22日に日本議連が総会 日本語学校は何を訴えるのか

22日に日本議連が総会 日本語学校は何を訴えるのか

日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)の第14回総会が4月22日に開かれる。今回は日本語教師の国家資格創設が主たるテーマになるが、コロナ禍で留学生受け入れに悪戦苦闘する日本語学校の団体が意見を述べる機会も設けられた。日本語学校側からはどんな要望や意見が出るのだろうか。

総会で報告される国家資格の公認日本語教師に関しては、すでに文化庁が「日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議」で、2024年に試験の実施目標にするなどのタイムスケジュール案を提示し、議論を進めている。総会では文化庁が日本語教育推進法の立法当事者である日本語議連にその経過を説明する。議連内には様々な意見があるいわれ、文化庁の方針に注文が付けられる可能性もある。

これまでの調査研究協力者会議では、公認日本語教師の資格の創設にあたり、日本語教育機関を「留学」「就労」「生活」の3つに類型化する考えが提示された。日本語教育機関の制度整備については、日本語教育推進法が附則の中で検討するよう求めている。附則に盛り込まれた「日本語教育機関」は、日本語学校を想定する見方が多かったが、3分類されたことで公認日本語教師の対象が「生活」に関する日本語教育を行う「日本語教室」の教師などにも広げられることになった。

「にほんごぷらっと」は日本語議連の発足に合わせてその活動を記録し、広く知らせることを目的にして開設したサイトだが、推進法の成立後は日本語教育の主管官庁・部署を法的に定めるよう主張してきた。

各省庁が担当する仕事は、それぞれの組織令によって細かく定められ、文科省組織令には文化庁国語課の所掌事務として「外国人に対する日本語教育に関すること(外交政策に係るも並びに初等中等局及び高等教育局に所掌するものを除く)」と書かれている。高等教育局学生・留学生課の所掌事務には「外国人留学生の受け入れの連絡及び教育」とあり、日本語教育には言及していない。

現状では文科省で日本語教育に対応する部署は文化庁国語課だけで、しかも「生活者のための日本語教育」以外は担務としていない。従って、国語課は日本語学校に対して指示や指導をする立場にないわけだ。

1988年11月に中国・上海の日本総領事館を多くの若者が取り囲む騒動があった。留学ビザの発給を打ち切ったことに対する抗議のデモだった。中曽根政権の「留学生10万人計画」を受けて十分な教育施設や教師を整備していない日本語学校が林立したため、政府が中国からの留学生の入国を差し止めたのがきっかけだった。

上海事件と呼ばれるこの騒動は日中間の外交問題になり、日本政府は日本語教育振興協会(日振協)を設立して留学生の受け入れの審査・認定を行うなどして対応した。2008年には福田政権は「留学生30万人計画」を打ち出したが、民主党政権は2010年に日振協の設立の根拠法令がないことを理由に「事業仕分け」で日振協の審査事業をストップさせた。その後も2019年に日本語教育推進法が成立するまで、日本語教育は法的な環境整備がなされていない状態が続いた。

日本語教育推進法に基づき日本語教育推進の基本方針が閣議決定され、施策推進が法的にオーソライズされた。だが、推進法で国内の日本語教育の責任官庁とされた文科省が日本語学校をどのように処遇するのか、その方向性はまだ見えてこない。

議員連盟の総会という公式な場で日本語教育の6団体が意見を述べることになっており、日本語学校側からどのような意見が出されるか、注目される。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  2. 日本語学校の留学生の「奮闘ぶり」が読売新聞の連載記事に  日本語学校と言えば、一部の学…
  3. 日本語学校の認定制度と教員の国家資格を法制化へ 日本語教育は大きな転換期に 文化庁は12月13…

Facebook

ページ上部へ戻る