「にほんごぷらっと」が【「日本語教育の推進に関する基本方針」(案)への意見】を提出

「にほんごぷらっと」が【「日本語教育の推進に関する基本方針」(案)への意見】を提出

政府は【「日本語教育の推進に関する基本方針」(案)への意見】(パブリックコメント)を募集しています。これに対し、日本語教育情報プラットフォーム(にほんごぷらっと)=代表・石原 進=として、2点の意見を提出しました。以下、提出した意見を掲載します。締切りは4月24日ですが、政府に提出したパブコメを「にほんごぷらっと」に送付いただければ、締め切り後であっても掲載させていただきます

送付先は、http://www.nihongoplat.org/kiko/をご覧ください。

パブコメが基本方針案の中にどの程度、採用されるかどうか。それは政府側に判断に委ねるしかありません。しかし、日本語教育をより良き方向に推進するためには、様々な立場から多様な意見を出し合い、議論を深めることが必要だと考えます。

【意見その1】

◆基本方針案の《はじめに》に関して

[意見を述べる理由]

新型コロナウイスの感染が地球規模で拡大している中で、国境を越えた人の移動、日本国内でのイベント、会議等が厳しく規制されています。こうした中で「基本方針案」にも想定外の取り組みを盛り込むことが求められています。すでに出入国在留管理庁は、日本語教育機関に対し「オンライン授業を教育課程の一部とみなすこと」を容認し、通達しています。現実に、「教室内の日本語の授業」が行えず、日本語教育機関はオンラインを通じて授業を実施しています。こうした現状を踏まえ、基本方針の中で「オンラインによる日本語教育の検討」を盛り込む必要があると考えます。その場合、日本語教育機関の日本語教育のみならず、学校教育、就労、生活の場での日本語教育においても、オンラインによる教育の必要度が増すことは、「時代の要請」となることが想定されます。

[《基本方針のはじめへ》への意見]

以上のような認識のもと、少なくとも基本方針の趣旨を包括する「はじめに」の中に「オンラインによる日本語教育の普及を検討する」等の文言を付加することを提案します。第2章の「日本語教育の推進に関する事項」にも盛り込む必要があると思いますが、とりあえず「はじめに」への提案とさせていただきます。

【意見その2】

◆第2章 日本語教育の推進の内容に関する事項

1 日本語教育の機会の拡充

  • 国内における日本語教育の機会の拡充

ウ 外国人等である被用者等に対する日本語教育に対する意見について

[意見を述べる理由]

2018年12月の入管法改正の大きな目的は、労働力の不足に対応するための外国人材の受け入れの拡大です。そのために新たな在留資格「特定技能」が創設されました。だとするならば、外国人材を雇用する企業の果たすべき責任は大きい。日本語教育推進法には第6条に「事業者主の責務」が書かれ、基本方針案にも「職務に関連した日本語及び専門分野に関する日本語や生活に必要な日本語を学習する機会の提供等の措置を講じる」と記しています。外国人を雇用する側が「受益者」である以上、日本語教育に対する責務を負うのは当です。しかし、技能実習生を受け入れて企業がボランティアの日本語教室に実習生を送り込むケースが散見されます。自らコストを負担することもなく、自治体やボランティアに「丸投げ」しているわけです。教材やコピー代の負担増に悲鳴を上げているボランティアが増えています。日本語教育推進関係者会議に経団連と日本商工会議所の担当者が呼ばれ、ヒアリングが行われましたが、当事者意識の希薄さに驚きを禁じ得ませんでした。また、新型コロナウイルスの感染拡大で企業が外国人従業員の切り捨ても始まっています。そうした中にあっても、政府が「共生社会の構築」の旗を振る以上、共生社会の重要な構成員である企業の「日本語教育に関する社会的責任」も大きいと考えます。

[第2章1-(1)―ウに対する意見]

ウの「具体的施行例」には「地域における日本語教育及び先進的取り組みを支援する」や「職務に関連した専門的な日本語の習得を実施する場合の支援を行う」――などとあります。地域のおける日本語教育に対しても「より積極的な支援」が必要です。また「専門的な日本語の習得」は事業の業績の向上に必要なものであり、主体的に関わるべき課題であると思われます。事業者の「責務」をより明確にすべく表現を検討するよう意見をのべさせていただきます。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
6
7:00 PM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 7 @ 8:00 AM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
7月
23
11:00 AM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 23 @ 11:00 AM – 12:00 PM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
ページ上部へ戻る