2020年度日本語教育アクティブラーニング研究大会 「オンライン教育で生きるアクティブラーニングの現在と未来」

日時:
2021年3月13日 @ 10:00 AM – 4:45 PM
2021-03-13T10:00:00+09:00
2021-03-13T16:45:00+09:00
場所:
オンライン(ZOOM)
お問い合わせ:
日本語教育アクティブラーニング研究会

イベントタイトル:2020年度日本語教育アクティブラーニング研究大会 「オンライン教育で生きるアクティブラーニングの現在と未来」

開始日:2021-03-13
開始時刻:10:00
終了日:2021-03-13
終了時刻:16:40
会場名:Zoom/Webinar
住所:
イベントの料金:0
連絡先名:日本語教育アクティブラーニング研究会
電話:
Eメール:activelearningje@gmail.com
ウェブサイト:https://activelearningje.wixsite.com/home
イベント説明:2020年度日本語教育アクティブラーニング研究大会
「オンライン教育で生きるアクティブラーニングの現在と未来」

2020年は、コロナ禍にあって教育形態の変革が求められ、オンライン教育での授業活動の模索や学びのネットワーク作り、コミュニケーションの試行錯誤が行われてきました。従来の対面による直接的な交渉が行えない中で、主体的・対話的で深い学びを目指す「アクティブラーニング」はますます注目されています。本研究会では、これまでオンライン教育でのアクティブラーニング実現に向けて、議論を重ねてきました。混乱の1年を振り返り、オンライン教育とアクティブラーニングの現在と未来を考えます。

第一部 10:00-12:00 ワークショップ「ニュース☆ショー」
参加申込み:https://bit.ly/39XBzOY
(申込期限を延長しました。先着25名)

第二部 13:00-13:15 開会の挨拶
13:15-14:45 パネルセッション
参加登録:https://bit.ly/36PXl5c

第三部 15:00-16:30 実践フォーラム
16:30-16:40 閉会の挨拶
参加登録:https://bit.ly/36UqzzQ
*各部への登録が必要です

■日時:2021年3月13日(土)10:00-16:40(日本時間)
?■場所:Zoom/Webinarにて開催(上記の各部リンクから参加登録を行ってください)
■参加費:無料
■お問合せ:activelearningje@gmail.com
■研究会ホームページ:https://activelearningje.wixsite.com/home
(大会の最新情報は研究会情報ページにて)
******************************************
第一部 演劇的手法を取り入れたワークショップ「ニュース☆ショー」

講師 杉山ますよ(早稲田大学日本語教育研究センター講師)

〈ワークショップ概要〉
ワークショップこのは演劇的手法を用いた参加型協働学習を体験することを目的にしています。あるテーマについて、グループでリサーチやディスカッションを行い、その結果をニュース・ショーの形で発表します。参加者はキャスターやコメンテーター、現地レポーターとしてテーマについて多角的、立体的に発表します。参加者同士が一つのドラマを作り上げることでお互い学び合い、多角的な視点から考え、深い学びへとつながることを目指します。

〈ワークショップの流れ〉
アイスブレイク
演劇的手法の説明
ウォーミングアップ(体と気持ちをほぐす)
ニュース・ショウの説明、発表の仕方
グループに分かれて話し合いと練習(テーマを決める/役割を決める /ストーリーを作る/練習)
発表
振り返り
まとめ

〈講師紹介〉
杉山ますよ(早稲田大学日本語教育研究センター講師)
早稲田大学などで演劇的手法やワークショップ、アクティブラーニングを取り入れた授業を行っている。早稲田大学では自ら企画したテーマ科目で文学や落語、文化、社会問題などについても演劇的手法を取り入れ授業を行う。専門は教授法、会話、読解、コミュニケーション教育、演劇的手法を取り入れた授業。また青山学院大学のワークショップデザイナー育成プログラムを受講し、ワークショップデザイナーとしての活動も始めた。ボランティア活動として手話や音訳などにも取り組む。共著『教育プレゼンテーション』(旬報社、2015)、共著『新いつでもどこでも群読』(高文研、2017)他。

第二部  パネルセッション「オンライン教育リテラシーの現状と日本語教育の未来」

〈企画要旨〉
コロナ禍で情報が少なく先が見えない中、国内外の教育機関は、インターネットや機器、システム(Moodleなどの学習プラットフォーム)などの学習環境の整備と、それらを使用する教師・学習者のオンライン教育リテラシー向上が同時に求められました。日本語教育に様々な立場で関わる人々は混乱の中、とまどいながらも、どのようにこれらの課題に挑んだのでしょうか。どのような変化や成長が得られ、問題が残されているのでしょうか。さまざまな立場から2020年度を振り返り、展望を語ります。

〈モデレーター〉
宮崎里司 早稲田大学日本語教育研究科教授?

〈パネリスト〉
木下 沢威 学校法人 木下学園 カナン国際教育学院理事長
住吉 良介 ボンド㈱  代表取締役CEO
Nguy?n Th? Mai Ph??ng(グエン・ティ・マイ・フォン) NIHONGOPLUS㈱ 代表取締役CEO

第三部 実践フォーラム

〈企画要旨〉
発表者(話題提供者)の具体的な実践例や問題提起を通して、相互に意見交換を行います。問題の共有やアイディアの発見により、それぞれの現場で活かせるヒントを得てください!
発表者3名の概要説明のあと、参加者は関心のあるテーマを選び、質疑応答、ディスカッションを行います。参加者は各発表者ごとのZoomに分かれます。
注意:パソコンでの参加を推奨します。使用機器(タブレット・スマートフォン等の携帯端末)によっては、Zoom参加時の機能が制限される場合がございます。

〈発表者・発表タイトル〉
1)上田 潤子(早稲田大学日本語教育研究センター)
「ネット環境が悪い地域におけるオンライン授業」
2)高久 孝幸(帝京平成大学附属日本語学校)
「コロナ禍における学習者の孤立と不安ー社会的ネットワークを活用した予防的支援とはー」
3)藤野 光雄(華僑大学・中国)
「教室外リソースを使ったオンライン会話授業の実践報告」
主催者のカテゴリー:日本語議連
イベントのカテゴリー:セミナー・ワークショップ, シンポジウム・講演会

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
2
1:30 PM リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
10月 2 @ 1:30 PM – 3:30 PM
リンゲージDXセミナーシリーズ第5回 「SNSを使った集客とコンテンツの活用術」–「好き」を仕事に結びつけるために– フリーランス日本語教師として独自の地位を築いているAkoさん。仕事に必要だと感じ、英語、プログラミング、コンテンツマーケティングと、さまざまな分野のスキル習得に次々と挑戦していった圧巻の行動力をお持ちです。当日はこれまでの経験を生かし、参加者みなさんの立場に立って、個人活動としての集客のみならず、学校など組織としての集客についてもヒントをお話くださるとのこと。新時代の教師像を考える方にとって見逃せないセミナーです。 日 時 :2021年10月2日(土)13:30-15:30 場 所 :オンライン(Zoom) 料 金 :2000円(ライブ・録画配信の両方の視聴が可能) お申込み後、お振込みいただいて受付完了となります。 定 員 :100名 お申し込み:https://form.run/@linguagespecial2021 問い合わせ:電話 03-5909-0421 email japanese@linguage.com 詳細はチラシをご覧ください。 皆様のご参加お待ちしております。 主催者のカテゴリー:日本語議連
10月
20
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
10月 20 @ 7:00 PM – 11月 17 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では、漢字表記を通した日本語の特徴、そして漢字文化圏の日本語学習者を理解することを目的にしたいと考えています ▼▼こんな方におすすめ▼▼ 日本語を教えている方 日本語教育関係の学部を選考されている方 日本語教師養成講座を修了された方 テーマにご興味のある方 ▼▼日時▼▼ 第1回 2021年10月20日(水)19:00〜20:30 文字としての漢字 漢字とかな・アルファベットとの違いを理解し、送り仮名・振り仮名の存在などから、漢字とかなの両方を用いる日本語表記の特殊性を考えます。後半では、漢字の構造(なりたちと構成方法)を理解します。 第2回 2021年10月27日(水)19:00〜20:30 字形 漢字の構造に慣れるために理解したい、部首と偏旁冠脚とのちがい。また、文化庁の「常用漢字表(付)字体についての解説」「常用漢字表の字体・字形に関する指針」や漢字文化圏諸国の「漢字表」を手引きに、「標準字体」とは、どういうものなのかを考えます。 第3回 2021年11月10日(水)19:00〜20:30 意味と読み 音読み(一字多音の理由)、訓読み(同訓異字のある理由と「使い分け」)、熟語の構成の理解から、日本語と漢語との文法構造の違いについて考えます。 第4回 2021年11月17日(水)19:00〜20:30 漢字文化圏 中国・台湾・韓国朝鮮およびベトナムでの漢字文化や社会における漢字の位置づけを理解し、漢字文化圏の日本語学習者への理解につなげます。   受講料:9,000円(税込) ※全回の受講をお勧めしますが、ご希望の回のみのお申し込みは1回2,500円(税込)となります。 場所:オンライン(ZOOM開催) 定員:80名 【講師紹介】 久保 裕之 クボ ヒロユキ 立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所   立命館大学法学部卒業後、 1997年財団法人日本漢字能力検定協会(現・公益財団法人)入職。 2005年学校法人立命館入職。現在は立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当職員。 2015年放送大学大学院文化科学専攻修了。修士(学術)、漢字教育士、全国通訳案内士(中国語)。日本漢字学会評議員。
10月
23
9:30 AM 第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
10月 23 @ 9:30 AM – 3:30 PM
<大会テーマ> 「ポストコロナ禍における国際教育の展開と課題 ―日本語コミュニケーションを中心として―」 <開催日程> ・日時: 2021年10月23日(土曜日) 9時30分~15時30分予定 ・会場: オンライン(Zoom)予定 (参加申込者には事前にZoom情報等をご案内いたします) 実施内容 ※一部変更する場合があります。随時本ページにおいて更新いたします。 開会: 30分(9:30~10:00) ・諸注意と承諾事項説明 ・開会挨拶: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・進行概要説明 第1部 シンポジューム: 60分(10:00~11:00) ・テーマ: 「コロナ禍における留学生教育と日本語コミュニケーションの現状と課題」 ・基調講演者: ※現在調整中 第2部 パネルディスカッション: 90分(11:15~12:45) ・テーマ: 「ニューノーマルにおける日本語コミュニケーションの新しい地平」 ・モデレーター: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・パネラー: 予定 王智新(早稲田大学教師教育研究所招聘研究員) 楠本徹也(東京外国語大学名誉教授) 近藤佐知彦(大阪大学国際教育交流センター教授) 石原進(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人) ※他現在調整中 第3部 研究発表: 120分(13:30~15:30) ※発表数によっては延長する場合があります。 ・発表形態: 個人または共同による「口頭発表」30分(発表20分+質疑応答10分) <参加/研究発表申込> ・参加費 会員:無料 非会員:1,000円 ※研究発表へのお申込みは会員に限ります。 ・申込期日 参加申込: 2021年10月22日(金曜日) 発表申込: 2021年10月11日(月曜日) ・申込方法 参加または研究発表のお申込みは「申込ページ」よりお願いいたします。 本学会への入会手続は「入会案内」よりお願いいたします。 ※研究発表を希望される場合は、申込ページよりエントリーをお願いいたします。 (本学会において審査の上、事務局より予稿作成や発表方法等についてご連絡いたします) ※本大会での優れた研究発表等には、表彰や学会誌への掲載をさせていただく場合があります。 ※研究発表関連スケジュール(予定) 2021年10月11日(月): 発表申込締切 ※審査は随時実施 2021年10月13日(水): 発表スケジュール公表 2021年10月15日(金): 予稿投稿締切 2021年10月18日(月): 予稿集公開

注目の記事

  1. 日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ 「日本語学校」…
  2. 元文科相で日本語議連事務局長の馳浩自民党衆院議員が石川県知事選に立候補へ 日本語議連が…
  3. 日本語教師の国家資格と日本語教育機関の評価の「報告案」を提示 第8回日本語教師の資格に関する…

Facebook

ページ上部へ戻る