日本語コミュニケーション学会が発足 10月23日に年次大会

日本語コミュニケーション学会(会長、岡田昭人・東京外大大学院総合国際学研究院教授)がこのほど発足し、10月23日にオンラインによるシンポジウムと研究発表を盛り込んだ年次大会を開催する。日本語使用者が多様化する中で、「コミュニケーション」を主軸とした研究調査活動や教育実践を目指そうという学会。コロナ禍でオンラインを活用したコミュニケーション手段が教育現場やビジネス界などに一気に拡大しており、新たな視点による研究活動の活性化が期待される。

同学会は岡田教授をはじめ、留学生教育学会会長の近藤佐知彦・大阪大学国際教育交流センター教授、王智新・早稲田大学教師教育研究所招聘研究員らが年明けから意見交換を重ね、岡田会長のほか、副会長に岩田康之・東京学芸大教授(留学生センター長)を選ぶなど骨格人事を決めて4月に発足。具体的な活動の在り方などを検討してきた。

着目したのは、日本語教育を取り巻く急激な環境の変化。2018年12月の入管法改正で日本政府は外国人受入れ政策を大きく転換し、外国人との共生社会の構築を目指す様々な施策を打ち出した。また、超党派の日本語教育推進議員連盟による議員立法で2019年6月に日本語教育推進法ができ、日本語教育を推進するための法整備が進んだ。

背景には外国人労働者、留学生やインバウンドによる海外からの観光客の急増など、急テンポで進む時代の流れがあった。政府側の対応の変化に伴い、「円滑なコミュニケーション」が重視され、日本語教育だけでなく幅広い意味でのコミュニケーションの在り方が問われるようなった。

さらにコロナ禍がコミュニケーションの在り方を激変させた。教育現場ではオンライン授業が行われ、職場ではテレワークが急速に普及した。ウイルスの感染防止の手段がインターネットによる新たな情報伝達の手段を拡大させた。コミュニケーションの概念を様々な角度から調査研究する必要性がより高まっているわけだ。

同学会では、調査研究活動として①CEFRに基づく言語使用者としての日本語・コミュニケーション能力定義②実用的な日本語能力4技能の評価基準と測定方法の最適化③教育機関や企業等、シーン・タスク別コミュニケーション達成のための日本語能力と教育――などを挙げている。また、調査研究を受けての教育実践の活動や内外の日本語教育の研究者らのネットワークづくりなどにも取り組む方針だ。

年次大会は学会として〝デビュー〟するための初の具体的な活動となる。テーマは「ポストコロナ禍における国際教育の展開と課題―日本語コミュニケーションを中心として―」。オンライン(ZOOM)で行い、岡田会長のあいさつのほか、シンポジウムや研究発表を行う予定。

岡田会長は同学会のホームページで「志を同じくする国内外の研究者だけでなく、広く民間企業や公的機関がこれまで以上に緊密に交流する場を日本に設定することが必須です。このたび日本語教育学会が発足したことは、この点において、きわめて大切なものと確信しています」と述べ、幅広い層の参加を呼び掛けている。

以下は、日本語教育学会のホームページのURL。入会案内、年次大会の情報もある。

年次大会

https://jlcc.jpn.com/society_2_a.html

入会案内

https://jlcc.jpn.com/society_4_a.html

なお、岡田会長のインタビュー・対談の動画をYou Tubeの「ぷらっとチャンネル」で見ることができます。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. www levitra com how much is levitra at cvs

  2. 25 mg viagra viagra cost

  3. why is stromectol prescribed is ivermectin safe for pregnant mares

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
30
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明 第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 定員:80名 申込締切日:2022年6月19日(日)
7月
6
7:00 PM 「日本ではこう書きます!!」と言...
「日本ではこう書きます!!」と言...
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 27 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では2021年度の講義を基礎として、具体的な事象をより多く取り入れてお話ししていきたいと思います。 ※2021年度講座を受講なさっていない場合もご理解いただける内容です。 開催 開始日2022年07月06日 終了日2022年07月27日 いずれも水曜日 19:00〜20:30    
7月
18
11:00 AM 初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
7月 18 @ 11:00 AM – 12:00 PM
まだ日本語教師として日本語を教えたことがない初心者の方のために、日本語をオンラインでどうやって教えたらいいのか、これをきっかけに短期間で日本語教師デビューできるよう、実践的スキルに絞ってお伝えします。 1時間の講座の中で、 ・日本語をオンラインで教えるコツのコツ ・市販日本語テキストを活用して教える内容をプランするコツ ・英語を使って教えるための基礎表現 ・オンライン日本語教材を作成するツール をカバーします。 <こんなことが出来るようになります> オンライン日本語教師の仕事の全体像がイメージできるようになり、これから先、ご自身でレッスンを組み立てていくためのコツがつかめます。 <こんな風に教えます> 少人数制で和気あいあいと進みますので、リラックスしてご参加ください♪ 講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、 自由に楽しく学んで頂きます。質疑応答のコーナーも一応設けていますが、わからないことはレッスン中いつでもお声がけください。
7月
23
1:30 PM 「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
7月 23 @ 1:30 PM – 4:00 PM
「『まるごと』オンライン講座(全6回)」 日本語教育の新しい枠組み〜教師のマインドセットと現場での活かし方〜 『まるごと』を開発した著者陣が登壇し、コースブック「まるごと 日本のことばと文化」に具現化されている上位概念と具体的な教室活動との結びつきを紐解きながら、教師の役割や、日本語教育の新しい枠組みなどにも触れていく全6回。 *各回完結型ですので、気になるテーマだけへのご参加も可能です。 *********************** 第1回 7月23日(土)「日本語運用力を育成する授業の流れ」 JF 日本語教育スタンダードの目標設定、第二言語習得研究に基づく活動の流れ、音声のインプットなど、日本語運用力を育成する授業の流れと、求められる教師の役割につ いて考えます。 講師:来嶋洋美先生(国際交流基金専任講師) ********************* 定員:各回120名 参加料:3回セット 5,000円 1回のみ 2,000円 ↓詳細・お申し込みはこちら↓ https://www.sanshusha.co.jp/np/blog/recid/72/

注目の記事

  1. 外国人支援・多文化共生ネットが令和3年度の活動報告会 就学前の行政サービスの在り方は? 愛知、…
  2. 日本語教育推進議員連盟前事務局長の馳浩さんが石川県知事に 石川県知事選は3月13日に投開票が行…
  3. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…

Facebook

ページ上部へ戻る