移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第四話 「在日」は自然消滅

移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第四話 「在日」は自然消滅

「在日は自然消滅へ」――1999年4月2日の毎日新聞夕刊。その2面の「特集ワイド」の欄に、こんな見出しが躍った。「結婚で同化、子供は日本国籍に」との見出しも。当時、福岡入管局長だった坂中英徳さんへのインタビューである。毎日新聞政治部に所属していた私(石原進)の署名入りの記事だ。

「在日」とは、特別永住者の在日(韓国・朝鮮人)コリアンである。約50万人いた在日コリアンが存在しなくなってしまう。なかなか刺激的な見出しだ。坂中さんは、その記事が政治問題化し、職を辞することになるかもしれない、と考えたという。私自身にも在日コリアン側からの抗議を覚悟した。坂中さんと私が、ともに「腹を括って」の記事掲載だった。

結果は、私のところに旧知の在日コリアンから電話1本があっただけだった。彼は「我々にとってきつい記事ですね」と語ったが、批判めいた話はなかった。坂中さんにも法務省サイドから「おとがめ」はなかったという。

 

なぜ、在日が「自然消滅」するのか。その答えをインタビュー記事から示してみたい。坂中さんの話を要約すれば、こういうことになる。在日コリアンの人口は1970年には約65万人いたが、94年に57万3000人、95年には55万8000人、96年には54万9000人と減少傾向が続いている。日本国籍を取得し帰化する人はこの20年間で12万人にのぼり、日本人と結婚する人も増えた。その子供は日本国籍を取得するから韓国籍・朝鮮籍の人が減るわけだ。坂中さんはインタビュー記事の中でこう語っている。

「このままいくと、在日の韓国籍、朝鮮籍の人は毎年1万人ずつ減っていく。あと数十年以内にはほとんどゼロになってしまう。実際にはゼロということにはならないでしょうが、消滅に近い状態になる。誇張して言っているわけではなく、20年たてば20万人、50年たてば50万人は確実に減るわけです。在日の人にはちょっとショックな話だと思います」

 

在日の人たちが日本国籍を取得する理由は、1984年の国籍法・戸籍法の改正に求めることができる。法改正によって、国籍取得が父系主義から両系主義に変わり、日本人の女性と結婚したコリアン男性が日本国籍を取得できるようになり、先に指摘したようにその子供も日本国籍を選択できるようになったのだ。在日コリアンの中でも進んでいる少子高齢化の波を国籍法・戸籍法の改正が後押しする形で自然消滅の流れができたわけだ。

ちなみに2023年の韓国籍、朝鮮籍の特別永住者は28万1000人である。坂中さんが指摘した通り、在日はこの30年で約30万人減っている。このまま減り続けると、21世紀の半ばには特別永住者はゼロになる運命だ。

だとしたら、在日の人たちはどのように生きればいいのか。坂中さんは、「朝鮮半島への思いや民族意識とかをこれまでのように持ち続けていくことはないでしょう」と語る一方で、在日コリアンとしてのアイデンティティーを持ち、帰化しても「本名を名乗って出自を明らかにして日本社会で生きていく人がかなり出てくることを期待しています」というのだ。

日本人の血をもつ日系人は、南北アメリカをはじめ世界には約400万人(海外日系人協会調べ)いるという。その中で多くの日系ブラジル人などが日本にUターンしている。海外で暮らすコリアンは日系人以上に多いと見られ、その中で日本に住むコリアンを「韓国系日本人」と呼んでもおかしくないはずだ。「韓国系」が増えていることは、本名を使う元コリアンが目につくことからもわかる。

在日コリアンの動向を注視してきた坂中さんは、在日と日本人の人口減少を重ね合わせ、その差異について考えた。在日コリアンの自然消滅は、坂中さんらしい鋭い論考である。その背景にある特別永住者の日本国籍取得を促進させる法改正は、日本政府の意識的につくられた政策だ。政府は、時代が変遷する中で、制度としての「特例永住」の役目は終わったと考えたのかもしれない。

坂中さんは「多文化共生」でなく、「多民族共生」という言葉を使う。「多文化」というと、日系人やアジアなどの「多様な文化を持った外国人」をイメージする。これに対し「多民族」というのは、「国家を基盤とした様々な民族」を連想させる。民族としてのコリアンに見守ってきた坂中さんだからこそのワーディングだ。

なお、「在日は自然消滅へ」の毎日新聞のインタビューに、私は「坂中論文」に関する解説記事を加えた。在日コリアンの安定した法的地位の付与から日本国籍取得の道筋を提起した論文だ。坂中さんに言わせれば、「大手紙で初めて坂中論文を評価した記事」だったという。その中で、私は「在日の人たちは21世紀を迎え『国籍』と『民族』のはざまで、新たな問題を背負うことになりそうだ」と書いた。在日コリアンとしてのアイデンティティーは、どう引き継がれていうのだろうか。

(石原進)=つづく

 

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

5月
19
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
5月 19 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
24
5:00 PM JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
5月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
アスク出版開発のJLPTオンラインハーフ模試がこのたび、パワーアップしました! すでにJLPTオンラインハーフ模試をお使いの方、導入をご検討くださっている方、 5月24日(金)のオンライン説明会にぜひご参加ください! 説明会では、今回のリニューアルについてのご説明だけでなく、実際のご活用事例や効果的な使い方についてもお話します。 参加無料、入退場自由です。 皆様のご参加をお待ちしております!
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン
6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)

注目の記事

  1. 日本語教師で「第二の人生」歩む——日本経済新聞の記事より 日本経済新聞の電子版はこのほ…
  2. 日本語議連第19回総会 日本語教育機関認定法の施行に向けて政省令など議論 日本語教育推…
  3. 「全中国選抜日本語スピーチコンテスト本選」が5年ぶりに日本で開かれる——ネイティブ並みの日本…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate