【隣人との共生-現状と課題】(下) 生活習慣の違い…トラブルに 日本語教育支援や自治会役員選出で対応(サンケイニュース2020年2月12日)

【隣人との共生-現状と課題】(下) 生活習慣の違い…トラブルに 日本語教育支援や自治会役員選出で対応(サンケイニュース2020年2月12日)

外国人住民が増えている埼玉県川口市と蕨市。日本人住民とのトラブルは生活習慣の違いに起因しているという。特に問題なのはゴミ出し。分別ゴミの種類、曜日、時間などのルールを理解していない外国人が少なくない。多言語のガイドブックを配布するなどの両市の「共生」に向けた取り組みは先進事例だという。

https://www.sankei.com/region/news/200212/rgn2002120014-n1.html

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. I was suggested this blog by means of my cousin. I am not certain whether or not this publish is written by way of
    him as nobody else understand such targeted about my
    problem. You’re wonderful! Thank you!

  2. Simply wish to say your article is as amazing.
    The clearness to your submit is just nice and i could think
    you’re knowledgeable in this subject. Fine together with your permission let me to grasp
    your RSS feed to stay updated with forthcoming post. Thank you 1,000,000 and please continue the rewarding work.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
4
2:00 PM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 4 @ 2:00 PM – 3:30 PM
[日 時] 2021年12月4日(土)14:00~15:30 (オープン 13:40) [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語・英語教師、大学院生、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/3)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 細川 英雄 先生(言語文化教育研究所八ケ岳アカデメイア主宰) [内 容] 自分のことばをつくることは、あなた自身のテーマを持つことからはじまります。 自分のテーマを持つとは、ことばの活動を通して、この社会の一構成員であること、 つまり自分が社会的行為主体であることを自覚することです。 この社会で、決められたことを決められたように教えたり教えられたりする、 歯車の一つとして生きるのではなく、人として生きるとは何か。 すべては、あなたにしか語れない人生の経験を自分のことばで語ることから始まります。 ※当日はブレイクアウトセッションを開催予定です。 ※セミナー終了後、30分程度(16時まで)フリーディスカッション開催予定です。   [主 催] 凡人社 [お問い合わせ・申し込み先] E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)  
12月
11
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 10:00 AM – 11:30 AM
[日 時] 2021年12月11日(土)10:00~11:30 (オープン 9:40) [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/10)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 仲山 淳子 先生(フリーランス日本語教師・日本語教師養成講座講師) [内 容] 中上級の学習者の中には初級の間違いが定着してしまったり、 新しい文法や表現を学んだがゆえにうまく整理できず混乱を起こしたりしている人が見受けられます。 するとせっかく日本語で話しているのに相手に伝わらず、自信をなくすということもあるようです。 『日本語文法ブラッシュアップトレーニング』(アルク発行)では、 そんな学習者にありがちな間違いを集めました。 まず何が間違っているのかを自分で考えます。 そして正しい表現を学ぶだけでなく、なぜ間違っているのか、 また間違えると相手にどう受け取られるのかも紹介します。 さらにポイントとなっている文法を整理し、練習を重ねれば、自信を持って言いたいことを表現できるようになるはずです。 今回のセミナーでは、この本のコンセプトと使い方についてご紹介します。
12月
17
1:00 PM 【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
12月 17 @ 1:00 PM – 2:00 PM
【概要】 日本で働く外国人材が増加してきており、今後も少子高齢化による産業担い手の不足により、日本で働く外国人材は増加の一途をたどります。外国人材が日本社会で定着・活躍するために、ほぼ例外なくまとまった時間の日本語学習が必要ですが、私たちの母語でもあり、職場の共通言語である”日本語”について、実はよく分かっていないという経営者や管理者が多いのが実情です。外国人材がどのように日本語を学び、どんな課題を感じているのかを知ることが、言語の壁を正しく乗り越え、強く信頼関係のある職場作りのヒントになると思います。本セミナーでは日本語教育のプロが、外国人材のエンゲージメントを高めるための”伝わる日本語の使い方”を解説します。 【開催日時】 2021/12/17(金) 13:00~14:00 【対象者】 ・外国人材を採用している企業の人事担当者 ・外国人材をメンバー・同僚に持つ組織管理者、ビジネスパーソン ・ダイバーシティ推進、インクルージョン推進などに興味をお持ちの方 【お申込み期限】 2021年12月15日(水) 【お申込み先】 https://abitus.biz/event/event-211217/#seminar_form

注目の記事

  1. 高校でも日本語指導の制度化求める提言 文科省の有識者会議(1NHK NEWS WEB2021年9月2…
  2. 日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ 「日本語学校」…
  3. 頑張れ!日本語議連 河村会長は衆院選への出馬辞退、政界引退へ 衆議院が10月14日に解散された…

Facebook

ページ上部へ戻る