着順、定員になり次第締め切ります) [講 師] 岩田一成先生(聖心女子大学日本語日本文学科教授) [対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、自治体担当者、など [概要] 災害場面から広がった「やさしい日本語」ですが、2019 年に外国人労働者の受け入れが決まって以来、国の言語政策として明記されるようになりました。 この研修会では、役所、医療機関、学校(この三つは各種調査で外国人が困っていると回答している場所です)の現場でどのような活用がなされているのか紹介します。 基礎的なお話から始めるので、お気軽にご参加ください。 [主 催] 凡人社 [お申し込み▼]※先着順 ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(8/22)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
ページ上部へ戻る