政府が日本語教育の基本方針を閣議で決定 施策の具体化、運用が今後の課題に

政府が日本語教育の基本方針を閣議で決定 施策の具体化、運用が今後の課題に

政府は6月23日、日本語教育の基本方針(日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針)を閣議決定した。向こう5年間にわたる政府の取り組みの大枠を決めたものだ。今後は基本方針に沿った施策の具体化や運用が課題になる。

2019年6月に施行された日本語教育推進法は、第10条で政府に「基本方針」の策定を求めており、政府の日本語教育推進会議でその内容の検討を進めてきた。これに関連して4月3日から24日まで「基本方針案」に対するパブリックコメントの募集が行われていた。パブコメでは463件にのぼる意見がメールや郵送で寄せられた。そうした意見を勘案して基本方針をまとめ、閣議に提出された。

日本語教育推進の基本方針では、第1章で「基本的な方向」、第2章で「内容に関する事項」、第3章で「その他の重要事項」を盛り込んだ。第1章では「国は日本語教育推進施策を総合的に策定・実施、必要な法制上・財政上の措置を講じる」、「地方公共団体は地域の状況に応じた日本語教育推進施策を策定・実施する」と、国と自治体の「責務」を明確化した。外国人を雇用する事業者には努力義務を課した。

教育内容に踏み込んだのは第2章で、国内、海外における日本語教育の在り方を列挙した。外国人児童・生徒の日本語教育の機会の充実のための方策や、外国人留学生、外国人労働者、難民、海外在住者の子どもなどの日本語教育の施策などを示し、その実施を求めた。また、日本語教育の水準の維持・向上のための日本語教師の資格の制度設計、人材育成のカリキュラムの開発などを課題として挙げた。

 

ICTを活用した遠隔教育については、地域における学習機会の確保だけでなく、必要に応じて学校教育、外国人就労者の学習にも取り入れるよう求め、その支援を施策に盛り込んだ。また、教育課程の編成に係る指針の策定に関しては、「日本語の習得段階の把握」を重視してヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を参考に、「日本語教育に関わる全ての者が参照可能な日本語学習、教授、評価のための枠組みである『日本語教育の参照枠』を文化審議会国語分科会において検討・作成する」と明記した。

第3章では「日本語教育を行う機関に関する制度の整備」について言及。その中で「日本語教育を行う機関のうち、日本語教育の水準の維持向上を図るうえで必要な適格性を有するものに関する制度の整備について検討を行う」とし、そのうえで「検討結果に基づいて必要な措置を講ずる」と述べた。様々な課題を抱えた日本語教育機関の教育の在り方についても検討がなされるものとみられる。

基本方針は日本語教育推進法に「5年後見直し」条項が設けられており、日本語教育を取り巻く環境の変化に応じて政府は関係省庁の局長クラスで構成する日本語教育推進会議で2025年をめどにその中身を検討する方針だ。

にほんごぷらっと編集部

 

日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針」の全文は以下の通り。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/shokan_horei/other/suishin_houritsu/pdf/92327601_02.pdf

 

 

 

 

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
6
7:00 PM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 7 @ 8:00 AM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
7月
23
11:00 AM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 23 @ 11:00 AM – 12:00 PM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
ページ上部へ戻る