「〈やさしい日本語〉と多文化共生」シンポジウム

日時:
2018年2月17日 @ 1:00 PM – 2018年2月18日 @ 6:00 PM
2018-02-17T13:00:00+09:00
2018-02-18T18:00:00+09:00
場所:
学習院女子大学 2号館
日本、〒162-0052 東京都新宿区戸山3丁目20−1
参加費:
無料
お問い合わせ:
学習院女子大学

「〈やさしい日本語〉と多文化共生」シンポジウム

主催:学習院女子大学 
会場:学習院女子大学 2号館 
開催:2018年2月17日(土) 13:00~18:00 
2018年2月18日(日) 10:30~18:00 

◆1日目(2月17日(土))13:00~18:00 
【主催者挨拶】(13:00~13:10/222教室) 

§1.【基調講演】〈やさしい日本語〉が求められる背景(13:10~14:10/222教室) 
毛受敏浩(日本国際交流センター) 

§2.【パネルディスカッション1】〈やさしい日本語〉とは何か(14:30~16:00/222教室) 
命を救うことばとしての「やさしい日本語」  水野義道(京都工芸繊維大学) 
国語教育でもわかりやすさは重要である  森篤嗣(京都外国語大学) 
外国人と〈やさしい日本語〉  オストハイダ・テーヤ(関西学院大学) 
観光場面と「やさしい日本語」  吉開章(株式会社電通・やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長) 
司会・ディスカサント  庵功雄(一橋大学) 

§3.【講演】〈やさしい日本語〉に期待すること(16:20~17:20/222教室) 
庵功雄(一橋大学) 
 

◆2日目(2月18日(日))10:30~18:00 
§4.【パネルディスカッション2】年少者教育における〈やさしい日本語〉―スコットランドと日本―(10:30~12:00/222教室) 
スコットランドにおける年少者日本語教育と〈やさしい日本語〉 
松本スタート洋子(エディンバラ大学)・Ann Robertson(1+2 Languages Officer, East Lothian Council) 
年少者日本語教育と〈やさしい日本語〉  志村ゆかり(東京経済大学) 
司会・ディスカサント   庵功雄(一橋大学) 
 
§5.【ブース発表1】自治体に求められるやさしい日本語 (10:30~12:00) 
・〈やさしい日本語〉実践講座(234教室)  栁田直美(一橋大学) 
・書き換え支援システム(236教室)  中島明則(フリー) 
・自治体・国際交流協会の取り組み紹介(237教室)  新谷惠理子(横浜市市民局広報課)・由田弘美(横浜市国際交流協会多文化共生推進課) 
・誰にでも伝わる「公共サイン」の手法を考える(235教室)  本田弘之(北陸先端科学技術大学院大学) 

§6.【パネルディスカッション3】〈やさしい日本語〉は外国人のためのものか 
(12:40~14:10/222教室) 
公用文は日本人にも難しい  岩田一成(聖心女子大学) 
NEWS WEB EASYは外国人だけのもの?  田中英輝(NHK放送技術研究所 ヒューマンインターフェース研究部) 
生涯教育としての〈やさしい日本語〉  宇佐美洋(東京大学) 
司会・ディスカサント   庵功雄(一橋大学) 

§7.【パネルディスカッション4】〈やさしい日本語〉に対する自治体の取り組み 現状と 
課題 (12:40~14:10/236教室) 
多言語情報提供としての〈やさしい日本語〉―仙台での実践から  菊池哲佳(多文化社会コーディネーター/仙台観光国際協会) 
横浜市の「やさしい日本語」活用に向けた取組  新谷惠理子(横浜市市民局広報課) 
自治体等との〈やさしい日本語〉協働研究  栁田直美(一橋大学) 
司会・ディスカサント  本田弘之(北陸先端科学技術大学院大学) 

§8.【パネルディスカッション5】障害を持つ人と〈やさしい日本語〉(12:40~14:10/237教室) 
ろう児と〈やさしい日本語〉  岡典栄(明晴学園)・安東明珠花(東京大学大学院生) 
知的障害者と〈やさしい日本語〉  打浪文子(淑徳大学短期大学部) 
ことばのバリアフリーと〈やさしい日本語〉  あべやすし(日本自立生活センター) 
司会・ディスカサント   オストハイダ・テーヤ(関西学院大学) 

§9.【ブース発表2】やさしい日本語の実践と広がり(14:30~16:00) 
・『にほんごこれだけ!』を用いた日本語支援(222教室) 
・中学生向け日本語教科書(236教室) 
志村ゆかり(東京経済大学)・志賀玲子(一橋大学)、宮部真由美(一橋大学非常勤講師)・ 
樋口万喜子(横浜国立大学非常勤講師)・頼田敦子(横浜市教育委員会日本語教師)・ 
永田晶子(イーストウェスト日本語学校) 
・ろう児に対する日本語教育関係(237教室)  岡典栄(明晴学園)・安東明珠花(東京大学大学院生) 
・知的障害者向けのわかりやすい情報提供(234教室)  一般社団法人スローコミュニケーション 
・訪日外客とやさしい日本語(235教室) やさしい日本語ツーリズム研究会 

§8.【総括対談】〈やさしい日本語〉と多文化共生(16:30~17:30/222教室) 
庵功雄(一橋大学)・毛受敏浩(日本国際交流センター) 
司会 森篤嗣(京都外国語大学) 

【閉会の挨拶】(17:30~/222教室)

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Tadalis Sx Soft Pyrantal Pamoate Interactions With Amoxicillin [url=http://cialisan.com]generic 5mg cialis best price[/url] Levitra Bayer Preise

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
12月
10
1:00 PM 日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
12月 10 2022 @ 1:00 PM – 1月 14 2023 @ 5:00 PM
外国人への「日本語の教え方」を初めて学ぶ方に適した講座です。 <養成講座開催日時> 2022年12月10日/12月17日/2023年1月7日/1月14日(土)午後1時~5時 全4日間 <講 師> 木戸恵子先生(獨協大学非常勤講師)  <会 場> 本多公民館(国分寺市) <受講対象者> 国分寺市及び近郊都市に在住・在勤の方 <定 員>   30名 (定員に達した後は、キャンセル待ちとなります) <受講料>   4,000円 ※受講料は、後日(11月中旬)、申込者に順次お送りする「受講ガイド」に従ってお振込みください。 <ご確認ください> 今日の感染状況を鑑み、「オンライン開催」に変更される可能性があることをご了承ください。変更の際は、決定次第、ご連絡させていただきます。  ★講座に関する詳細、および Q&Aはこちらをご覧ください。  https://www.1991kia.jp/nihongo-shien-kouza2022/
12月
11
1:00 PM 現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM
【内容】 日本における在留外国人が年々増加している中、企業の外国人雇用や教育現場の日本語を習得できていない外国人留学生、外国につながる児童生徒との円滑なコミュニケーションや学習面での課題が問題となっています。 日本語教育とフォントの関係性についてUDフォントが有効であるという傾向が見えてきた中、今回のセミナーでは、現場の先生方と共に外国人留学生や生活者としての外国人の日本語教育の現状と対策、これからの課題を、実証試験の内容も踏まえながら「UDフォント」や「やさしい日本語」から始める日本語教育の支援について考えます。 ▼イベントの詳細・申込はこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2022-11-21/ngpt7 【概要】 日時:12月11日(日) 13:00~14:30 ※当⽇参加できない⽅も、お申し込みいただければ後⽇アーカイブ動画が視聴可能 参加費:無料 募集定員:1,000名 講師: 長崎短期大学 准教授 岩﨑 千恵 氏 崇城大学 就職課 課長補佐 公益財団法人 地方経済総合研究所 特別研究員 前田 和則 氏 熊本大学 教育学部附属特別支援学校 後藤 匡敬 氏 主催:株式会社モリサワ 【お問い合わせ先】 株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課 E-mail:public-biz@morisawa.co.jp

注目の記事

  1. 「国際交流協会」といえば、地域の在留外国人と日本人の交流を取り持つ組織として知られる。形態は…
  2. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  3. 「爺が孫に伝えた年頭のことば」 元最高裁判事が「時代遅れの国籍法」を批判 「日本国民は…

Facebook

ページ上部へ戻る