日本語議連の第12回総会 コロナ禍の中で日本語学校の在り方を模索

日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)の第12回総会が6月30日午後、衆院第二議員会館で開かれた。日本語議連の議員提案によって制定された日本語教育推進法に基づく「基本方針」がこのほど閣議決定され、今後は同法の附則を受けて基本方針にも盛り込まれた日本語学校の在り方の法制化などが大きな課題となる。

この日の総会の議題は、①日本語教育推進の基本方針②日本語教師の資格の在り方③日本語学校のコロナ対策の現状――3点。基本方針では、向う5年間に政府が取り組むべきプログラムや方向性が示された。日本語教師の資格については、文化審議会国語分科会が先に「公認日本語教師の資格」の創設を打ち出している。一方、コロナウイルスの感染拡大で留学生の入国や「留学」の在留資格の付与などが滞っている。

この日は基本方針と日本語教師の資格について、文化庁国語課などが説明。コロナ対策の現状に関しては、日本語学校の業界団体からその窮状について説明があった。いずれも日本語学校の将来を左右する重要な課題だ。

留学生の急増とともに、新設される日本語学校も増えているが、課題となっているのは教育の質の向上や日本語教師の育成、確保だ。「公認日本語教師の資格」の創設は、教師の待遇改善なども視野に入れており、今後はその法制化が課題となる。また、日本語学校の監督官庁をどうするかも、今後の需要な課題だ。入管庁は留学の在留資格の交付などを担務とするが、日本語教育には関与する権限はない。こうした制度的な不備もあって、就労目的の留学生を受け入れ、メディアの批判を浴びるケースが一部日本語学校だけでなく専門学校、大学にもある。こうしたころから、日本語学校の在り方の法制化も検討されることになる。

総会では出席議員から各種課題に関する質問が相次いだ。公認日本語教師の資格要件に関して「学資以上の学位」が盛り込まれていること対して「厳しすぎるのではないか」との指摘があった。日本語学校の監督官庁については、在留資格の付与に関しては入管庁が責任を持っているが、日本語教育の分野については、はっきりしていないため「役所がたらい回しにしている」との声もあった。

日本語教師または日本語学校の在り方を今後検討していくうえで、大前提となるのは留学生のための日本語教育の質をどう高めていくのか、ということだろう。それぞれの課題は密接不可分であり、相互に精緻な議論の積み重ねが必要になりそうだ。また、日本語学校の業界団体は日本語議連が発足した2016年秋には4団体だったが、その後は6団体に増えている。法人格を持つ専門学校に併設された日本語学校や各種学校、株式会社立や個人立など設置形態も様々だ。業界内で一定のコンセンサス作りも大きな課題の1つだ。日本語教育推進法の制定や基本方針の閣議決定などで議論の土俵はできたが、これから新たな制度や枠組みを作るには、政治、行政、業界が一体になった取り組みが求められる。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. christian counseling degrees online [url=https://newsput.wordpress.com]latest news on costa concordia[/url] cheap tv services

  2. family court olympia wa [url=https://clintt5.wordpress.com]hotels in kowloon[/url] twin boro physical therapy

  3. best online mortgage broker [url=https://wmcredit.fo.team]post university online reviews[/url] utah jeep dealers

  4. fiat limited edition [url=https://rush-ultra-strong.blogspot.com]https://rush-ultra-strong.blogspot.com[/url] martha stewart conviction

  5. air conditioner repair raleigh nc [url=http://chernigov.info/member.php?u=658418]crime policy[/url] diamond wholesale houston

  6. видео уроки танца под хип хопа. Моментальный займ webmoney [url=https://wm-lend.ru]https://wm-lend.ru[/url]. скрытые видео камеры в томске

  7. kamagra http://alevitrasp.com

  8. college essay writing
    [url=”https://student-essay.com/?”]writes essay for you[/url]
    on writing the college application essay

  9. best gay dating sites in europe
    gay submissive sex dating
    [url=”http://dating-gaym.com/?”]gay bears dating sites[/url]

  10. gay phone dating services
    disco gay dating site reviews
    [url=”http://gaychatgay.com?”]gay otter dating[/url]

  11. tinder app , how to use tinder https://tinderdatingsiteus.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
12月
10
1:00 PM 日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
12月 10 2022 @ 1:00 PM – 1月 14 2023 @ 5:00 PM
外国人への「日本語の教え方」を初めて学ぶ方に適した講座です。 <養成講座開催日時> 2022年12月10日/12月17日/2023年1月7日/1月14日(土)午後1時~5時 全4日間 <講 師> 木戸恵子先生(獨協大学非常勤講師)  <会 場> 本多公民館(国分寺市) <受講対象者> 国分寺市及び近郊都市に在住・在勤の方 <定 員>   30名 (定員に達した後は、キャンセル待ちとなります) <受講料>   4,000円 ※受講料は、後日(11月中旬)、申込者に順次お送りする「受講ガイド」に従ってお振込みください。 <ご確認ください> 今日の感染状況を鑑み、「オンライン開催」に変更される可能性があることをご了承ください。変更の際は、決定次第、ご連絡させていただきます。  ★講座に関する詳細、および Q&Aはこちらをご覧ください。  https://www.1991kia.jp/nihongo-shien-kouza2022/
12月
11
1:00 PM 現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM
【内容】 日本における在留外国人が年々増加している中、企業の外国人雇用や教育現場の日本語を習得できていない外国人留学生、外国につながる児童生徒との円滑なコミュニケーションや学習面での課題が問題となっています。 日本語教育とフォントの関係性についてUDフォントが有効であるという傾向が見えてきた中、今回のセミナーでは、現場の先生方と共に外国人留学生や生活者としての外国人の日本語教育の現状と対策、これからの課題を、実証試験の内容も踏まえながら「UDフォント」や「やさしい日本語」から始める日本語教育の支援について考えます。 ▼イベントの詳細・申込はこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2022-11-21/ngpt7 【概要】 日時:12月11日(日) 13:00~14:30 ※当⽇参加できない⽅も、お申し込みいただければ後⽇アーカイブ動画が視聴可能 参加費:無料 募集定員:1,000名 講師: 長崎短期大学 准教授 岩﨑 千恵 氏 崇城大学 就職課 課長補佐 公益財団法人 地方経済総合研究所 特別研究員 前田 和則 氏 熊本大学 教育学部附属特別支援学校 後藤 匡敬 氏 主催:株式会社モリサワ 【お問い合わせ先】 株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課 E-mail:public-biz@morisawa.co.jp

注目の記事

  1. 日本語学校の留学生の「奮闘ぶり」が読売新聞の連載記事に  日本語学校と言えば、一部の学…
  2. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…
  3. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…

Facebook

ページ上部へ戻る