佐々木入管庁長官から外国人支援・多文化共生ネットに感謝状 10日名古屋入管から伝達

佐々木入管庁長官から外国人支援・多文化共生ネットに感謝状 10日名古屋入管から伝達

愛知、三重、岐阜の3県の外国人支援のNPOなど12団体で構成する「外国人支援・多文化共生ネット」(代表・坂本久海子NPO法人愛伝舎理事長)が出入国在留管理庁の佐々木聖子長官から感謝状を贈られることなり、7月10日に名古屋出入国在留管理局長から伝達された。坂本理事長より、「入管庁の佐々木聖子長官から感謝状」という報告が「にほんごぷらっと」に寄せられました。報告文は以下の通り。

 

入管庁の佐々木聖子長官から感謝状

外国人支援・多文化共生ネットが出入国在留管理庁の佐々木聖子長官より「感謝状」を頂くことになり、名古屋出入国在留管理局で7月10日に贈呈式があり、佐野豪俊局長より感謝状を手渡されました。3月18日付の発令でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、贈呈式は延期されていました。外国人支援・多文化共生ネットは昨年7月10日に発足し、名古屋入管局で記者会見を開きました。創立1周年の記念の日に感謝状を頂き、これまで私たちの活動にご理解、ご支援を下さったすべての方々に心より感謝申し上げます。この感謝状を励みに、これからも「多文化共生づくり」に向けて、努力していきたいと思います。

東海3県の12の市民団体がネットワークを構築して、名古屋入管局と連携ができるようになり、私たちは外国人支援の現場での課題や国への要望を、国や自治体に届ける新たなルートができました。昨年12月に外国人支援・多文化共生ネットとして、国への提言をまとめて提出しましたが、それ以外に名古屋入管局の「受入環境調整担当」の皆様に、私たちの活動現場を直接視察に来て頂きました。今年度は更に各団体の活動現場に足を運んで頂けるそうで、外国人の参加者の声に触れて、国の施策に繋げてもらいたいと思います。

私たち12団体は、10年、20年あるいはそれ以上の長きにわたり多文化共生や外国人支援などに取り組んできました。日本の社会は人口が減少し、それに反比例するように外国人労働者の受け入れが拡大しています。しかし、行政の外国人へのサービスの優先度は低く、日本の社会で安定して暮らしていけない人たちを目の当たりにし、もどかしい想いをしながら活動を続けてきました。そんな中、2018年12月に入管法が改正され、政府は「外国人受け入れ・共生のための総合的対応策」を閣議決定しました。

その中の施策に「外国人支援団体のネットワークの構築を支援する」という施策があり、名古屋入管局の藤原浩昭前局長に声をかけて頂き、「外国人支援・多文化共生ネット」の結成をする運びとなりました。入管というと、外国人を管理するお堅い役所というイメージしかなかったのですが、「共生」を担当する「受入環境調整部門」の皆様方と連携するようになり、入管庁が国の司令塔として、これからの「共生社会づくり」を推進していこうという意気込みを感じています。外国人支援・多文化共生ネットの結成から1年が経ちましたが、試行錯誤を覚悟しながら、「共生社会」の構築を目指して活動を進めていきたいと思います。

感謝状の中で佐々木長官から「貴ネットワークは名古屋出入国在留管理局との協力のもと民間の外国人支援団体同士によるネットワークの構築し外国人支援団体の新しい支援の在り方の模範として共生に向けた社会づくりに大きな貢献をなされました よってここに感謝の意を表します」とのお言葉を頂きました。

この感謝状に目を通して、ネットワークの構築の意味を改めて考えました。現在、参加している団体は、それぞれの地域で長年活動に取り組んで、経験、ノウハウ、知見、行政や外国人とのパイプを持っていますが、去年のネットワークの構築によって、同じ目標を持つ仲間としての連帯が生まれました。また、情報の共有やお互いの活動から学び合う事ができるようになりました。結成時にあまり意識できていなかったことで、1年が経ってネットワークの構築の価値をより感じることができました。

1990年の改正入管法の施行後、東海地区の製造業の現場で多くの外国人が増えて、各地で市民団体が日本語教育や子どもたちの教育支援などの活動をスタートしました。2008年のリーマンショックで製造業が大きな打撃を受け、失職した多くの日系人が帰国しましたが、定住を選んだ人も少なくありません。その子どもたちは日本の社会で教育を受け、今後、社会の構成員として暮らしていくでしょう。

全国的に外国人が増えていますが、労働者としてだけでなく子どもの教育を含めて地域の生活者として受け入れていく環境づくりが必要です。労働者としてだけでなく、地域の生活者、構成員として日本の社会で受け入れていく環境づくりを、「外国人支援・多文化共生ネット」の活動を通じて後押ししできればと考えています。東海地区での私たちの取り組みを、活力や多様性に富んだダイバーシティ社会の実現に繋げていきたいと思っています。

今回の新型コロナウィルスの影響は、外国人の雇用や暮らしにも大きなダメージを与えています。ポストコロナの時代の共生社会を見据え、定住外国人の暮らしを安定と地域社会の活性化にお役に立てるよう、これからも活動に力を入れていきたいと思います。より多くの方のご理解、ご支援をいただければ幸いです。

外国人支援・多文化共生ネット 代表 坂本久海子

(NPO法人 愛伝舎 理事長)

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
2月
21
終日 東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
2月 21 – 2月 23 終日
===========================================================  東洋大学 2024春季ビジネス日本語アドバンス講座 =========================================================== 〈期 間〉2024年2月21日(水)~ 2024年2月23日(金) 全3 日間、6コース 〈形 式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対 象〉N1(JLPT)、またはJ2(BJT)以上の日本語能力を持つ外国人の方  ※東洋大学以外の方も受講できます。  ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定 員〉各回 1,000名(先着順) 〈授 業 料 〉有料(1,100円/コース) 〈申込期間〉2024年 1月23日(火)~ 2月19日(月)(JST) 〈講座申込〉下記よりご登録のうえ、お申込み下さい。  https://toyo-jlp.com/class/courselist-2024-spring-business-japanese-advanced-course
2月
24
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
2月 24 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『とりあえず日本語能力試験対策読解N1/N2』を使ったJLPT対策授業~合格を目指す基本編&読みを楽しむ応用編~   [日 時] 2024年2月24日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前々日(2/22)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 若林 佐恵里 先生、吉田 歌織 先生(『とりあえず日本語能力試験対策N1/N2読解』著者)   [内 容] 「JLPTの読解ってどう教えればいいの?」、「JLPTの授業はつまらなくなってしまう……」という声をよく耳にします。 今回は基本編と応用編に分けて、前半は合格を目指す解き方のコツを考えます。 後半はそこから一歩進み、対策だけにとどまらない読解授業の方法を紹介します。 問題を解くだけではもったいない文章を豊富に盛り込んだ『とりあえず』シリーズならではの授業の作り方です。 読むだけではなく、アウトプットに繋げていく方法を考えます。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:ココ出版・凡人社 担当:凡人社/坂井 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(2/24)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/D2aGM
2月
28
2:00 PM 第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
2月 28 @ 2:00 PM – 4:00 PM
************************************************************************************************************ 演題:第8回 日本語教育とICT活用を考える<ツール編> キャリア支援コンテンツ『就活JUMPスタート』の使い方 講師:Ruth Vanbaelen 氏(筑波大学 准教授) 、伊藤 秀明 氏(筑波大学 准教授) 主催:筑波大学CEGLOC日本語・日本事情遠隔教育拠点 日時:2024年2月28日(水) 14:00〜16:00 (日本時間) 開催方法:オンライン(Zoomミーティング形式) ※ブレイクアウトルームによるグループワークを行ないます。 参加費:無料 定員:50名(抽選) 参加申込:お申込みフォームより参加登録をして下さい。https://forms.gle/FFeWS96Dph6sEWL4A ※抽選の結果につきましては、2月21日(水)を目処にメールにてお知らせいたします。 ※参加者には開催2日前までにzoomのリンクをお送りいたします。 ※参加者多数の場合はお申し込みを制限する場合もございます。 ************************************************************************************************************ 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

注目の記事

  1. 多文化共生社会の「究極の少子化対策」とは?カギを握る外国人支援団体の活動 人口減少が急…
  2. 軍政と戦うミャンマーの民主派勢力、私たちに何ができるのか ロシアのウクライナ侵攻が続い…
  3. 日本語教師で「第二の人生」歩む——日本経済新聞の記事より 日本経済新聞の電子版はこのほ…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate