「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い

「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い

「プーチンの戦争」が始まってまもなく3カ月になる。ロシア軍の爆撃や戦闘でウクライナの都市の建物は残骸と化し、多くの命が奪われている。戦闘は長期化すると見られる。欧米の映像があらわにするロシア軍の蛮行をプーチン政権は「フェイクだ」と言い、正義も大義もない武力攻撃を正当化する。そうした中で在日のウクライナ人やロシア人のユーチューバーが複雑な想いを流ちょうな日本語で発信する。日本社会ではウクライナ人支援の動きが活発化しているが、在日ロシア人の声にも耳を傾けてほしい。

恫喝と脅迫。言うことを聞かないと腕力に訴える。ロシアのプーチン政権がやっていることは、とても大国のふるまいとは思えない。街のゴロツキ、チンピラのような下劣な手口だ。特に核攻撃をチラつかせ、威嚇するのは被爆国として看過できない。加えてロシアは表現、言論の自由を暴力で封殺している。ロシアで反戦デモは犯罪行為とみなされる。

ロシアは、NATOの拡大は約束違反だと言うが、隣国への武力侵攻は国際社会の批判を受けるのは当然だ。今回、独裁国家と民主主義国家との違いも鮮明になった。北朝鮮の金正恩、中国の習近平はプーチンの兄弟分だ。日本の隣には、とりわけ付き合いが難しい「3兄弟」がいるわけだ。

とはいえ、国家と国民を同一視すべきではないとも思う。2月24日のロシアのウクライナ侵攻以来、様々な動画が「You Tube」にあふれているが、プーチンを日本語で批判するロシア人のYou Tubeもいくつかある。在日ロシア人は、祖国の戦争に腹を立て、東京の目抜き通りで反戦デモを展開しているのだ。このようなロシア人とは連携、協力ができる。

クライナ侵攻関連の外国人のYou Tubeの中で、ひときわ目を引いたのは侵略戦争に巻き込まれたウクライナ人ユーチューバーのハンナさんの「Hanna in Japan」だ。彼女のYou Tubeから祖国の悲惨な状況に心を痛めているのがよくわかる。上手な日本語による訴えは日本を引き付けるのだろう。アクセスが30万を超える人気動画となっている。

ウクライナは2014年にロシアに武力で侵略され、当時19歳だったハンナさんは一時大学に行けなくなった。その後、家族を残して日本に移住したが、今回、再び侵略戦争に巻き込まれ、家族は離れ離れになった。ハンナさんは日本で英語教師になったが、ウクライナの避難民が日本に来るようになって、避難民をサポートする日本人にボランティアでウクライナ語を教えたいと考えている。「日本の皆様に心からのお願いがあります」と題した動画では、ウクライナ語教室の施設の提供などの支援を呼び掛けた。

Hanna in Japan

https://www.youtube.com/watch?v=tDaVJDRFAi8

祖国のウクライナ侵攻を真っ向から批判するのはロシア人のラナさんだ。ロシアの両親はプーチンの戦争を支持しており、親子の意見は対立している。親とは断絶状態だという。在日ロシア人はウクライナ侵攻に抗議するデモを行うなど活発な活動も展開している。ラナさんは日本語で自身の複雑な心情を語るのだ。

Lanaの晩酌【無職のロシア人】

https://www.youtube.com/watch?v=E93BrF9KT3s&t=0s

ロシア出身で昨年、日本に帰化したリサさん。リサさんは動画で帰化した理由を5つ挙げた。「日本に興味と愛があった」「日本は自然を大切にし、サービス精神もあって住みやすい」「日本人の価値観が自分に近い」「おばあさんとお母さんから海外に行くように勧められた」「日本国籍がないとビザの更新が必要で期限が近付くとストレスがあった」……。

リサの世界

https://www.youtube.com/watch?v=NYB-vwzzhXI

ロシア国籍のあしやさんとサーシャさんは、ともにタタール人(民族)。ロシアは多民族国家でタタール民族は、ロシア民族に次いで人口が多い。2人は「いまの時代に戦争なんて考えられない。ショックだ」といい、「自分の国は正しくないことをやっている」と反戦デモにも参加。2人は反戦デモに参加して知り合い、交流を始めたという。

あしやさんとサーシャさん タタール人

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=6fyn6hoGrwA

日本語で多様な考えや視点を提供してくれる外国人ユーチューバー。「プーチンの戦争」をきっかけに動画の世界に政治色をにじませた様々な主張が展開される。そこには、SNSを通じた、もう一つの多文化共生社会がある。

にほんごぷらっと編集長 石原 進

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…
  2. 日本語学校の認定制度と教員の国家資格を法制化へ 日本語教育は大きな転換期に 文化庁は12月13…
  3. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…

Facebook

ページ上部へ戻る