日本語教室に外国人技能実習生が急増 母国での就職有利に (毎日新聞=中部 2018年01月16日)

日本語教室に外国人技能実習生が急増 母国での就職有利に (毎日新聞=中部 2018年01月16日)

昨年11月に技能実習生の仕組みが変わり、優良認定されると実習期間が3年から5年に。雇用側も日本語教育に力を入れ、日本語教室が「繁盛」しているわけだ。だが、教育機関が不足。神吉宇一武蔵野大大学院准教授は、出前授業やオンラインによる学習を勧める。

https://mainichi.jp/articles/20180117/ddh/041/040/004000c

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベントカレンダー

2月
17
1:00 PM 「〈やさしい日本語〉と多文化共生... @ 学習院女子大学 2号館
「〈やさしい日本語〉と多文化共生... @ 学習院女子大学 2号館
2月 17 @ 1:00 PM – 2月 18 @ 6:00 PM
「〈やさしい日本語〉と多文化共生」シンポジウム 主催:学習院女子大学  会場:学習院女子大学 2号館  開催:2018年2月17日(土) 13:00~18:00  2018年2月18日(日) 10:30~18:00  ◆1日目(2月17日(土))13:00~18:00  【主催者挨拶】(13:00~13:10/222教室)  §1.【基調講演】〈やさしい日本語〉が求められる背景(13:10~14:10/222教室)  毛受敏浩(日本国際交流センター)  §2.【パネルディスカッション1】〈やさしい日本語〉とは何か(14:30~16:00/222教室)  命を救うことばとしての「やさしい日本語」  水野義道(京都工芸繊維大学)  国語教育でもわかりやすさは重要である  森篤嗣(京都外国語大学)  外国人と〈やさしい日本語〉  オストハイダ・テーヤ(関西学院大学)  観光場面と「やさしい日本語」  吉開章(株式会社電通・やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長)  司会・ディスカサント  庵功雄(一橋大学)  §3.【講演】〈やさしい日本語〉に期待すること(16:20~17:20/222教室)  庵功雄(一橋大学)    ◆2日目(2月18日(日))10:30~18:00  §4.【パネルディスカッション2】年少者教育における〈やさしい日本語〉―スコットランドと日本―(10:30~12:00/222教室)  スコットランドにおける年少者日本語教育と〈やさしい日本語〉  松本スタート洋子(エディンバラ大学)・Ann Robertson(1+2 Languages Officer, East Lothian Council)  年少者日本語教育と〈やさしい日本語〉  志村ゆかり(東京経済大学)  司会・ディスカサント   庵功雄(一橋大学)    §5.【ブース発表1】自治体に求められるやさしい日本語 (10:30~12:00)  ・〈やさしい日本語〉実践講座(234教室)  栁田直美(一橋大学)  ・書き換え支援システム(236教室)  中島明則(フリー)  ・自治体・国際交流協会の取り組み紹介(237教室)  新谷惠理子(横浜市市民局広報課)・由田弘美(横浜市国際交流協会多文化共生推進課)  ・誰にでも伝わる「公共サイン」の手法を考える(235教室)  本田弘之(北陸先端科学技術大学院大学)  §6.【パネルディスカッション3】〈やさしい日本語〉は外国人のためのものか  (12:40~14:10/222教室)  公用文は日本人にも難しい  岩田一成(聖心女子大学)  NEWS WEB EASYは外国人だけのもの?  田中英輝(NHK放送技術研究所 ヒューマンインターフェース研究部)  生涯教育としての〈やさしい日本語〉  宇佐美洋(東京大学)  司会・ディスカサント   庵功雄(一橋大学)  §7.【パネルディスカッション4】〈やさしい日本語〉に対する自治体の取り組み 現状と  課題 (12:40~14:10/236教室)  多言語情報提供としての〈やさしい日本語〉―仙台での実践から  菊池哲佳(多文化社会コーディネーター/仙台観光国際協会)  横浜市の「やさしい日本語」活用に向けた取組  新谷惠理子(横浜市市民局広報課)  自治体等との〈やさしい日本語〉協働研究  栁田直美(一橋大学)  司会・ディスカサント  本田弘之(北陸先端科学技術大学院大学)  §8.【パネルディスカッション5】障害を持つ人と〈やさしい日本語〉(12:40~14:10/237教室)  ろう児と〈やさしい日本語〉  岡典栄(明晴学園)・安東明珠花(東京大学大学院生)  知的障害者と〈やさしい日本語〉  打浪文子(淑徳大学短期大学部)  ことばのバリアフリーと〈やさしい日本語〉  あべやすし(日本自立生活センター)  司会・ディスカサント   オストハイダ・テーヤ(関西学院大学)  §9.【ブース発表2】やさしい日本語の実践と広がり(14:30~16:00)  ・『にほんごこれだけ!』を用いた日本語支援(222教室)  ・中学生向け日本語教科書(236教室)  志村ゆかり(東京経済大学)・志賀玲子(一橋大学)、宮部真由美(一橋大学非常勤講師)・  樋口万喜子(横浜国立大学非常勤講師)・頼田敦子(横浜市教育委員会日本語教師)・  永田晶子(イーストウェスト日本語学校)  ・ろう児に対する日本語教育関係(237教室)  岡典栄(明晴学園)・安東明珠花(東京大学大学院生)  ・知的障害者向けのわかりやすい情報提供(234教室)  一般社団法人スローコミュニケーション  ・訪日外客とやさしい日本語(235教室) やさしい日本語ツーリズム研究会  §8.【総括対談】〈やさしい日本語〉と多文化共生(16:30~17:30/222教室)  庵功雄(一橋大学)・毛受敏浩(日本国際交流センター)  司会 森篤嗣(京都外国語大学)  【閉会の挨拶】(17:30~/222教室)
2月
18
2:00 PM N3レベルの語彙力を養う授業づくり... @ ウインクあいち 会議室1202
N3レベルの語彙力を養う授業づくり... @ ウインクあいち 会議室1202
2月 18 @ 2:00 PM – 4:00 PM
N3レベルの語彙力を養う授業づくり-『新完全マスター語彙 日本語能力試験N3』を使って-in 名古屋 中級移行期、読解文に現れる多くの未知の語彙に戸惑ったり、学習語彙の数に圧倒され、覚えられなかったりする学習者は少なくないでしょう。初級修了後、効率よく語彙を増やし、定着させるためには、どのような指導、活動が有効なのでしょうか。 『新完全マスター語彙 日本語能力試験N3』は、話題別、性質別に語彙を学び、多様な形式の練習問題を解きながら、N3レベルの力を養うことをめざした問題集です。 セミナーでは、教材のコンセプトや構成、取り上げた語彙について解説し、教材を使った具体的な語彙の指導方法について、指導のポイントとともに、お話します。語彙の定着を図るために必要な練習問題の作り方や、下準備に使えるリソースなどもご紹介する予定です。 本シリーズをお使いの方はもちろん、語彙指導にお悩みの方も、ぜひこの機会にご参加ください。

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る