やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その2 AI翻訳がAEDになる日

やさしい日本語とAI翻訳が出会う時   その2 AI翻訳がAEDになる日

多言語音声翻訳(以下「AI翻訳」)と「やさしい日本語」について、それぞれ違った視点から「万能論」を語る人がいる。

AI翻訳では「これがあれば英語を勉強する必要がなくなる」という話がある。英語に絞れば、必要な時だけ英語を使う、ということなら将来実現するかもしれない。しかし相手と仲良くなりたい、長い付き合いをしたいと思うなら、ツールを介したコミュニケーションでは困難であり、お互いが直接話し合える共通言語が必要になる。一橋大学庵功雄教授は「『 地域における共通言語』の役割を果たせるのは、『英語』ではなく、また『日常の日本語』でもなく、『やさしい日本語』だけである」と述べている。

一方、「やさしい日本語」も、自治体関係者の間などでは「『やさしい日本語』を導入していれば多言語対応をしていることになる」という人がいる。予算や人材不足の言い訳に、「やさしい日本語」がアリバイとして使われているという感も否めない。「やさしい日本語」は多文化共生社会の基盤となるものとして、外国人への日本語教育と併せて推進していくべきものだが、命や人権・財産に関わる場面では、相手の母語を保障してやりとりしなければならない。

「やさしい日本語」はツーリズムや災害発生時などに幅広く活用されることはあるものの、医療や法律相談などの際には、専門の通訳が不可欠である。

このように、AI翻訳と「やさしい日本語」は万能というわけではない。しかし、この2つがお互い補完し合えば網羅性がさらに拡大する。その架け橋となるものが「やさしい日本語」の考え方を応用したAI翻訳活用である。その考えを2019年に総務省が政策に取り入れた

私は、AI翻訳はあくまで必要なときに効果的に使うものであると考えている。そのためには、日本人が必要な時にAI翻訳というツールの存在を思い出し、あらかじめ正しい使い方を習得しておく必要がある。

この視点から考えると、AI翻訳はAEDと似ていると言えよう。

AEDの正式名称は「自動体外式除細動器」だが、「心停止した人に緊急対応する装置」として認知し、多くの人が集まる場所を中心に設置されている。AEDは治療するものではなく、あくまで緊急対応のツールであり、鼓動が復活すれば救急治療も可能となる。各地の消防訓練などでその使い方講習が行われている。

AI翻訳も、緊急対応の視点から注目すべきだろう。その認知を広げ、緊急時にこそ誰でも使えるツールとして多くの人にインストールしてもらっておく。試用機会を提供し、AI翻訳の特性と使用方法を理解した上で実際の使用場面で落ち着いて使用できるようにする。AI翻訳とAEDはその社会的な意義から普及・活用に至る方法論まで極めて似ており、今後のAI翻訳の普及を目指す上で参考になるだろう。

現在私は小平市での「やさしい日本語X多言語音声翻訳」の実践協力をきっかけに、おもてなしにおけるVoiceTraの活用について、各地で講演を依頼されている。VoiceTraの素晴らしいところは、入力した言葉の翻訳結果を再度日本語に翻訳して提示することで、使用者が翻訳結果を評価できる点にある。

私は講演でやさしい日本語やVoiceTraの万能論を説くのではなく、VoiceTraを使ってあらかじめ言葉を調整するトレーニングをすれば、結果的に「やさしい日本語」の話し方も上達する、ということを伝えることにしている。このような講演が消防訓練におけるAED試用体験のような日々見られるような光景となり、将来、やさしい日本語とAI翻訳がAEDと同じぐらい普及する日が来るのを夢見ている。

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター
    • TugCluct
    • 2020年 2月 13日

    generic cialis cost canadian viagra cialis cheap viagra generic pills

  2. アバター
    • RobertTug
    • 2020年 2月 09日

    herbal viagra sale uk buy viagra hawaii cheapest pharmacy cialis

  3. アバター

    Have you ever considered about including a little bit more than just your articles?
    I mean, what you say is important and everything. But think about if you added some great images or video clips to give your posts more, “pop”!
    Your content is excellent but with pics and clips, this website could undeniably be one of the best in its niche.
    Good blog!

  4. My brother suggested I might like this blog. He was entirely right.

    This post actually made my day. You can not imagine simply how much
    time I had spent for this info! Thanks!

  5. I do accept as true with all the ideas you have introduced on your post.
    They are very convincing and can certainly work. Still, the posts are very quick for beginners.

    May just you please extend them a bit from next time? Thank
    you for the post.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

2月
22
9:30 AM 公開国際研究集会 多文化化するコ... @ 東京工業大学キャンパスイノベーション センター 多目的室2
公開国際研究集会 多文化化するコ... @ 東京工業大学キャンパスイノベーション センター 多目的室2
2月 22 @ 9:30 AM – 4:40 PM
日本では、外国人人材の受入れがさまざまな分野で急激に進んでいますが、外国人が生活をするコミュニティでは、どのような変化が起こり、どのような対応が求められるのでしょうか。今回の研究会では、「多文化化するコミュニティの再構築に関わる人々」について考えます。研究会の第1部(午前)は、コミュニティで求められる「声を相手に届ける力」についてワークショップを行います。第2部(午後)は、ドイツ、日本のコミュニティにおける外国人受入事例の報告とディスカッションを行います。この2つを通じて、コミュニティ再構築とその人材の力について、皆さまと一緒に考えていきます。ご参加をお待ちしております。 プログラム 【第1部】9:30-11:30 ワークショップ 「声を生み出す力を考える―コミュニティでコミュニケーション」 講師:多田慶子(女優) 【第2部】12:30-16:40 報告・ ディスカッション 「多文化化するコミュニティの再構築―新たなまちを作る人々」 <前半:報告> 難民を受け入れたコミュニティ作り  Dominik M.W.HAUBRICH(ドイツ・interkular gGmbH)※ドイツ語→日本語逐次通訳あり 地域のダイバーシティを高める     田村太郎(ダイバーシティ研究所) <後半:ディスカッション> 「新たなコミュニティを作る人々」 田村太郎(ダイバーシティ研究所) 春原憲一郎(京都日本語学校) コメンテーター Dominik M.W.HAUBRICH(ドイツ・interkular gGmbH)
1:00 PM 外国人留学生のインターンシップに... @ 神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218
外国人留学生のインターンシップに... @ 神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218
2月 22 @ 1:00 PM – 5:00 PM
2019年度研究会 第28回(2020年2月)研究会 日本で就職する外国人外国人留学生のインターンシップについて考える ■日時:2020年2月22日(土)13:00~17:00 ■場所:神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218 ■プログラム 13:00~13:20 趣旨説明 奥田純子(ビジネス日本語研究会代表幹事・コミュニカ学院) 13:20~15:10 インターンシップ事例紹介 テーマ:神戸学院大学における留学生インターンシップ パネルセッション: テーマ:外国人留学生のインターンシップについて考える 司会:栗原由加(ビジネス日本語研究会幹事・神戸学院大学) <参加企業> ※パネルセッションの参加企業については、後日研究会ホームページにてお知らせいたします。 15:30~16:45 ポスター発表 16:45~17:00 まとめ、諸報告 ■ポスター発表応募要領 ●テーマ:外国人材の活用と教育 ●応募要領: ・応募資格:会員を中心として発表を募りますが、これを機にご入会くださる方も大歓迎です。 また、実践報告や大学院生の萌芽的研究も歓迎します。 ・発表形態はポスター発表(A1)です。 ・発表を希望する方は,発表タイトルと概要(800字程度,書式自由)を2020年1月24日(金)までに事務局宛にE-mailにてお送りください。 (E-mail:businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 *応募を確認し次第、受付確認メールをお送りします。応募後、受け付け確認メ ールが届かない場合は、問い合わせメールにご連絡をいただけますよう、お願 いします。 *メール送信の際は、件名を「28回発表応募」としてください。 ・原則として発表ご希望の方には全員発表していただく予定ですが、本研究会の 趣旨と異なる場合には幹事会で判断の上ご遠慮頂くこともあります。 ■参加費 会員無料、非会員1,000円(発表者には別途応募料はかかりません) ■参加申込み →会員用申し込みはこちら →非会員用申し込みはこちら ■会費のお振込み 入会希望の方は今年度の年会費2,000円をお振込みください。その場合、研究会参加費は無料となります。 ・会費や入会に関する問い合わせ ビジネス日本語研究会事務局 村上佳恵 (businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 多くの皆様ご参加をお待ちしております。(この情報は拡散歓迎です。) ■お問い合わせ ビジネス日本語研究会 担当:村上佳恵
1:00 PM 第28回ビジネス日本語研究会 @ 神戸学院大学ポートアイランド第1キャンパス D218
第28回ビジネス日本語研究会 @ 神戸学院大学ポートアイランド第1キャンパス D218
2月 22 @ 1:00 PM – 5:00 PM
■プログラム 13:00~13:20 趣旨説明 奥田純子(ビジネス日本語研究会代表幹事・コミュニカ学院) 13:20~15:10 インターンシップ事例紹介 テーマ:神戸学院大学における留学生インターンシップ パネルセッション: テーマ:外国人留学生のインターンシップについて考える 司会:栗原由加(ビジネス日本語研究会幹事・神戸学院大学) <参加企業> ※パネルセッションの参加企業については、後日研究会ホームページにてお知らせいたします。 15:30~16:45 ポスター発表 16:45~17:00 まとめ、諸報告 ■ポスター発表応募要領 ●テーマ:外国人材の活用と教育 ●応募要領: ・応募資格:会員を中心として発表を募りますが、これを機にご入会くださる方も大歓迎です。 また、実践報告や大学院生の萌芽的研究も歓迎します。 ・発表形態はポスター発表(A1)です。 ・発表を希望する方は,発表タイトルと概要(800字程度,書式自由)を2020年1月24日(金)までに事務局宛にE-mailにてお送りください。 (E-mail:businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 *応募を確認し次第、受付確認メールをお送りします。応募後、受け付け確認メ ールが届かない場合は、問い合わせメールにご連絡をいただけますよう、お願 いします。 *メール送信の際は、件名を「28回発表応募」としてください。 ・原則として発表ご希望の方には全員発表していただく予定ですが、本研究会の 趣旨と異なる場合には幹事会で判断の上ご遠慮頂くこともあります。 ■参加費 会員無料、非会員1,000円(発表者には別途応募料はかかりません) ■参加申込み →会員用申し込みはこちら →非会員用申し込みはこちら ■会費のお振込み 入会希望の方は今年度の年会費2,000円をお振込みください。その場合、研究会参加費は無料となります。 ・会費や入会に関する問い合わせ ビジネス日本語研究会事務局 村上佳恵 (businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 多くの皆様ご参加をお待ちしております。(この情報は拡散歓迎です。)■お問い合わせ ビジネス日本語研究会 担当:村上佳恵
2月
29
1:00 PM プライベートレッスンってどうやる... @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲
プライベートレッスンってどうやる... @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲
2月 29 @ 1:00 PM – 3:30 PM
プライベートレッスンってどうやるの? 日本語教師のための プライベートレッスン勉強会 @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲 | 中央区 | 東京都 | 日本
  プライベートレッスンってどうやるの? 〜日本語教師のための プライベートレッスン勉強会〜 【主催】日本語教師のための実践勉強会 【対象】日本語教育関係者 (現役日本語教師・有資格者・大学生・大学院生・日本語教師養成講座受講生)など 【日時】2020年2月29日(土) 13:00〜15:30(12時45分~ 開場・受付開始) 【会場】<貸会議室ビズモア東京駅八重洲> 東京都中央区京橋1丁目6-5 【アクセス】JR山手線 東京駅 徒歩4分 【参加費】3,500円  ・ ペア割(2人):3,000円 【懇親会参加費】1,000円 【定員】16名(定員になり次第終了、受付終了) 【お支払い方法】※受付にてこくちーずお申し込み完了メールをご提示ください。 ※会費は当日会場でお支払いください。お釣りのなきようご協力願います。 こんな日本語教師の方、いませんか。 「これからプライベートレッスンを始めたいが、何をすればいいかわからない」 「プライベートレッスンを始める前にすることが知りたい」 「プライベートレッスンをしているけれど、教え方に悩んでいる」 「学校などのクラスレッスンと何が違うか知りたい」 「プライベートレッスンが長く続かない」 「他の方がどのようにプライベートレッスンをしているのか知りたい」 「プライベートレッスンでのレッスンプランがうまくできない」 など、プライベートレッスンについてシェアしたいというご要望が多数寄せられていました。 そこで今回は、こうしたご要望にお応えすべく、プライベートレッスンを始めたい方・プライベートレッスンをしている方の勉強会を行います。 ワークショップでは実際に                      プライベートレッスンを考えていただこうと思います。 今回は参加者同士の意見交換会も行いますので、日頃のお悩みを思う存分お話しください。皆さんでシェアしましょう。 *勉強会後に別会場にて懇親会を行います。
ページ上部へ戻る