「外国人材拡大賛成57%」読売新聞世論調査

「外国人材拡大賛成57%」読売新聞世論調査

読売新聞は5月5日の朝刊で、外国人材に関する全国世論調査の結果掲載した。それによると、外国人材の受入れ拡大に「賛成」が57%で、「反対」の40%を上回った。ただ、外国人が近所に住むことに抵抗を感じる人が53%いた。政府の外国人労働者受け入れ拡大の方針に理解を示す人が過半数を占める一方で、懸念を感じる人も少なくなかった。政府は外国人労働者受け入れ拡大に向け、国民の理解を得るための啓発活動などに力を入れるべきだ。

全国世論調査は1面トップで概要を報じたほか、2ページの特集面で調査結果を詳報し、その分析や識者の見方、外国人の声も掲載した。それによると、身の周りに外国人が多くなったと「感じている」と答えた人は74%で、コンビニや飲食店で働く外国人、外国人観光客の増大などが影響しているという。

外国人と一緒に働くことに抵抗を感じるかの問いには、「感じる」40%、「感じない」が57%だった。外国人が近所に住むことに抵抗を感じるかどうかについては、「感じる」は53%で「感じない」は47%。職場で一緒に働くより、外国人が近所に住むことへの抵抗感が強かった。

外国人と接触する際に、壁になっていると感じたこと(複数回答)は「言葉が通じない」が

69%でトップ。「文化や宗教、価値観が異なる」が48%、「生活習慣が異なる」が45%など。その結果は、日本語教育が優先すべき課題であることを示している。 

欧米で「反移民」を訴える政党や政治家が支持を集めていることに関連して、日本でも「移民」を受け入れた場合、同様の現象が起きると思うかと聞いたところ、76%が「起きると」と答えた。その一方で、定住を前提として日本に移り住む移民の受け入れの賛否では、「

賛成」が51%、「反対」が42%だった。移民受け入れの賛成・反対の理由を自由回答で尋ねたところ、賛成派の間には人手不足の解消への期待、反対派の間では治安の悪化、文化的摩擦、多民族国家になることへの不安などがあった。

また、識者として日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩氏が「優秀な人材の定着策を示せ」と外国人受け入れの促進させる政策を求めているが、毛受氏は著書「限界国家」(朝日新書)で外国人が増加しているにも関わらず、犯罪に関わって検挙された事案が減少傾向にあることを指摘するなど、移民受け入れの「タブー」には根拠がない、または根拠が薄いもことを丁寧に解説している。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
4
2:00 PM 外国語不要!日本語だけで外国人人... @ みんなの会議室 東京駅前3階
外国語不要!日本語だけで外国人人... @ みんなの会議室 東京駅前3階
12月 4 @ 2:00 PM – 4:30 PM
少子高齢化の影響で、どこもかしこも人手不足です。その結果、外国人人材を採用する会社も増えています。そうした企業で必ず問題になるのが、外国人人材の定着、育成です。 今回は大手広告会社電通とともに「やさしい日本語」の普及を行い、一般企業や地方自治体への普及活動を行っている株式会社エルロン・石川社長をお招きして企業様向けに今回は『外国語不要!日本語だけで外国人人材が育つ方法』というセミナーを開催することになりました。 石川社長のご好意で参加費は無料となっております。 ぜひ、関心のある方はご参加ください。
12月
8
2:00 PM 日本語を陰陽から紐解く大和言葉の... @ 地域交流センター恵比寿
日本語を陰陽から紐解く大和言葉の... @ 地域交流センター恵比寿
12月 8 @ 2:00 PM – 5:00 PM
面白くてわかりやすい、暮らしと人生にすぐに活かせる東洋医学と哲学の智慧を日本語(大和言葉)から考え学ぶ講座です。 マクロビオティックの理論の根底とも深くつながる、東洋哲学の考え方。 これからの令和の新しい時代をサバイバルするためには、健康な身体はもちろん大切ですが、しなやかな思考力を身につけ、知性と感性を磨いていく事が重要だと思いませんか? 森羅万象を司る陰陽のリズム、季節や暦といった自然の営み、日本語の持つ不思議な力、善悪二元論を脱した考え方・・・ 深いタオイズムの世界をわかりやすく面白く学べる講座です。 自然のしくみに学ぶ養生法、食育、自然農、発酵、ホリスティック医療などに興味のある方もお気軽にお越しください。 東洋では「つながり 広がり 関係性」を大切にして健康を考えていきますが、日本にも古来から伝わる『和の養生法』があります。 和の養生の考え方の土台となった言葉 日本語(大和言葉)がどれほど考えられ、 その言葉に意味や力があるのかご存知ですか? からだと心 人と環境 いのちと食 東洋哲学では全体の調和をとれるバランスを大切にしていきます。 そんな東洋の感性を身につけ、本当の健康と幸せな人生を手に入れたいあなたの為に・・ 特別講師は、昨年環境大臣賞を受賞さた波多野先生(TAOさん)。 TAO塾HPはこちら→ https://taojuku.jimdo.com このセミナーは、人生のヒントがたくさんつまった、東洋医学・東洋哲学の本当の面白さと智慧が手に取るようにわかる内容になっております。 誰もが引き込まれる波多野先生の話術で、楽しく深い東洋思想ワールドに誘います♪ そして、創業96年目の漢方相談薬局、マツオ十字堂の四代目、松尾賢先生から、言葉から意識を変えるコツを教えて頂きます❗️ 今回は、どこでも聞けない東洋哲学的な視点から日本語(大和言葉)を深く学び健康な身体を保つ養生法につながるセミナーになっております。 笑いながら、今まで気づかなかった自分の中にある、自然治癒力に必要な「なにか」を見つけられる貴重な時間になると思います。 マツオ十字堂薬局の健康教室、ホリスティック心を育む会主催 「日本語を陰陽から紐解く大和言葉の魅力」 ~コトバの秘密から考える東洋哲学的養生~ 「言葉から意識を変える波動セミナー」 の二本立てで開催します! 是非ご来場をお持ちしております(*^^*)
ページ上部へ戻る