町立日本語学校の今――北海道東川町の挑戦――(第1回)

町立日本語学校の今――北海道東川町の挑戦――(第1回)


[写真文化首都、写真の町・東川町という文字が掲げられた東川町役場]

東川町を訪れたのは、断続的に雪がちらちらと舞う2月8日。地方の田舎の町が日本語学校を運営するのは、労働力確保か観光誘致のいずれかで、なんとも短絡的な発想ではないかと思っていた。しかし、そうしたうがった見方は数時間であっけなく覆された。

全国各地で公設型あるいは公設民営型の日本語学校が注目を集めている。国際交流によって地域を活性化させたいというのがその理由だ。実際には日本語学校に入学する外国人留学生をアルバイトとして活用し、労働力不足に悩む地元産業を維持していきたいという思惑があるようだ。外国人留学生は日本で勉強をすることを目的に留学生ビザを取得して入国する。その一方で出入国管理及び難民認定法第19条第2項に定められる資格外活動許可申請をすれば、1週間に28時間、1日8時間までの就労が認められる。この制度の枠を超えて労働させるケースも少なくないようだ。いわゆる「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄される所以だ。

しかしながら町をあげて留学生を歓迎し、国際交流と人材育成に本気で取り組み、日本語学校を起点に地域活性化を目指す自治体があった。北海道東川町がそれだ。東川町は旭川市の東に位置し、大雪山国立公園の麓、人口約8,000人の町である。お米と工芸、観光の町として年間100万人以上の観光客が訪れる。開拓90周年の1985年に「写真の町」を宣言し町の活性化に努めてきた。一時は6,000人台にまで落ち込んだ人口も約8,000人まで回復している。北海道では2番目に増加率が高い自治体だ。


[町立日本語学校に掲げられた町の姿勢を示すポスター。自治体ベンチャーと自称する]

この町は面白い。官民一体となって町をよりよくする制度が整っている。老人福祉や子育て支援も手厚い。教育や文化施設も充実している。特区申請による幼保一元化にはいち早く取り組み、ふるさと納税は「ひがしかわ株主制度」という独自の解釈を加えて促進している。町内だけで使えるポイントカードも始まった。人口が8,000人に回復した2014年、「写真の町」から歩を前に進め、「写真文化首都宣言」を行った。町がその次に掲げるのが「世界の人々に開かれた町」である。

東川町はカナダやラトビアの都市と姉妹都市条約を結び、韓国の都市とは文化交流協定を結ぶ。2009年には韓国の中高生46名を受け入れ、東川町短期日本語・日本文化研修事業をスタートさせた。成長著しい近隣諸国と友好をはかり、日本語・日本文化を世界に発信することを通じて国際交流を続けており、2014年までの5年間に約1,000名の短期滞在の日本語学習者を受け入れた。もっともこの事業が具現化したのには偶然も手伝った。町内の専門学校で学んだ留学生が町を好きになり、留学生から町内滞在型の日本語学習で外国人を誘致してはどうかと提案があった。それをすぐに実現すべく、町の担当者が韓国に飛び、話をまとめてきたという。そのスピーディーな対応に町づくりへの姿勢が現れているように感じる。町を好きになった外国人が、次の外国人をつれてくるという好循環も生まれている。


[地域交流センターを併設した東川小学校。児童は700名以上。200メートル以上直線の平屋に開放的な教室が並ぶ]

そして2015年10月、全国初となる公立日本語学校が誕生した。背景にあったのは少子化だ。町の教育機関に通う学生がピーク時から半減し、学生寮の空き部屋が増えた。「学生がいなくなっては町が終わってしまう」という危機感が生まれた。そこで、数が増加してきていた短期留学生に、町に一定期間生活してもらい、しっかりと日本語を学び、日本文化を学んでほしいと、町立日本語学校の設置に向かったのだ。


[ふかふかの雪に覆われる小学校校舎を改装してつくられた東川日本語学校]

充実した町の奨学金制度や寮費の補助、町のスタッフである国際交流員が留学生の相談に乗るなど独自の制度を整え誕生した東川日本語学校。設立目的には、「日本語、日本文化を世界に広め、日本語教育を通して国際貢献を行う」「東川町を世界に向けてPRし、世界に開かれたまちづくりを推進する」「交流人口を増やし、地域および地域経済の活性化を図る」とうたう。それを単なるお題目にするのではなく、実現に向けて努力しているように感じた。

第2回:町立日本語学校が起点となる町の活性化――松岡町長に聞く―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

アバター

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    [url=http://genericavodart.com/]cost of avodart[/url]

  2. アバター

    [url=http://amoxil.us.com/]amoxil[/url] [url=http://amitriptylinegeneric2019.com/]Amitriptyline[/url] [url=http://orderdiflucan.us.com/]Diflucan By Mail[/url]

  3. アバター

    [url=http://genericpaxil.com/]10 mg paxil[/url]

  4. アバター

    [url=http://mobic.us.org/]buy mobic online[/url] [url=http://furosemide40mg.us.org/]check out your url[/url] [url=http://azithromycinonline.us.com/]azithromycin without prescription[/url] [url=http://tadalafil-abc.com/]tadalafil pills[/url]

  5. アバター

    [url=http://genericbenicar.com/]price of benicar[/url]

  6. アバター

    [url=http://levitra911.us.org/]levitra purchase[/url]

  7. アバター

    [url=http://buymetformin.us.org/]buy metformin[/url] [url=http://cialis.us.com/]cheep cealis sublingual[/url] [url=http://acyclovir400mg.us.com/]Acyclovir 400 Mg[/url] [url=http://prozac-abc.com/]prozac[/url] [url=http://valtrex.us.com/]valtrex without a prescription[/url]

  8. アバター

    [url=http://antabuse.us.org/]antabuse prescription[/url]

  9. Thanks in support of sharing such a nice thought, paragraph is nice, thats why i have read it fully

  10. アバター

    Greetings! I’ve been following your website for a long time now
    and finally got the courage to go ahead and give you a
    shout out from Lubbock Tx! Just wanted to tell you keep up the great work!

  11. アバター

    Fantastic goods from you, man. I have understand your stuff previous to and you are just extremely excellent.
    I really like what you’ve acquired here, certainly like what you are stating
    and the way in which you say it. You make it entertaining and you still care for to keep it sensible.

    I can not wait to read much more from you. This is actually a great web site.

  12. Incredible points. Great arguments. Keep up the great effort.

  13. I don’t know if it’s just me or if everybody else encountering
    problems with your site. It looks like some of the written text in your posts are running off the screen. Can someone else please provide feedback and let me know if this is happening to them too?
    This might be a problem with my web browser because
    I’ve had this happen previously. Thank you

  14. アバター

    Do you have a spam issue on this site; I also am a blogger, and I was wanting to know your situation; we have
    developed some nice practices and we are looking to trade strategies with others, please shoot me an email if interested.

  15. Very energetic article, I loved that a lot. Will there be a
    part 2?

  16. Hi there, all is going well here and ofcourse every one is
    sharing facts, that’s genuinely excellent, keep up writing.

  17. アバター

    I’m curious to find out what blog platform you happen to be working
    with? I’m having some minor security problems with my latest blog and I’d like
    to find something more risk-free. Do you have any solutions?

  18. bookmarked!!, I love your site!

  19. I’m not that much of a internet reader to be honest but
    your sites really nice, keep it up! I’ll go ahead and bookmark
    your website to come back in the future. Cheers

  20. Wow, incredible blog layout! How long have you ever been running a blog for?
    you make blogging glance easy. The total look of your website is magnificent, as well as the content!

  21. Нello, i tink thazt i saw you visitеd my blߋg thus i came to “return the favor”.I’m attempting
    to find things too enhɑnce my website!I suppose its ok to use a few of your ideaѕ!!

  22. Wow, this article is good, my younger sister is analyzing these things, therefore I am going to tell her.

  23. Hi, I log on to your blog regularly. Your story-telling
    style is witty, keep doing what you’re doing!

  24. Thanks for finally writing about >町立日本語学校の今――北海道東川町の挑戦――(第1回) | にほんごぷらっと <Loved it!

  25. アバター

    Hi there mates, how is all, and what you want to say concerning this piece of
    writing, in my view its truly awesome in favor of me.

  26. アバター

    First off I want to say wonderful blog! I had a quick question that
    I’d like to ask if you do not mind. I was interested to find out
    how you center yourself and clear your head prior to writing.

    I have had a difficult time clearing my mind in getting my thoughts out there.
    I truly do enjoy writing however it just seems like the
    first 10 to 15 minutes tend to be lost simply just trying
    to figure out how to begin. Any suggestions or hints? Cheers!

  27. アバター

    I’m not sure why but this blog is loading incredibly slow for me.

    Is anyone else having this issue or is it a problem on my end?
    I’ll check back later on and see if the problem still exists.

  28. アバター

    hello there and thank you for your information – I have certainly picked
    up something new from right here. I did however expertise several technical points
    using this web site, as I experienced to reload the website
    many times previous to I could get it to load properly.

    I had been wondering if your hosting is OK? Not that I’m complaining,
    but sluggish loading instances times will very frequently affect your placement in google and could damage your high-quality score if ads
    and marketing with Adwords. Well I’m adding this RSS to my e-mail and could look out for a lot more of
    your respective interesting content. Ensure that
    you update this again soon.

  29. アバター

    Hi would you mind letting me know which web host you’re working
    with? I’ve loaded your blog in 3 completely different web
    browsers and I must say this blog loads a lot faster then most.
    Can you suggest a good hosting provider at a fair
    price? Kudos, I appreciate it!

  30. アバター

    昨晩テレビで外国からの留学生が多いことを知りました。国際交流が出来て、素晴らしいと思います。
    私は山口県に住むものですが、山口出身の詩人「中原中也の詩を覗いてみよう!」http://www.fujiyama-jp.net/wp/?p=1543を持っています。もし、留学生の方が見られれば、何かお役に立つのではないかと思います。どうぞご覧ください。もし、よければ、興味を持っている人に紹介していただければ嬉しいです。
    なお、山登りに興味のある人には、「山を愛した詩人 串田孫一」http://www.fujiyama-jp.net/wp/?p=2128もごあります。どうぞ宜しくお願いします。

  31. アバター
    • 李 文傳
    • 2018年 4月 17日

    東川町が日本語学校を設立し、留学生教育を尽力しています。その上に、奨学金も出しいることを実にすばらしいことです。しかし、ベトナムなどの留学生が、仲介業者を通さないと入学申請ができませんと学校担当者の回答です。
    せっかくの奨学金が全部仲介業者に取られてしまうことは、残念で、何の意味もないと思っております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る