LSH奨学金授与式で李秀賢さんの作文を披露 趣味はマウンテンバイク

LSH奨学金授与式で李秀賢さんの作文を披露 趣味はマウンテンバイク

韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さんらがJR新大久保駅で線路に落ちた人を救おうとして電車にはねられ死亡した事故から20年。李さんの事故をきっかけにNPO法人LSHアジア奨学会が発足し、留学生に奨学金を送っているが、11月18日に奨学金の授与式でその数は1000人を超えた。授与式では李さんが赤門会日本語学校(東京都荒川区)で日本語を学んでいたと時に書いた「私の趣味」という題の作文を公表した。李さんらしいエピソードなので紹介する。

作文は当時の李さんの担任の先生が保管していたが、今回、母の辛潤賛(シン・ユンチャン)さんの了解を得て公表した。その中で李さんは「今の趣味はマウンテンバイク、水泳、テニス、ギター等々、大部分がスポーツです」と書いた。その理由について「いっしょうけんめい走ったり、泳いだり、汗を流して、私の体力の限界を感じたいからです」と述べた。さらに「マウンテンバイクに乗って山に登ると、もちろんつかれますが、きれいな空気や自然の大きさによって、もう一度自分自身のことを見つめ直すようになります」としたたた。

李さんはマウンテンバイクに乗って富士山の登山に挑戦したエピソードが知られ、その写真も紹介されている。作文は250字余りの短いものだが、李さんの気持ちが自筆でつづられ、20年に時間を超えてすがすがしさを伝えてくれる。

また、公益財団アジア学生文化協会の白石勝己理事長からLSHアジア奨学会に寄せられた手紙によると、李さんは留学生相談を担当していた白石さんを訪ね、「日本の国旗はどこで買えますか」と尋ねた。理由を聞くと、「自転車に韓国と日本の国旗をつけて富士山に登るんです」と答えたという。これも李さんの人柄をほうふつとさせるエピソードである。

同文化協会は、「留学生の父」と呼ばれた故穂積五一氏が運営した「新星学寮」がルーツ。新星学寮は、外国人留学生と日本人学生による共同生活や学生自治を通じて人格養成の場となっている。その活動はいまも続いている。日本やアジアの政財界で活躍する人材を数多く輩出しており、村山富市首相も新星学寮のOBのひとりだ。

奨学金の授与式には、昨年はコロナ禍で来日できず、オンラインで出席した辛潤賛さんが会場に姿を見せ、「母国を離れた皆さんの夢がかなうことを祈っています」と留学生を激励した。この日は61人に奨学金が送られ、奨学金を授与された留学生は合わせて1059人となった。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. example of term paper about drug abuse term paper title examples

  2. term paper about bullying term paper table of contents example

  3. levitra cost comparison viagra levitra comparison dosage

  4. Malegra DXT Azulfidine

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
12月
10
1:00 PM 日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
12月 10 2022 @ 1:00 PM – 1月 14 2023 @ 5:00 PM
外国人への「日本語の教え方」を初めて学ぶ方に適した講座です。 <養成講座開催日時> 2022年12月10日/12月17日/2023年1月7日/1月14日(土)午後1時~5時 全4日間 <講 師> 木戸恵子先生(獨協大学非常勤講師)  <会 場> 本多公民館(国分寺市) <受講対象者> 国分寺市及び近郊都市に在住・在勤の方 <定 員>   30名 (定員に達した後は、キャンセル待ちとなります) <受講料>   4,000円 ※受講料は、後日(11月中旬)、申込者に順次お送りする「受講ガイド」に従ってお振込みください。 <ご確認ください> 今日の感染状況を鑑み、「オンライン開催」に変更される可能性があることをご了承ください。変更の際は、決定次第、ご連絡させていただきます。  ★講座に関する詳細、および Q&Aはこちらをご覧ください。  https://www.1991kia.jp/nihongo-shien-kouza2022/
12月
11
1:00 PM 現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM
【内容】 日本における在留外国人が年々増加している中、企業の外国人雇用や教育現場の日本語を習得できていない外国人留学生、外国につながる児童生徒との円滑なコミュニケーションや学習面での課題が問題となっています。 日本語教育とフォントの関係性についてUDフォントが有効であるという傾向が見えてきた中、今回のセミナーでは、現場の先生方と共に外国人留学生や生活者としての外国人の日本語教育の現状と対策、これからの課題を、実証試験の内容も踏まえながら「UDフォント」や「やさしい日本語」から始める日本語教育の支援について考えます。 ▼イベントの詳細・申込はこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2022-11-21/ngpt7 【概要】 日時:12月11日(日) 13:00~14:30 ※当⽇参加できない⽅も、お申し込みいただければ後⽇アーカイブ動画が視聴可能 参加費:無料 募集定員:1,000名 講師: 長崎短期大学 准教授 岩﨑 千恵 氏 崇城大学 就職課 課長補佐 公益財団法人 地方経済総合研究所 特別研究員 前田 和則 氏 熊本大学 教育学部附属特別支援学校 後藤 匡敬 氏 主催:株式会社モリサワ 【お問い合わせ先】 株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課 E-mail:public-biz@morisawa.co.jp

注目の記事

  1. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…
  2. 外国人雇用労務士の資格試験を実施 公認テキストブックを刊行 一般社団法人全国外国人雇用推進…
  3. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…

Facebook

ページ上部へ戻る