コロナ禍で日本語能力試験も中止に 留学生30万人計画はどうなるのか?

コロナ禍で日本語能力試験も中止に 留学生30万人計画はどうなるのか?

新型コロナウイルスの感染が地球規模で広がり、国境を超える人の動きが大きく制限されている。日本も欧米、アジアの多くの国からの入国を規制し、外国人観光客ばかりでなく外国人留学生の受け入れも中断状況が続いている。こうした中で6月に予定されていた日本留学試験が中止され、海外の都市での日本語能力試験も中止決定が相次いでいる。

日本学生支援機構は国内外での日本留学試験の実施が困難だと判断し、5月13日に「2020年度日本留学試験(第1回)実施の中止」をホームページで公表した。6月21日の試験では受験の申し込みを受け付けており、受験料の返金については今後、手続きをホームページで明らかにするという。

7月に実施予定だった日本語能力試験については、主催する国際交流基金が4月10日に英国のロンドン、ベルギーのルーヴェンなど4都市の試験の中止を発表したのをはじめ、5月8日までに欧州やアジアの約40都市での試験の中止を発表している。日本語能力試験は2011年の受験者数が61万人にのぼり、世界最大規模の日本語の試験だ。

この2つの試験は、留学の在留資格を取得する際の目安となるもの。読売新聞は先に日本語学校の4月入学の学生の「入学ゼロ」が4割にのぼり、「入国待ち」が1万人を超えたと報じている。これは入国規制と航空便がストップしたためだが、日本語能力試験などが中止となると、日本語学校などの留学生の募集業務にも影響が出てくる。日本語学校の今秋以降の留学生の募集にも支障が出そうだ。

日本学生支援機構の調べでは、2019年5月1日現在の留学生数は31万2214人。内訳は大学8万9602人、日本語学校8万3881人、専修学校7万8844人など。日本語学校は前年比7%の減少となった。政府の「留学生30万人計画」はこの時点では達成された形だが、コロナ禍でその数が激減することは避けられず、政府も対応に苦慮している。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. india viagra samples http://viacheapusa.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
10
全日 第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
10月 10 – 10月 11 全日
第42回研究大会 【会 期】2020年10月10日(土)・11日(日) 【会 場】筑波大学つくばキャンパス (〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1) 【大会テーマ】キャリア・パスポートの活用について(仮) 【準備委員会委員長】藤田晃之(筑波大学人間系)
10月
31
全日 日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
10月 31 – 11月 1 全日
日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 本事業は、これまで隔年にて世界各国の日本語教育団体が持ち回りで主催してきた日本語教育国際研究大会を、来る第15回大会においては香港日本語教育研究会とマカオ大学とが地の利を活かし共同で主催させて頂くという点で画期的な挑戦でもあります。過去の大会では、アジアだけでなく、オセアニア、アメリカ、欧州からも数多くの研究者・教育関係者の方々にご参加、ご出席いただき、活発な議論と情報交換の場を提供してきた実績がございます。 「日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020(略称ICJLE 2020)」では、グローバル化によって急速に変化しつつある昨今の世界情勢を見据え、「つながる多様性、ひろがる可能性(Mediating Diversities, Igniting Potentials)」を大会テーマに掲げました。 ICJLE2020の目的は、多種多様な視点から語学学習及び語学教育を個人から社会へ、そして社会から国家を超えたグローバルな枠組みで捉え直しその多様性と可能性に焦点をあてること、と同時に異なる文化背景や思想を持ちながらも日本語教育に従事している者同士として、互いの違いを乗り越え共存共栄の道を模索することで世界平和の構築へ向けて前進することにあります。ICJLE2020にご参加下さる方々の研究発表、報告、活発な討論や意見交換などによって、今後を見据え国際社会における日本語学習及び日本語教育へのさらなる促進と発展に貢献できる足掛かりとなる機会を提供できるものと主催者一同大いに期待しているところであります。 日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 大会運営委員長 香港日本語教育研究会 会長 マギー 梁安玉
ページ上部へ戻る