町の中国事務所が手掛ける「日本語教育ツーリズム」――体験旅行で日本語を――(第5回)

町の中国事務所が手掛ける「日本語教育ツーリズム」――体験旅行で日本語を――(第5回)


[「親子で学ぶ日本語&スキー教室」に参加し、午前中は日本語を学ぶ参加者]

「うさぎおいし、かのやま♪♪~」――北海道東川町立東川日本語学校の食堂に元気いっぱいのたどたどしい歌声が響いた。中国上海近郊から親子日本語ツアーに参加した中国人観光客の一団。10日間の旅程のうち、4日間の午前2時間を日本語学習にあて、それ以外の時間をスキー教室や周辺の観光にあてる人気のツアーだ。訪れたこの日は14家族35名が日本語を学んでいた。

このツアーを手掛けるのは、元東川町役場の職員で、現在は東川町中国事務所で国際交流顧問も務める王雪(ワン・シュエ)さんだ。中国事務所とは、東川町の公式海外オフィスで、主に東川町の広報と日本語学校への留学生募集窓口という性格を持つ。上海道草文化传播有限公司の何錫岳(ハー・シーユエ)さんと「日本語教育ツーリズム」を企画した。背景にあるのは、中国人観光客のトレンドの変化だという。以前のような団体旅行は人気がなくなり、体験型の個人旅行プランが台頭してきている。

王さんは体験型の個人旅行の一つに、日本語学習があってもよいのではないかと思いついた。旅行者として日本に来る時に、片言でも日本語を使ってみたいという声があるのを以前から知っていたからだ。そこで、充実した日本語研修施設と自然豊かな東川町の強みを生かした日本語とスキーを体験するツアーを呼びかけた。その呼びかけに応えて一定の人数のツアー客が集まった。


[東川町中国事務所の王雪さん・左と、何錫岳さん・右]

今回の王さんのように、町で働いた経験のある外国人が、町を好きになり、海外から新たな観光客を呼び寄せてくれる。まさに人の輪が結ぶ好循環。他の自治体からはうらやむ声が聞こえそうだ。東川町で学ぶ留学生の中には、王さんに限らず町のファンとなって帰国する学生が少なくないという。台湾では帰国した留学生が「台湾東川会」を設立し、帰国後も継続的に東川町とネットワークをつくりあげ、人材交流が続いている。ほかの国でも同じような動きがでてきているそうだ。

地方であっても、一度訪れると町の良さを広めてくれ、新たな観光客を呼び寄せてくれる。このような好循環の起点にも町立日本語学校が位置づけられている。北海道東川町の長期戦略には確実に日本語学校が重要な役割を持っており、その成功の兆しはすでに見えてきているように思えた。


[初級クラスで特別授業を行う「やさしい日本語ツーリズム研究会」の吉開章氏]

「外国人観光客は日本語を使いたいのです」。こう話すのは「やさしい日本語ツーリズム研究会」事務局長の吉開章氏だ。吉開氏は今回の東川日本語学校訪問にあたり、初級クラスで特別授業を受け持った。「やさしい日本語」は近年、様々なメディアで取りあげられ注目されている。外国人住人が増加する自治体において、災害時に外国人にもわかりやすく情報を伝えるために考え出されてきた経緯がある。吉開氏はさらに進めて災害時や緊急時だけでなく、「なかよくなる」ための「やさしい日本語」の普及を目指す。

特別授業で吉開氏が留学生に確認をしていたのは、日本人が「やさしい日本語」でもっと話してくれた方がいいのかどうか、という点だ。いわゆるツーリストではない留学生でも、休日に観光地に行けば、観光客となるからだ。初級クラスの留学生たちは口をそろえて、「もっと日本語で話したい」と答えていた。

第6回:東川町のファンを増やす短期日本語研修――好循環が生まれ―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 「爺が孫に伝えた年頭のことば」 元最高裁判事が「時代遅れの国籍法」を批判 「日本国民は…
  2. 企業の後継者難が叫ばれる中、「跡取り娘物語」を出版 日本語学校の跡取りも 中小企業庁が…
  3. 日本語学校の認定制度と教員の国家資格を法制化へ 日本語教育は大きな転換期に 文化庁は12月13…

Facebook

ページ上部へ戻る