電車の車内アナウンスは、外国人にとって分かりやすいか。もっと「やさしい日本語」を使ってみては――日本語教育学会で研究発表

電車の車内アナウンスは、外国人にとって分かりやすいか。もっと「やさしい日本語」を使ってみては――日本語教育学会で研究発表

在留外国人や外国人観光客が急増しているが、電車の車内アナウンスは外国人にとって分かりやすいのかどうか。こんな疑問に答える研究発表が先に開催された日本語教育学会春季大会であった。「次の駅」などを知らせる録音のアナウンスはセンテンスが短く情報量も少ないため比較的わかりやすいが、敬語の多いアナウンスや早口の事故情報などはわかりくいという。「やさしい日本語」の観点から言えば、改善すべき点がありそうだ。

研究発表したのは、「にほんごの会企業組合」(東京都世田谷区)の宿谷和子さんら3人の日本語教師。調査対象は京王、小田急、地下鉄丸ノ内線、東海道新幹線など23路線の車内、駅構内のアナウンス。アナウンスを車内と駅校内の車掌(男女)や駅員(同)、録音とナマの声の計8種類に分類して録音、文字化して分析するとともに、中国、台湾、ペルーなど11の国と地域の外国人(日本の滞在歴6カ月以上)21人に聞かせ、評価してもらった。

その結果、「次は浅草橋、浅草橋。お出口は左側です。地下鉄浅草線はお乗り換えです」など、「次の駅」「出口」「乗り換え」のアナウンス(女性の声)ついては、ほとんどの外国人が聞き取れた。

一方、「電車が遅れまして、申し訳ございません。なお危険ですので電車の外には絶対出ないようお願い申し上げます」など、事故関連のおわびや注意の呼びかけのアナウンス(男性の声)は、ほとんどの外国人が聞き取れなかった。ナマの声だと話すスピードが速く、また「人身事故」「安全確認」「運転を再開」など漢語が多かったことが、聞き取りにくい理由のようだった。さらに男性より女性の声の方が聞き取りやすいと思われる。このほか、「携帯電話の注意」はよく耳にするせいか、半数以上が理解していた。しかし、「不審物を発見したときの注意」などは、ほとんど聞き取れていなかったという。

外国人への調査では、①電車のアナウンスは役に立つか②携帯電話のマナー、忘れ物注注意などをどう思うか③アナウンスをどう思うか――などを聞いた。これに対して外国人の85%が「役に立つ」と答えた。また「乗り換え情報」が「役に立つ」は75%いたが、同時に「スマホなどを使う」とも答えていた。

車内のマナーや忘れ物の注意に関しては、80%近くが「必要だ」「親切だと思う」と答えるなど好意的に受け止めていた。ただ、否定的な意見の中には「長すぎる」という声もあった。車内アナウンスで知りたいことの中で、最も多かったのが「事故、地震、電車が遅れた時の情報や指示」だった。「どうして電車が遅れているのか、どうすればいいのか知りたい」という声が多かった。事故情報のアナウンスは「聞き取りにくい」「速くてわからない」という人がいた。

自由に意見を述べてもらったところ、「録音のアナウンスはわかりやすいが、ナマはわかりにくい」「ナマのアナウンスは速くてわかりにくい。一部がわからないと全体がわからなくなる」「敬語が多くて、丁寧すぎる。あまり使わない敬語は難しい」「簡単な日本語を使ってほしい。短いセンテンスで話してほしい。『出口は左です』などはわかりやすい」「中国語や英語のアナウンスは便利」などの声があった。

宿谷さんらは発表の中で、「アナウンスの中には敬語を使わず、やさしく言い換えているものもある。アナウンスを『やさしい日本語』にすることも不可能ではないことがわかる」と述べた。ここで言う「やさしい日本語」とは、弘前大学社会言語研究室(佐藤和之教授)のガイドラインを参照にしたものだ。災害時などにより的確に情報を伝達するツールとしての日本語を言う。「やさしい日本語」は外国人向けのツーリズムの分野でも、その活用が提唱されている。電鉄会社の電車のアナウンスも、「よりやさしい日本語」に改善する余地はありそうだ。

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 企業の後継者難が叫ばれる中、「跡取り娘物語」を出版 日本語学校の跡取りも 中小企業庁が…
  2. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…
  3. ガイタネットが出入国在留管理庁と意見交換 「外国人住民への子育て白書」を発表 愛知、三…

Facebook

ページ上部へ戻る