コロナ危機から何を学ぶのか~2022年を迎えて

約2年にわたるコロナとの戦いの中で、2022年の新しい年を迎えました。明けましておめでとうございます。昨年末には変異株のコロナ危機から何を学ぶのか~2022年を迎えてが日本にも上陸しコロナ禍が再び年をまたいでしいました。これに対しコロナとのバトルも進展しています。ワクチン接種が進み、厚生労働省が米国製薬大手の飲み薬「モヌルピラビル」を承認しています。2022年は「ウイズコロナ」の時代の幕開けになるはずです。

新型コロナウイルスは、ミラノ株、アルファ株、デルタ株などからオミクロン株へと変異を繰り返してきました。感染者は世界で2億7800万人、日本では173万人にのぼっています。オミクロン株の感染拡大がなお懸念されますが、日本は欧米などに比べて感染が抑制されているのも事実です。国民のほとんどがマスクを付け、ワクチン接種も進んでいます。加えて厳しい水際対策をとっています。国民の忍耐の賜物でしょう。

感染症は長年、人類と共存してきました。歴史の中で撲滅できた感染症は天然痘だけです。人類はコロナウイルスとも「共存」していかなければならないのでしょう。問題は共存の仕方です。

コロナウイルスの感染の拡大によって、国際的に人の移動が制約されました。いまなお空の便が大幅に減便されています。島国の日本は、水際対策によって観光はもとより、留学生や技能実習生などの入国も制限してきました。G7の先進国で唯一、留学生の受け入れを規制しているのは日本だけです。

留学生が入国できないため、日本語学校や専門学校、大学などは四苦八苦しています。日本留学を夢見た待機留学生が日本に見切りをつけ、韓国や中国に留学先を変えるケースが相次いでいます。規制が長期化し、留学生政策はすでに大きな「ひずみ」が生じています。技能実習生の入国が止まり、中小企業など生産活動への影響も深刻です。

そうしたコロナ禍の中で、新たな動きや取り組みが生まれています。国境を越えたオンライン学習もその1つです。日本語学校などが窮余の策として日本語教育をオンラインで行っています。とはいえ、これは日本語教育の「実績」として今後、専門的な立場から効果を検証すべきでしょう。足並みがそろわなかった日本語学校の6つの業界団体が1つにまとまり、政府や政治家に留学生の早期受け入れの陳情活動を展開しています。日本語学校の業界も変わり始めているようです。

日本語学校の有志と留学エージェントが「コロナ禍の日本留学の扉を開く会」を発足させ、ネットで海外の待機留学生の声を発信してきました。このため、コロナ禍で希望を閉ざされた待機留学生の訴えをテレビや新聞が大きく報じました。日本留学を夢見る外国の若者の姿が「見える化」されたことの意味は非常に大きいと思います。

その流れで留学生だけでなく技能実習生、高度人材の外国人、さらには外国人配偶者の受け入れ・支援者がパネル会議をネットで開催し、その声を岸田文雄首相らに送付しました。私たち「にほんごぷらっと」も、微力ながらその活動を応援してきました。

こうした動きに促されるように、末松信介文部科学大臣が昨年12月8日、文科相の動画チャンネルで「日本留学を心待ちにしている留学生の皆さんへ」と題したメッセージを発信しました。また、文化庁は12月の臨時国会で可決された補正予算に日本語学校のオンライン授業を支援するための補助事業費41億円を盛り込みました。文科大臣のメッセージと文化庁の補助事業は、ともに日本語学校・留学生に配慮した画期的な取り組みです。

これらの「ウイズコロナ」の新たな活動が2022年にどのように引き継がれ、発展していくのか。ウイズコロナ時代には感染を新薬などで軽微に抑えつつ、経済、社会、教育など活動を復活、発展させていかなければなりません。そのためにはコロナ危機から学んだことを改めて考えてみる必要があると考えます。

日本語教育関係者はコロナに苦しめられながらも、最前線でそれと闘ってきました。それぞれの立場からコロナ禍における取り組みを改めて振り返ることで、ウイズコロナの時代の歩むべき道筋が見えてくるかもしれません。2022年はまさに正念場ですが、新たな展望を切り開く年でもあるはずです。

2022年元旦

「にほんごぷらっと」編集長 石原 進

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

5月
19
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
5月 19 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
24
5:00 PM JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
5月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
アスク出版開発のJLPTオンラインハーフ模試がこのたび、パワーアップしました! すでにJLPTオンラインハーフ模試をお使いの方、導入をご検討くださっている方、 5月24日(金)のオンライン説明会にぜひご参加ください! 説明会では、今回のリニューアルについてのご説明だけでなく、実際のご活用事例や効果的な使い方についてもお話します。 参加無料、入退場自由です。 皆様のご参加をお待ちしております!
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン
6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)

注目の記事

  1. 日本語教育機関認定法が成立 施行は来年4月 認定日本語教育機関、国家資格の登録日本語教員が誕…
  2. 政府は日本語学校のコロナ禍の窮状を理解していないのか 「認定へのハードル」を危惧する声 …
  3. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第二話 日本型移民政策の提言(下) 元…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate