日振協の研究大会で中川正春氏が基調講演―「基本法」めぐるパネルディスカッションも

日本語教育振興協会(日振協)の平成29年度日本語学校教育研究大会が7日、3日間の日程で東京・代々木の国立オリンピック記念青少年センターで始まりました。初日は日本語教育推進議員連盟(日本語議連)会長代行の中川正春元文科相が基調講演を行い、日本語教育推進基本法(仮称)制定に向けての議論の経緯を説明するとともに、来年の通常国会で「基本法」を制定したいとの考えを明らかにしました。

会場には「過去最高」の300人を超える日本語教師など関係者が詰めかけました。冒頭、佐藤次郎理事長が日本語議連の取り組みや告示基準の改定のほか、政府の骨太の方針や自民党の「1億総活躍推進本部」の提言でも日本語教育の重要性が指摘されていることなどを踏まえ、日本語教育にとって「大きな転換期である」と強調し、「明るい方向もあるわけですから、それぞれの現場でご活躍されることを期待しています」とあいさつ。

また、大会委員長の奥田純子氏(コミュニカ学院)が、状況の大きな変化を受けて、今大会のテーマを「基本法で変わる!変える!私たちの日本語学校教育」としたことを報告しました。

基調講演に立った中川氏は日本語議連の議論の進捗状況を説明。すでに8回の総会で関係省庁、団体などからヒアリングを行うとともに、中川氏が座長となって議連内に立法チームを設け、基本法の法案の「たたき台」の議論を行っていることを明らかにしました。臨時国会中に総会の議論を得たうえで基本法案をまとめ、衆院解散・総選挙など不確定要因がなければ、来年を通常国会で基本法案を全党の賛成で可決成立させたいという考えを示しました。

また、中川氏は「たたき台」について、「まだ議論が詰まっていない点があるので公表できない」としながらも、日本語教育基本法の中には「法の目的」「日本語教育の定義」「基本理念」「国と地方自治体の責務」「関係機関の連携強化」「財政上の措置」「基本的な施策」などの事項が盛り込まれると述べました。

さらに中川氏は「基本的な施策」の中に日本語学校に関連する施策も想定されているとし、①日本語教育の普及・推進②日本語教育の質の保証③調査研究④その他―がたたき台の案として挙がっていることを明らかにしました。

中川氏によると、「基本法」はあくまで法的な枠組みの基本的な部分を担うもので、日本語学校の多様な設置形態の在り方などについては、別に法律を制定するか、どのような類型を考えるかなど、基本法制定後の第二段階の議論に委ねられるという。株式会社立など学校法人以外の日本語学校については、今後、「新たな類型」をつくることで対応することも考えられるとし、その場合には「質の保証」のための参入規制、または参入後が新たな課題として浮上するという。こうした流れの中で、日本語学校側では当事者としてより深い議論を行うとともに、その方向性について一定のコンセンサスづくりが必要となりそうだ。

パネルセッション「基本法で変わる!変える!私たちの日本語学校教育

この日、午後から行われた同セッションでは、モデレーターに黒崎誠氏(ラボ日本語研究所所長)が務め、阿久津大輔(日本語教育情報プラットフォーム事務局)▽西原純子(京都日本語教育センター京都日本語学校代表理事)▽井上靖夫(ジェット日本語学校校長)▽西澤信夫(日本学生支援機構日本語教育センター長)▽加藤早苗(インターカルト日本語学校校長)の各氏がパネリストとして参加しました。

黒崎氏がまず「基本法ができたらそれに従うというイメージではなく、我々自身の問題としてとらえてもらいたい」とパネルセッションとしての問題意識を説明し、まず阿久津氏がプラットフォームとして日本語議連の議論などを情報発信してきたことを踏まえ、基本法の性格などを改めて説明しました。これを受けて西原氏が「国における日本語教育の必要性と日本語学校の位置づけ」、井上氏が「留学生30万人計画の理念と、日本語教師という職業の魅力」、西澤氏が「進学予備教育機関としての在り方」、加藤氏が「日本語学校における『教育』と『教員』の『質保証』」というテーマで論点をそれぞれ提示しました。西原氏が政府への注文とともに「いまこそ日本語学校の在り方を再考すべき時期」と訴えるなど、パネリストがそれぞれの視点から問題提起も行いました。

さらにパネリストから提示された論点について、会場の参加者に少人数で議論をするよう提案し、会場とパネルの双方向で議論が展開されました。

日本留学アワーズは大学院部門で早稲田大学大学院が「殿堂入り」

続いて日本留学アワーズの表彰式が行われ、先に発表されたノミネート校の表彰のあと、それぞれの部門の大賞が発表されました。各部門の大賞は、▽専門学校の東日本が専門学校東京国際ビジネスカレッジ東京校、西日本は専門学校辻調理師専門学校▽私立大文科系部門は、東日本が東洋大学、西日本が四日市大学▽私立大理科系部門は、東日本が足利工業大学、西日本が福井工業大学▽国公立大学部門では、東日本が横浜国立大学、西日本が名古屋大学▽大学院部門では、東日本では早稲田大学大学院、西日本は北陸先端科学技術大学院大学

早稲田大学大学院は5年連続で大賞を受賞したため、「殿堂入り」の表彰を受けました。殿堂入りは昨年の日本電子専門学校(専門学校部門の東日本)以来、2ケース目です。


ノミネート校として表彰されたのは、以下の専門学校・大学などです。日本留学アワーズのホームページ参照。
http://www.ryugakuawards.org/untitled-c1036

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. セサルさんは、多言語コールセンター「ランゲージワン」(東京都渋谷区)の医療通訳であり、多文化…
  2. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…
  3. 企業の後継者難が叫ばれる中、「跡取り娘物語」を出版 日本語学校の跡取りも 中小企業庁が…

Facebook

ページ上部へ戻る