日本語用論学会 メタファー研究会 2-Day シンポジウム「身体性」in大阪

いつ:
2018年3月18日 – 2018年3月19日 全日
2018-03-18T00:00:00+09:00
2018-03-20T00:00:00+09:00
どこで:
関西大学千里山キャンパス第1学舎1号館(A棟)A601
日本、〒564-0073 大阪府吹田市山手町3丁目3−35
料金:
無料
連絡先:
日本語用論学会メタファー研究会 事務局  鈴木幸平様
0799-60-1206
3年目を迎えるメタファー研究会では、メタファーとも関連性の深い身体性をテーマに、


三嶋博之先生(早稲田大学)

 菅原和孝先生(京都大学名誉教授)
河野哲也先生(立教大学)

というお三方を講演にお迎えし、2日間、心理学、哲学、人類学、脳科学、言語学、会話分析、臨床心理など、様々なアプローチから身体性について検討したく思います。また、幅広く意見交換ができるよう、フロアをまじえたディスカッションの時間を多くとりました。
 近年、急速に注目を浴びているembodiment=身体性。しかし、その意味合いには研究者と研究アプローチの数だけ定義があるといっても過言ではありません。そこで、さまざまなアプローチを紹介しながら、身体性にまつわる議論の共通基盤とその射程を検討します。
身体性について一緒に考えてみませんか。皆様ぜひお誘い合わせて春の関西にお越しください。
研究会と懇親会の事前参加申込みを受付中です。下記リンクからお早めにお申し込みください。
にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験 出願開始
日本語教育能力検定試験 出願開始
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
6月
22
4:00 PM 「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
6月 22 @ 4:00 PM – 7:00 PM
「土曜の会」の番外編として言語教育カフェを開催することとなりました。今回は、この4月に『いちばんやさしい日本語教育入門』(アスク出版)という本を出版された今井新悟さん(早稲田大学日本語教育研究センター教授)を迎えて、提唱されている「教えない教え方」についてお話しいただき、これからの日本語教育の革新の方法をディスカッションしたいと思います。 歯に衣を着せない話し方で定評のある今井さんですが、まず、問題意識や関心・気がかり事などから話を起こしていただき、「教えない教え方」に至った経緯をお話しいただきたいと思います。そして、今井さんとのクリティカルな対話を通して、まずは「教えない教え方」をよく知りたいと思います。また、今回の対話を通して日本語教育の革新や優れた日本語教育実践の創造のスキームなどについて参加者各自のそれぞれのイメージを膨らませ、考え方を整理していただくことができればと思います。 どなたでも自由に参加できますので、皆さん、お誘い合わせの上ご参加ください。
ページ上部へ戻る