日本語支援など1万人——外国籍児童ら 全国の学校で 毎日新聞が報道

日本語支援など1万人——外国籍児童ら 全国の学校で 毎日新聞が報道

毎日新聞が5月5日の朝刊の1面トップで「日本語支援なし1万人——外国籍児ら 全国の学校で」の見出しの記事を掲載、これを受けて社会面では「外国籍児支援届かず――進む多国籍化 指導者不足」と報じた。外国人労働者の受け入れ拡大で外国籍の児童生徒が今後も増えることが予想されるが、その対策が不十分であることが浮き彫りとなった。

文部科学省の2016年の調査では、日本語教育が必要な児童生徒は全国の8396校に4万3947人いる。2年前の調査に比べて3684人増えた。毎日新聞の文科省への情報公開請求では、こうした外国籍の児童生徒が全都道府県にいることが判明した。また、無支援状態の児童生徒が、外国人の集住する一部の都市だけでなく全国に広がっていることもわかった。

日本語教育が必要な児童生徒のうち、3万3547人は特別に配置された教員(加配教員)や非常勤教員、ボランティアから指導を受けていたが、24%にあたる1万400人は無支援の状態だった。加配教員が不足していることが大きな原因とみられる。また、1校あたり外国籍児らが「5人未満」の学校が7割以上もあり、対策が追いついていないのが現状だ。離島を抱える地域や、広い地域に対象の児童らが散在しているケースなどでは、コスト面からも簡単に支援ができないという。

こうした外国籍児らの日本語支援に関して、ネットでは賛否の声が混在する。「ニューヨーク近郊で移民が多いような地域では現地校で(無料の英語教育の)ESLプログラムなどで子供たちが英語のレッスンを受ける機会があります。教育の人件費などは税金が原資です」と米国の言語教育を紹介する声があった。

また「日本語少なくとも現状維持、できれば発展していくには外国人労働者は絶対に必要であり、彼らにむしろ選んでもらえるように国になる必要がある。そのための教育システムは日本語今後備えるべき急務の課題なのだ」という意見もあった。

これに対し「これ以上『日本国民』に負担を強いることは止めさせてほしい」「日本語ができないのであれば、どうぞ母国にお帰り下さい」「外国籍なら自費で語学学校に通わせればいいのではないか」など、支援に否定的な意見も少なくなかった。政府は外国人労働者の受け入れ拡大を決断した以上、国民のコンセンサスを得るための努力も行うべきだろう。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
20
10:30 AM 日本語サロン研修会@名古屋 第1... @ 名古屋YMCA 日本語学院
日本語サロン研修会@名古屋 第1... @ 名古屋YMCA 日本語学院
7月 20 @ 10:30 AM – 12:00 PM
日本語サロン研修会@名古屋 第1部 テーマを中心とした言語活動・学習活動で日本語を教える~表現活動中心の日本語教育~ [日時] 日時:2019年7月20日(土) 10:30~12:00 (受付開始10:00) 場所:名古屋YMCA 日本語学院 (名古屋市西区花の木1-1-18) <アクセス> [定員] 定員:30 名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対象] 日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤、地域学習支援者) 、語学教師 [参加費] 無料 ※要予約 [講師] 西口光一先生(大阪大学国際交流センター教授) [内容] 言語教育の目的は、目標言語で有効に言語活動に従事できる言語ユーザーを育てることです。 そのような目的を果たすために、これまでの日本語教育では、言語事項を中心に据えてそこからコミュニケーションや言語活動に拡げていくという形で教育が実践されてきました。 それに対し、表現活動中心の日本語教育では、テーマをめぐる言語活動を中心に据えて、言語技量を育成する活動を展開しながら、言語事項も体系的で系統的に習得させるというストラテジーを採ります。 NEJとNIJはそのような教育実践をサポートする教材です。NEJに基づく実際の授業の流れも実演します。
7月
23
7:00 PM 2019年度AJALT公開講座 さだまさし... @ 中野区立 なかのZERO 小ホール
2019年度AJALT公開講座 さだまさし... @ 中野区立 なかのZERO 小ホール
7月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
2019年度AJALT公開講座 さだまさしが奏で、語る 日本語応援宣言 講師: さだまさし(シンガー・ソングライター、小説家) 日時: 2019年7月23日(火)19:00~20:30(開場18:00) 会場: 中野区立 なかのZERO 小ホール 東京都中野区中野2-9-7 https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/219000/d002863.html 定員: 500名(要申込・先着順) 料金: 前売り2,000円(当日:2,500円)※税込 主催: 公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT) 後援: 一般財団法人 自治体国際化協会(CLAIR/クレア) 公益社団法人 日本語教育学会    〔50音順〕 詳細はAJALTホームページよりご覧いただけます。 http://www.ajalt.org/teach/seminar/ ★お申込みはこちらから(5月30日販売開始) https://www.ticketpay.jp/booking/?auto_key=5ygwA1JVwyvtX1pDWfXI4qjp9DwIyx 多くの方々にお越しいただきたいと願っております。勝手なお願いで甚だ恐縮でございますが、 お知り合いの皆さまにもお知らせいただければ幸いに存じます。 ご参加を心よりお待ち申し上げております。 公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT)
7月
28
1:00 PM 日本語教師のための就職・転職イベ... @ 東京建物梅田ビル 地下2F
日本語教師のための就職・転職イベ... @ 東京建物梅田ビル 地下2F
7月 28 @ 1:00 PM – 5:00 PM
東京・大阪  約50ブース! 関東・関西・海外の特色のある様々な機関の担当者様と直接お話いただけるイベントです。 日本語教師を目指す方のための虎の巻講座など、セミナーも開催いたします。
8月
2
全日 日本語学校教育研究大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
日本語学校教育研究大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
8月 2 – 8月 5 全日
一般財団法人日本語教育振興協会維持会員機関に勤務する教職員等を対象として、日本語学 校教育のより一層の充実並びに日本語教育機関としての社会的地位の確立を目指し、各機関で 展開されている豊かな教育実践を機関を超えて共有することを通して教職員の資質の向上を 図ります。
ページ上部へ戻る