日本語議連の総会 コロナ禍で四苦八苦する日本語学校が支援を要請

日本語議連の総会 コロナ禍で四苦八苦する日本語学校が支援を要請

超党派の日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)が4月22日、衆院第2議員会館ホールで第14回総会を開いた。文化庁が検討中の日本語教師の国家資格創設を主たるテーマとしたが、コロナ禍で留学生の入国規制が長期にわたり、経営難に陥っている日本語学校の関係団体が支援を求める要望書を議連に提出し、さながら「日本語教育の緊急事態」を訴える場となった。

総会は午後6時から開かれた。国会の会期中とあって各種委員会や党の打ち合わせなどスケジュールが立て込み、初の「夜間の総会」となった。総会には文化庁、入管庁等8省庁から15人の担当者が出席。また、日本語教育学会、日本語教育振興協会(日振協)など日本語学校などの関係6団体の代表らも参加した。

総会ではまず文化庁国語課から「日本語教師の資格及び日本語教育機関の類型化について」の検討状況の報告があった。本来なら日本語学校にとって極めて重要な課題だが、この日はコロナ禍における留学生の受け入れ規制の緩和や支援に関して議論が集中した。

日本語学校側の説明によれば、2019年は大学や専門学校に進学後約6万人の日本語学校留学生が在籍したが 、2020年には入国規制によって半減。今年に入ってからさらに状況が悪化しているという。閉鎖や倒産に追い込まれる日本語学校が相次ぐのではとの深刻な懸念の声も出ている。その影響は留学生が進学する専門学校や大学にも及んでいる。

これに対し入管庁、外務省などの関係省庁からの発言があったが、いずれも「入国規制の緩和の見通しを述べるのは困難」などの内容。東京や大阪など関西に緊急事態宣言を出すことを決定するなど緊迫した状況の中で、政府としてまずはコロナウイルス感染拡大を食い止めることに全力を挙げているとの現状を説明するのにとどまった。

日本語学校側からは窮状を訴えるとともに「日本語教育機関への支援と留学生の入国制限の早期緩和について」と題した要望書を河村会長、中川正春会長代行に手渡した。これを受けて日本語議連側は馳浩事務局長が「(日本語学校が)座して死を待つわけにはいかない。超党派の議連として大臣レベルに要望を伝えたい」と述べ、対応を河村会長、中川正春会長代行に一任することを提案。河村会長は「切実な要望はよく理解できます」、中川会長代行は「日本語学校を所管する部門がこれまでなかったことがこのような事態となった。存亡の危機にある業界に対してこの際、支援プログラムを作っていくという思いで対応していきたい」と述べた。

なお、第4回総会の議論は別途、動画でご傍聴いただけます。
動画はこちら

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. walgreens cialis 20mg price cialis india discount cialis online

  2. hydroxychloroquine sulfate tablets hydroxychloroquine dosage

  3. purchase hydroxychloroquine over the counter can hydroxychloroquine be purchased over the counter

  4. price of viagra at cvs buy line viagra

  5. ivermectin 6mg stromectol generic ivermectin

  6. common otc topical medications canadian pharmacies vipps

  7. ivermectin capsules for humans ivermectin buy

  8. stromectol tab price stromectol 12mg online

    • Vuggelt
    • 2021年 9月 05日

    cialis 10mg

  9. stromectol south africa ivermectin humans

  10. pharmacy price compare [url=https://inpharmxx.com/ ]canadian pharmacy mebendazole[/url] do canadian pharmacies accept us prescriptions

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
4
10:30 AM 凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
6月 4 @ 10:30 AM – 12:00 PM
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー― @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー―   [日 時] 2022年6月4日(土)10:30~12:00(オープン10:10) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/3)17時までに招待URLを送ります。 [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約 [講 師] 加藤聡子先生(神田外語大学)、義永美央子先生(大阪大学) [内 容] 昨今、自律的な言語学習を支援するための方法の一つとして、言語学習アドバイジングへのニーズが高まっています。 本イベントでは、『リフレクティブ・ダイアローグ ―学習者オートノミーを育む言語学習アドバイジング』(2022年4月に大阪大学出版会より発売)に基づき、自律学習支援に有効なアドバイジングの実践と方策をご紹介します。 また、媒介語の有無や日本語運用能力に応じた具体的なアドバイジングについても考えてみたいと思います。   [お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(6/4)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
6月
23
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 申込締切日:2022年6月19日(日)
6月
25
4:00 PM 凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
6月 25 @ 4:00 PM – 6:00 PM
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom | 福岡市 | 福岡県 | 日本
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー   [日 時] 2022年6月25日(土)16:00~18:00(オープン15:40) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/24)17時までに招待URLを送ります。 博多バスターミナル第13ホール(博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナル9階) [定 員] オンライン:80名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) 博多バスターミナル:15名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、大学生・大学院生、大学教員など [参加費] オンライン、会場参加とも2,000円(税込)※お申し込み後に参加費のクレジット(VISAorMASTER)決済URLを送ります。 [講 師] 伊東 祐郎 先生(国際教養大学専門職大学院/日本語教育実践領域代表) [内 容] 日頃、私たちは様々なテストを作成しています。 が、テスト自体の精度を点検・検証していますか。 テストは測定しようとする知識や能力が目的通りに測定され、テスト結果から得られる情報は有意味であることが理想的です。 本講座では、読解力テストを中心にテスト開発にかかわる一連の手続きに必要となる技能的知識「テストリテラシー」を再確認し、信頼性や妥当性の高い「魅力あるテスト問題」作成に必要な力量の向上をめざします。 ※5/14 に開催したオンライン日本語サロン講座とは別の内容になります。   [お問い合わせ・お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「ハイブリッド日本語サロン講座(6/25)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)

注目の記事

  1. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…
  2. グローバル化に背を向けるニッポン 「岸田鎖国」はいつまで続くのか 「日本はいま、鎖国状態だ」。…
  3. 日本語教育推進議員連盟前事務局長の馳浩さんが石川県知事に 石川県知事選は3月13日に投開票が行…

Facebook

ページ上部へ戻る