日本語教育研究会で池上彰氏が講演 防災の「やさしい日本語」を紹介


日本語教育研究会で池上彰氏が講演 防災の「やさしい日本語」を紹介

一般社団法人・全国各種学校日本語教育協会など主催の日本語教育研究会が3月14日、東京都荒川区の日暮里サニーホールで開かれた。この催しは「多文化共生社会における日本語教育の役割」がテーマで、ジャーナリストの池上彰氏が「生活の中のにほんご」と題した講演を行った。

元NHK記者でテレビのコメンテーターとして活躍する池上氏は、10の大学に籍をおく教育者でもある。講演、執筆活動も精力的にこなす。池上氏は自らを「日本語教育の専門家ではない」と断りながら、防災に関する「やさしい日本語」の重要性を語った。

池上氏は「大きな災害が起きた時に、日本に来たばかりの外国人にどうやって避難してもらうか。東日本大震災の時に防災無線で『高台に避難してください』と呼び掛けがあったわけです。日本人にはわかるわけですが、これが何のことかわからないという外国人が大勢いたという報告があります。『高いところに逃げてください』という言い方をすれば、子供たちにも理解できる」と話した。

そのうえで、「地震大国」は「地震が多い国」、「断水」は「水道から水が出ません」「水道が使えません」、「避難所」は「安全な場所」に言い換えることを提案。マスコミが使う「被災」、役所の用語の「罹災」については、「外国人には何のことがわからない」と指摘し、「被害に遭った』という言い方ができるのではないか」と述べた。

 

研究会の参加者は多くが日本語学校の関係者だ。日本語学校が外国人留学生に学ばせているのは大学などへの進学のための日本語で、「やさしい日本語」ではない。しかし、4月の改正入管法の施行により、「多文化共生社会」への取り組みが加速され、「やさしい日本語」の〝需要〟が高まりそうだ。

このあと研究会では、法務省入国管理局の根岸功参事官らをパネリストに「入管法改正の趣旨、多文化共生社会の構築と日本語教育の役割」をテーマにシンポジウムが開かれた。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    great issues altogether, you simply won a new reader. What
    may you recommend in regards to your post that you simply made a few
    days in the past? Any positive?

  2. アバター

    Thanks for sharing your thoughts about natalielise. Regards natalielise plenty of fish

  3. What’s up, I would like to subscribe for this blog to get newest updates, so where can i do it please help out.

  4. My spouse and I stumbled over here different website and
    thought I might check things out. I like what I see so now i am
    following you. Look forward to checking out your web page for a second time.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る