公認日本語教師の受験資格「学士以上」設けず 教育実習の一部免除も 第4回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

公認日本語教師の受験資格「学士以上」設けず 教育実習の一部免除も 第4回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

文化庁は3月23日、第4回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(西原鈴子座長)を開催した。前回の会議では文化庁が日本語教育機関について「留学」「就労」「生活」の3類型を示し、「教師の資格」を検討するよう提案した。これを受けて今回は公認日本語教師の能力判定試験を中心に議論が行われ、①必須とされていた「学士」を受験の要件とせず受験資格を特に設けない②教育実習の一部免除――などの方針が示された。

公認日本語教師の資格に在り方については、文化審議会国語分科会の日本語教育小委員会が2020年3月に報告書をまとめ、この中で「日本語教育能力を判定する試験の合格」「教育実習の履修・終了」「学士以上の学位」という資格取得のための3要件が示された。このうち「学士以上の学位」は大卒以上の学歴が必要とされることから、大学を卒業していない日本語教師などから不満の声が出ていた。

日本語教育機関と言えば、留学生受け入れ政策の中核を成す法務省の告示校の日本語学校から地域のボランティアが従事するいわゆる日本語教室まで様々な形態がある。公認日本語教師は当初、日本語学校の教師を想定していたが、日本語教育機関が3つに類型化されたことで議論が複雑化した。「生活」に類型化された日本語教室の教師の中には「学士以上の学位」を持たないボランティアの先生も少なくないのが現状だ。このため結果として受験資格において「格差」を内包する制度になってしまった。

この日、文化庁が提示した資格のイメージは、こうした格差を是正するものになった。「学士以上の学位」の要件を外し、受験資格については「特に設けない」とされた。公認日本語教師の能力判定試験は、だれでも受験できる仕組みになったわけだ。

ただ、能力判定試験については「区分ごとの基礎的な知識・技能を測定する筆記試験①」と「区分横断的な複合問題及び聴解試験の筆記試験②」で構成するというが、筆記試験①は「文部大臣による指定機関により基礎的な知識・技能の習得が担保される日本語教育養成機関の課程修了をもって、試験免除」の規定が盛り込まれた。日本語学校の教師や教師経験者らは筆記試験①を受験しなくていいわけだ。

また、能力判定試験の要件緩和に加えて教育実習についても指定機関の日本語教師は免除される。さらに「一定期間の更新研修の受講・修了する」としていた更新研修についても「研修環境の充実・強化に努める」と内容を後退させた。

文化審議会国語分科会で決めた内容を大きく軌道修正したわけだが、試験の一部免除などについて文化庁は「資格取得の際の門戸を広げ、日本語教師の量の確保に資する」「必要な知識、技能を有していることが確認できる者については改めて試験を行う必要性は乏しい」「同じ名称独占の国家資格である社会福祉士などの試験も一部試験の免除がある」など説明している。

これに対し調査研究協力者会議の議論では賛成、反対の双方の意見が出された。受験資格に制限を設けなくなったことで、公認日本語教師の質の低下が危惧されるからだ。文化庁の軌道修正の案に対しては「国語分科会で十分な議論を経てまとめた内容を覆していいのか」「日本語教師の質の向上させることによって待遇もアップさせるのが目的だったが、ハードルを下げてしまう」などの反対意見があった。

公認日本語教師は名称独占の国家資格である。この資格がなくても日本語教師として働くことは可能だ。いってみれば国家資格という「箔」を付けるための制度だ。しかし、国家資格とする以上、試験や教育実習などが必要で、それを実施するための新たな機関を創設することになる。そのための法整備や実施機関の在り方などの議論もしなければならない。文化庁は試験の実施を「2024年以降」としている。

調査研究協力者会議は「日本語教師の資格の詳細について検討するため」に設置された会議であり、方針を決定する機関ではない。文化庁は委員から出された意見を参考にしつつも、資格試験の制度設計などについては、大筋ででは提案した内容に沿った方向で決定するものとみられる。

関係資料は以下の文化庁のホームページで見ることができます。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/92369001.html

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. stromectol 3 mg tablets price stromectol without a doctor prescription stromectol

    • Gregoryfef
    • 2022年 5月 14日

    ivermectin for sheep and goats stromectol ivermectin buy stromectol for scabies dosage

  2. [url=http://cheapdrugs.store/#]prescription drugs online without doctor[/url]

  3. Levitra Medicament IrricRap [url=https://www.alevitrasp.com]nonprescription levitra[/url] levitra mal de tete crormGet

    • Preafegal
    • 2021年 11月 12日

    Priligy

    • Immeway
    • 2021年 11月 06日

    furosemide 40 mg buy online

  4. [url=https://qqllviagria.com/]qqllviagria.com[/url] [url=https://ssviagriia.com/]ssviagriia.com[/url] [url=https://canadianpharmnorx.com/]canadianpharmnorx.com[/url] [url=https://ggviagll.com/]ggviagll.com[/url] [url=https://viagerkr.com/]viagerkr.com[/url] [url=https://viagriyvik.com/]viagriyvik.com[/url]

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
4
10:30 AM 凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
6月 4 @ 10:30 AM – 12:00 PM
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー― @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー―   [日 時] 2022年6月4日(土)10:30~12:00(オープン10:10) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/3)17時までに招待URLを送ります。 [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約 [講 師] 加藤聡子先生(神田外語大学)、義永美央子先生(大阪大学) [内 容] 昨今、自律的な言語学習を支援するための方法の一つとして、言語学習アドバイジングへのニーズが高まっています。 本イベントでは、『リフレクティブ・ダイアローグ ―学習者オートノミーを育む言語学習アドバイジング』(2022年4月に大阪大学出版会より発売)に基づき、自律学習支援に有効なアドバイジングの実践と方策をご紹介します。 また、媒介語の有無や日本語運用能力に応じた具体的なアドバイジングについても考えてみたいと思います。   [お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(6/4)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
6月
23
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 申込締切日:2022年6月19日(日)
6月
25
4:00 PM 凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
6月 25 @ 4:00 PM – 6:00 PM
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom | 福岡市 | 福岡県 | 日本
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー   [日 時] 2022年6月25日(土)16:00~18:00(オープン15:40) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/24)17時までに招待URLを送ります。 博多バスターミナル第13ホール(博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナル9階) [定 員] オンライン:80名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) 博多バスターミナル:15名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、大学生・大学院生、大学教員など [参加費] オンライン、会場参加とも2,000円(税込)※お申し込み後に参加費のクレジット(VISAorMASTER)決済URLを送ります。 [講 師] 伊東 祐郎 先生(国際教養大学専門職大学院/日本語教育実践領域代表) [内 容] 日頃、私たちは様々なテストを作成しています。 が、テスト自体の精度を点検・検証していますか。 テストは測定しようとする知識や能力が目的通りに測定され、テスト結果から得られる情報は有意味であることが理想的です。 本講座では、読解力テストを中心にテスト開発にかかわる一連の手続きに必要となる技能的知識「テストリテラシー」を再確認し、信頼性や妥当性の高い「魅力あるテスト問題」作成に必要な力量の向上をめざします。 ※5/14 に開催したオンライン日本語サロン講座とは別の内容になります。   [お問い合わせ・お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「ハイブリッド日本語サロン講座(6/25)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
6月
30
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明 第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 定員:80名 申込締切日:2022年6月19日(日)

注目の記事

  1. 日本語教育議連第15回総会 柴山新会長、里見新事務局長を選任 超党派の日本語教育推進議員連盟は…
  2. 二階前自民党幹事長が「留学生足止め」の水際対策の変更を提言――地元紙のコラムで 自民党の二階俊博前…
  3. 外国人支援・多文化共生ネットが令和3年度の活動報告会 就学前の行政サービスの在り方は? 愛知、…

Facebook

ページ上部へ戻る