日振協の研究大会で中川正春氏が基調講演―「基本法」めぐるパネルディスカッションも

日本語教育振興協会(日振協)の平成29年度日本語学校教育研究大会が7日、3日間の日程で東京・代々木の国立オリンピック記念青少年センターで始まりました。初日は日本語教育推進議員連盟(日本語議連)会長代行の中川正春元文科相が基調講演を行い、日本語教育推進基本法(仮称)制定に向けての議論の経緯を説明するとともに、来年の通常国会で「基本法」を制定したいとの考えを明らかにしました。

会場には「過去最高」の300人を超える日本語教師など関係者が詰めかけました。冒頭、佐藤次郎理事長が日本語議連の取り組みや告示基準の改定のほか、政府の骨太の方針や自民党の「1億総活躍推進本部」の提言でも日本語教育の重要性が指摘されていることなどを踏まえ、日本語教育にとって「大きな転換期である」と強調し、「明るい方向もあるわけですから、それぞれの現場でご活躍されることを期待しています」とあいさつ。

また、大会委員長の奥田純子氏(コミュニカ学院)が、状況の大きな変化を受けて、今大会のテーマを「基本法で変わる!変える!私たちの日本語学校教育」としたことを報告しました。

基調講演に立った中川氏は日本語議連の議論の進捗状況を説明。すでに8回の総会で関係省庁、団体などからヒアリングを行うとともに、中川氏が座長となって議連内に立法チームを設け、基本法の法案の「たたき台」の議論を行っていることを明らかにしました。臨時国会中に総会の議論を得たうえで基本法案をまとめ、衆院解散・総選挙など不確定要因がなければ、来年を通常国会で基本法案を全党の賛成で可決成立させたいという考えを示しました。

また、中川氏は「たたき台」について、「まだ議論が詰まっていない点があるので公表できない」としながらも、日本語教育基本法の中には「法の目的」「日本語教育の定義」「基本理念」「国と地方自治体の責務」「関係機関の連携強化」「財政上の措置」「基本的な施策」などの事項が盛り込まれると述べました。

さらに中川氏は「基本的な施策」の中に日本語学校に関連する施策も想定されているとし、①日本語教育の普及・推進②日本語教育の質の保証③調査研究④その他―がたたき台の案として挙がっていることを明らかにしました。

中川氏によると、「基本法」はあくまで法的な枠組みの基本的な部分を担うもので、日本語学校の多様な設置形態の在り方などについては、別に法律を制定するか、どのような類型を考えるかなど、基本法制定後の第二段階の議論に委ねられるという。株式会社立など学校法人以外の日本語学校については、今後、「新たな類型」をつくることで対応することも考えられるとし、その場合には「質の保証」のための参入規制、または参入後が新たな課題として浮上するという。こうした流れの中で、日本語学校側では当事者としてより深い議論を行うとともに、その方向性について一定のコンセンサスづくりが必要となりそうだ。

パネルセッション「基本法で変わる!変える!私たちの日本語学校教育

この日、午後から行われた同セッションでは、モデレーターに黒崎誠氏(ラボ日本語研究所所長)が務め、阿久津大輔(日本語教育情報プラットフォーム事務局)▽西原純子(京都日本語教育センター京都日本語学校代表理事)▽井上靖夫(ジェット日本語学校校長)▽西澤信夫(日本学生支援機構日本語教育センター長)▽加藤早苗(インターカルト日本語学校校長)の各氏がパネリストとして参加しました。

黒崎氏がまず「基本法ができたらそれに従うというイメージではなく、我々自身の問題としてとらえてもらいたい」とパネルセッションとしての問題意識を説明し、まず阿久津氏がプラットフォームとして日本語議連の議論などを情報発信してきたことを踏まえ、基本法の性格などを改めて説明しました。これを受けて西原氏が「国における日本語教育の必要性と日本語学校の位置づけ」、井上氏が「留学生30万人計画の理念と、日本語教師という職業の魅力」、西澤氏が「進学予備教育機関としての在り方」、加藤氏が「日本語学校における『教育』と『教員』の『質保証』」というテーマで論点をそれぞれ提示しました。西原氏が政府への注文とともに「いまこそ日本語学校の在り方を再考すべき時期」と訴えるなど、パネリストがそれぞれの視点から問題提起も行いました。

さらにパネリストから提示された論点について、会場の参加者に少人数で議論をするよう提案し、会場とパネルの双方向で議論が展開されました。

日本留学アワーズは大学院部門で早稲田大学大学院が「殿堂入り」

続いて日本留学アワーズの表彰式が行われ、先に発表されたノミネート校の表彰のあと、それぞれの部門の大賞が発表されました。各部門の大賞は、▽専門学校の東日本が専門学校東京国際ビジネスカレッジ東京校、西日本は専門学校辻調理師専門学校▽私立大文科系部門は、東日本が東洋大学、西日本が四日市大学▽私立大理科系部門は、東日本が足利工業大学、西日本が福井工業大学▽国公立大学部門では、東日本が横浜国立大学、西日本が名古屋大学▽大学院部門では、東日本では早稲田大学大学院、西日本は北陸先端科学技術大学院大学

早稲田大学大学院は5年連続で大賞を受賞したため、「殿堂入り」の表彰を受けました。殿堂入りは昨年の日本電子専門学校(専門学校部門の東日本)以来、2ケース目です。


ノミネート校として表彰されたのは、以下の専門学校・大学などです。日本留学アワーズのホームページ参照。
http://www.ryugakuawards.org/untitled-c1036

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

4月
20
2:00 PM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン
4月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 Can-do を学習目標にした授業や評価のあり方がわかる! 『Can-do で教える 課題遂行型の日本語教育』刊行記念イベント   [日 時] 2024年 4月20日(土)14:00~15:30(オープン 13:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 日本語教師、日本語教育をこれから学ぶ方、日本語教育の動向に関心のある全ての方   [参加費] 無料 ※要予約 前日(4/19)17 時までに招待URLを送ります   [講 師] 来嶋 洋美 先生 八田 直美 先生 二瓶 知子 先生   [内 容] 『Can-do で教える 課題遂行型の日本語教育』(三修社発行)の出版記念イベントです。 日本語教育の参照枠ができ、4月からは日本語教育機関の認定等に関するもの、また、登録日本語教員の国家資格など新しい法律も施行される中、参照枠に沿った日本語教育、その授業の具体的な内容や方法については教師に委ねられているのが現状です。 参照枠やJFスタンダードに沿った日本語教育とはどんなものなのか、従来通りのやり方からどう変えていったらいいのか、今知っておきたい情報を本書の内容をご紹介しながらお話ししていきます。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:三修社・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(4/20)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/JDs6P
4月
21
10:00 AM 第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン(ZOOM)
第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン(ZOOM)
4月 21 @ 10:00 AM – 11:30 AM
Diffitは、指定したトピックやキーワード、またネット上のニュース記事や YouTube、さらにはオリジナルの文章などから、 学習者のレベルに合わせた読解教材や語彙リストなどをAIが“自動”で作成してくれる便利なツール!編集機能を使えば、文章の長さや語彙、質問事項の追加なども可能です。 本ワークショップでは、すでに公開されているこちらの動画(https://youtu.be/6g_8eddWoBM?si=7bSsR0avH2BapzVW)と同じ内容を扱います。 動画を見ながらやろうとしたけどわからなかった、一人でやるより他の先生方と一緒に楽しく学びたい!教材を共有したい!という方のご参加をおすすめします。 ▼体験会のゴール(予定) キーワードやトピックから問題を作成&編集することができる ネット上のニュース記事や動画から問題を作成&編集することができる 作成した問題の整理&共有をすることができる エクスポート機能を使ってハンドアウトやGoogleフォーム(※有料機能)に変換できる
10:00 AM 第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン
第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン
4月 21 @ 10:00 AM – 11:30 AM
Diffitは、指定したトピックやキーワード、またネット上のニュース記事や YouTube、さらにはオリジナルの文章などから、 学習者のレベルに合わせた読解教材や語彙リストなどをAIが“自動”で作成してくれる便利なツール!編集機能を使えば、文章の長さや語彙、質問事項の追加なども可能です。 本ワークショップでは、すでに公開されているこちらの動画(https://youtu.be/6g_8eddWoBM?si=7bSsR0avH2BapzVW)と同じ内容を扱います。 動画を見ながらやろうとしたけどわからなかった、一人でやるより他の先生方と一緒に楽しく学びたい!教材を共有したい!という方のご参加をおすすめします。 ▼体験会のゴール(予定) キーワードやトピックから問題を作成&編集することができる ネット上のニュース記事や動画から問題を作成&編集することができる 作成した問題の整理&共有をすることができる エクスポート機能を使ってハンドアウトやGoogleフォーム(※有料機能)に変換できる
4月
27
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
4月 27 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/4/27 (土) 【会場】東京会場凡人社麹町店(千代田区平河町1-3-13 平河町フロントビル8階 【定員】30名   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu

注目の記事

  1. 日本語教育推進に尽力した中川元文科相が次期衆院選に出馬せず 元文部科学大臣で日本語教育…
  2. 日本語議連第19回総会 日本語教育機関認定法の施行に向けて政省令など議論 日本語教育推…
  3. 政府は日本語学校のコロナ禍の窮状を理解していないのか 「認定へのハードル」を危惧する声 …

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate