「ことばと学びでつながるなかまの会」が主催する第1回日本語教育の夏フェスが9日、首都大学東京秋葉原キャンパスで開催された。日本語教師など「ことばと学び」に関心を持つ「なかま」を集めたこのイベントは、早稲田大学の中川千恵子氏の発音指導の講義とヒューマンアカデミー日本語学校東京校の辻和子、小座間亜依両氏の社会とつながるための日本語教育の講義を皮切りに、著作権、在留資格、介護の日本語などの注目セッションや、実践的なワークショップとして、CLIL(Content and Language Integrated Learning)で学ぶ日本語、読む・書く時のピア活動などが行われた。

約5時間にのぼる長時間のイベントにもかかわらず100名を超える参加者は、真剣なまなざしでセッションやワークショップに積極的に参加していた。

主催団体の世話人の石澤氏によると、もっと気軽に情報交換ができる日本語教師の交流の場をつくりたいと、団体として昨年末から企画をすすめてきた。これまで、数多くのワークショップに参加してきた石澤氏は当初、毎回どの会場でも見かける一定の参加者を想定していた。ところが実際には予想以上に「新しい人たちが来ていた」と語る。同氏は「この場をきっかけに出会ったなかまが、このつながりを活かして学び合っていってほしい」と述べ、意欲あふれる参加者たちの発言に満面の笑みを浮かべた。

予想を上回る日本語教育者たちが参加した背景には、近年の日本語学校の急増や、業界内で共通認識になりつつある日本語教師の質の向上という課題、さらには教育実践者たちの高いモチベーションがあるのだろう。または業界団体の研究会や学術学会のワークショップの場合は、心理的な敷居の高さを感じるのかもしれない。

とはいえ実践者同士の学び合いの場が様々な形で提供されていることは日本語教育業界の今の活気を表しているようにも思える。ことばと学びでつながるなかまの会は、あまたの研究会や団体のハブとしての役割を担いたいと、早くも次回のフェス開催に意気込んでいる。

ことばと学びでつながるなかまの会のホームページはこちら
https://komatsunajp.wixsite.com/mysitekomatsuna

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

1月
17
4:00 PM 第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
1月 17 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催概要 主催 一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協) 日時 2018年1月17日(水) 16:00~20:00(終了)  ※入退場自由 ※特別講座は14:30~15:30(要予約・定員制) 特別講座についてはこちら 対象 日本語教師養成講座の修了生または修了見込みの方 大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 大学院日本語教育博士課程の修了生または修了見込みの方 現役日本語教師、経験者、全養協日本語教師検定合格者、日本語教育能力検定試験合格者で就職を希望される方 地域の日本語教育に携わっている方。 ブース 出展機関 「ブース出展機関」ページをご覧ください 。 全養協「日本語教育、何でも相談」 日本語教育・日本語教師に関して何でも相談・質問できるブースです。 ベテランの日本語教師が皆さまのご相談・ご質問にお答えします。 日本語教育についてまったく知らない方も歓迎します。 (質問・相談例) ・日本語教師の仕事とは? ・どうやって日本語を教えるの? ・日本語教師の資格は? ・養成講座ではどのような勉強をするの? ・日本語教師の「検定」とは? ・「検定」に合格するためには? ・就職活動のポイントは? ・現場で求められる教師とは? ・キャリアアップの方法は? ・教師として成長するには? 特別講座 全養協実践力ミニ講座 「この授業のどこがいけないのか?」 日本語教師として求められる”実践力”を測る「全養協日本語教師検定」。 現場の授業展開に関連する豊富な出題が話題です。 今回は、類題を通して日本語教師が陥りがちな問題点を検討し、 経験豊富なベテラン日本語教師が効果的な授業のノウハウを伝授します! 時間: 14:30~15:30 ※要予約・定員制 (合同説明会の事前参加申込フォームよりお申込ください。)
1月
18
5:45 PM 連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
1月 18 @ 5:45 PM – 7:15 PM
連続講演会・国際シンポジウム 「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」:第5回 “Omotenashi”の先へー観光で国をひらくということー 政府への提言を続ける一方、国内各地の観光振興のため奔走し、京都国際観光⼤使、東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、二条城特別顧問などを務めるアトキンソン⽒に、五輪開催とその後の日本の経済発展に向けて、“Omotenashi”で終わらない日本の観光産業戦略を語っていただきます。 日本文化(文化財)を観光資源として捉え、より戦略的に活⽤していくにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

新刊図書

お薦めの一冊

ライ麦畑でつかまえて

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る