岸田首相への手紙 入国制限を考えるパネリスト会議の内容を報告

岸田文雄首相は1月5日、東京都内で開かれた時事通信社主催の新年互例会で挨拶。この中でコロナ対策について「水際対策の骨格は維持しながらも、対策の軸足を国内対策へと移してまいります」と述べ、医療体制を整備するほか、経口治療薬の供給など挙げコロナ克服への対策を強化する考えを示した。

新たな年が明けたが、各党の党首からは夏に予定されている参院選を念頭に置いた発言が目立つ。岸田首相も昨年来、「慎重の上にも慎重を期し、最悪を想定しながら新型コロナ対応を進めていく」と繰り返す。海外で感染が急拡大するオミクロン株が日本国内にも流入している中で、首相は国民から一定に理解を得ていると考えているようだが、一方で留学生をはじめ技能実習生、高度人材などの入国制限の緩和を求める声を徐々に高まっている。

昨年12月6日にオンラインで開かれた「コロナ禍の入国制限を考えるパネル会議」では、様々な立場から長期化する入国制限の影響やその緩和を求める声が出た。パネル会議はそうした会議のまとめとして、以下のような「手紙」を岸田首相に送った。手紙などは以下の通り。

 

***********

内閣総理大臣

岸田 文雄 様

2022年をウイズコロナの希望の年に

内政、外交の様々な課題を解決するため、先頭に立ってご尽力されていることに心より敬意を表させていただきます。私たちは12月16日に「コロナ禍の入国制限を考えるパネル会議」をオンラインで開催しました。パネル会議の模様は内外の3000人が視聴し、NHKテレビも報じるなど大きな関心を呼んでおり、岸田総理にもぜひ状況をお知らせしたく、手紙をしたためる次第です。

登壇したパネリストは、留学生、技能実習生、外国人の高度人材や、外国人配偶者の受け入れ・支援に携わる人たちです。それぞれの立場から、外国人が日本に入国できない期間が長引いていることを憂慮する声が出ました。たとえば、大学や日本語学校、製造関連の中小企業、半導体生産などの先端企業の苦境はもとより、身近な野菜の生産や出荷が滞り、国民生活にも影響が出始めているという報告がありました。またその一方で、東京オリンピック・パラリンピックの水際対策では、新規入国者の適切な検疫措置により安全に受け入れられる実証を得ております。加えてワクチンの接種で感染者数を激減させたことで、政府は日本の「安心・安全」を立証しました。こうした日本の力を世界にアピールし、人材を受け入れる好機と捉えるべきという提案もありました。

岸田総理は、オミクロン株のリスクの度合いを慎重に見極めたいとして、年末年始の入国制限の緩和を見送る決断をされました。私たちは可及的速やかに制限を緩和されることを待ち望んでいますが、同時にオミクロン株の感染拡大が食い止めることが重要な課題であることも十分に認識しています。

 

岸田内閣がスローガンに掲げる「成長と分配」は、国境を越えて来日する外国人にも大きな呼びかけになると思います。例えば政府の「困窮学生への10万円給付」は、待機留学生にまで枠を広げていただくことで、しびれを切らして韓国や中国などに留学先・行き先を変えようとする外国人留学生や技能実習生を日本に引き留めるメッセージになるはずです。

2022年は、ウイズコロナの新たな時代の幕開けになると思います。感染症対策と経済の再生をどう両立させるか。私たちは岸田総理のリーダーシップに大きな期待を寄せています。

2021年12月     「コロナ禍の入国制限を考えるパネリスト会議」実行委員会

(事務局担当 カイ日本語スクール 山本弘子)

 

「コロナ禍の入国制限を考えるパネリスト会議」実行委員会

「コロナ禍の入国制限を考えるパネル会議」~ウィズコロナの時代を拓くために

2021年12月16日 20時~21時 オンライン開催

  1. 趣旨説明 モデレータ 石原進(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人)
  2. 前提状況共有  山本弘子(カイ日本語スクール代表)
  3. 大学の状況   近藤佐知彦(大阪大学 国際教育交流センター教授)
  4. 日本語学校    江副隆秀(新宿日本語学校校長)
  5. 技能実習機関  青木 祥(全国人材支援連合会 専務理事)
  6. 外国人配偶者等 澤井勇海(日本学術振興会特別研究員-CPD)
  7. 高度人材    柴崎洋平(フォースバレー・コンシェルジュ株式会社代表)
  8. 海外留学生の声 Davide Rossi(GO!GO!Nihonコロナ禍の日本留学の扉を開く会代表)
  9. セッションまとめ 石原進

*******

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
10月
2
9:00 AM 日本語能力試験N3対策指導法講座-... @ オンライン(Zoom)
日本語能力試験N3対策指導法講座-... @ オンライン(Zoom)
10月 2 @ 9:00 AM – 4:30 PM
1.趣旨 日本語能力試験は外国人向けの日本語試験としては最大規模で、かつ最も社会的認知度の高い試験です。それだけにクオリティの高い対策授業の提供は、我々日本語教師にとって重要な教育サービスの1つと言えるでしょう。 また、N3ともなれば日本語のレベルの高さはもちろんのこと、それまでのレベルにない新たな問題形式が追加されたり、指導方法や指導のポイントも異なったりと、日本語教師にはより高い指導スキルが求められます。 本講座では、現職の日本語教師やこれから日本語教師を目指す方に対し、日本語能力試験N3の科目別指導のポイントを提供することで、日本語能力試験対策の指導力のアップを目指します。 ・担当の学習者を何としても日本語能力試験N3に  合格させてあげたい。 ・急に日本語能力試験N3対策の授業を任されたが、どう指導したらいいのかわからない。 という方は、ぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:10月2日(日)9:00-16:30(オンライン(ZOOM)開催) 4.内容:詳細はホームページ参照    https://www.kanjifumi.jp/n3_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail:info@kanjifumi.jp 電話:050-3700-3442
9:00 AM 日本語能力試験N3対策指導法講座-... @ オンライン(Zoom)
日本語能力試験N3対策指導法講座-... @ オンライン(Zoom)
10月 2 @ 9:00 AM – 4:30 PM
1.趣旨 日本語能力試験は外国人向けの日本語試験としては最大規模で、かつ最も社会的認知度の高い試験です。それだけにクオリティの高い対策授業の提供は、我々日本語教師にとって重要な教育サービスの1つと言えるでしょう。 また、N3ともなれば日本語のレベルの高さはもちろんのこと、それまでのレベルにない新たな問題形式が追加されたり、指導方法や指導のポイントも異なったりと、日本語教師にはより高い指導スキルが求められます。 本講座では、現職の日本語教師やこれから日本語教師を目指す方に対し、日本語能力試験N3の科目別指導のポイントを提供することで、日本語能力試験対策の指導力のアップを目指します。 ・担当の学習者を何としても日本語能力試験N3に  合格させてあげたい。 ・急に日本語能力試験N3対策の授業を任されたが、どう指導したらいいのかわからない。 という方は、ぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:10月2日(日)9:00-16:30(オンライン(ZOOM)開催) 4.内容:詳細はホームページ参照    https://www.kanjifumi.jp/n3_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail:info@kanjifumi.jp 電話:050-3700-3442
10月
8
終日 まるごとオンライン講座 日本語教... @ オンライン(Zoom)
まるごとオンライン講座 日本語教... @ オンライン(Zoom)
10月 8 – 11月 19 終日
〈後期〉全3回 日程:10/8、10/29、11/19 今後の日本語教育の方向性を指し示すものとして注目されている「日本語教育の参照枠」ですが、その全体像を把握するのはなかなか大変だという声が聞かれます。このセミナーでは、CEFRと同じ基準を持った『まるごと』がどのように開発されたのか、また、その枠組みを具体的な教室活動にどのように活かすのかなどについて、 『まるごと』開発者が教材に落とし込まれている理論とともに紐解いていきます。

注目の記事

  1. 「国際交流協会」といえば、地域の在留外国人と日本人の交流を取り持つ組織として知られる。形態は…
  2. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…
  3. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…

Facebook

ページ上部へ戻る