日本語議連の第12回総会 コロナ禍の中で日本語学校の在り方を模索

日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)の第12回総会が6月30日午後、衆院第二議員会館で開かれた。日本語議連の議員提案によって制定された日本語教育推進法に基づく「基本方針」がこのほど閣議決定され、今後は同法の附則を受けて基本方針にも盛り込まれた日本語学校の在り方の法制化などが大きな課題となる。

この日の総会の議題は、①日本語教育推進の基本方針②日本語教師の資格の在り方③日本語学校のコロナ対策の現状――3点。基本方針では、向う5年間に政府が取り組むべきプログラムや方向性が示された。日本語教師の資格については、文化審議会国語分科会が先に「公認日本語教師の資格」の創設を打ち出している。一方、コロナウイルスの感染拡大で留学生の入国や「留学」の在留資格の付与などが滞っている。

この日は基本方針と日本語教師の資格について、文化庁国語課などが説明。コロナ対策の現状に関しては、日本語学校の業界団体からその窮状について説明があった。いずれも日本語学校の将来を左右する重要な課題だ。

留学生の急増とともに、新設される日本語学校も増えているが、課題となっているのは教育の質の向上や日本語教師の育成、確保だ。「公認日本語教師の資格」の創設は、教師の待遇改善なども視野に入れており、今後はその法制化が課題となる。また、日本語学校の監督官庁をどうするかも、今後の需要な課題だ。入管庁は留学の在留資格の交付などを担務とするが、日本語教育には関与する権限はない。こうした制度的な不備もあって、就労目的の留学生を受け入れ、メディアの批判を浴びるケースが一部日本語学校だけでなく専門学校、大学にもある。こうしたころから、日本語学校の在り方の法制化も検討されることになる。

総会では出席議員から各種課題に関する質問が相次いだ。公認日本語教師の資格要件に関して「学資以上の学位」が盛り込まれていること対して「厳しすぎるのではないか」との指摘があった。日本語学校の監督官庁については、在留資格の付与に関しては入管庁が責任を持っているが、日本語教育の分野については、はっきりしていないため「役所がたらい回しにしている」との声もあった。

日本語教師または日本語学校の在り方を今後検討していくうえで、大前提となるのは留学生のための日本語教育の質をどう高めていくのか、ということだろう。それぞれの課題は密接不可分であり、相互に精緻な議論の積み重ねが必要になりそうだ。また、日本語学校の業界団体は日本語議連が発足した2016年秋には4団体だったが、その後は6団体に増えている。法人格を持つ専門学校に併設された日本語学校や各種学校、株式会社立や個人立など設置形態も様々だ。業界内で一定のコンセンサス作りも大きな課題の1つだ。日本語教育推進法の制定や基本方針の閣議決定などで議論の土俵はできたが、これから新たな制度や枠組みを作るには、政治、行政、業界が一体になった取り組みが求められる。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. kamagra http://alevitrasp.com

  2. college essay writing
    [url=”https://student-essay.com/?”]writes essay for you[/url]
    on writing the college application essay

  3. best gay dating sites in europe
    gay submissive sex dating
    [url=”http://dating-gaym.com/?”]gay bears dating sites[/url]

  4. gay phone dating services
    disco gay dating site reviews
    [url=”http://gaychatgay.com?”]gay otter dating[/url]

  5. tinder app , how to use tinder https://tinderdatingsiteus.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
30
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明 第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 定員:80名 申込締切日:2022年6月19日(日)
7月
6
7:00 PM 「日本ではこう書きます!!」と言...
「日本ではこう書きます!!」と言...
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 27 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では2021年度の講義を基礎として、具体的な事象をより多く取り入れてお話ししていきたいと思います。 ※2021年度講座を受講なさっていない場合もご理解いただける内容です。 開催 開始日2022年07月06日 終了日2022年07月27日 いずれも水曜日 19:00〜20:30    
7月
18
11:00 AM 初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
7月 18 @ 11:00 AM – 12:00 PM
まだ日本語教師として日本語を教えたことがない初心者の方のために、日本語をオンラインでどうやって教えたらいいのか、これをきっかけに短期間で日本語教師デビューできるよう、実践的スキルに絞ってお伝えします。 1時間の講座の中で、 ・日本語をオンラインで教えるコツのコツ ・市販日本語テキストを活用して教える内容をプランするコツ ・英語を使って教えるための基礎表現 ・オンライン日本語教材を作成するツール をカバーします。 <こんなことが出来るようになります> オンライン日本語教師の仕事の全体像がイメージできるようになり、これから先、ご自身でレッスンを組み立てていくためのコツがつかめます。 <こんな風に教えます> 少人数制で和気あいあいと進みますので、リラックスしてご参加ください♪ 講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、 自由に楽しく学んで頂きます。質疑応答のコーナーも一応設けていますが、わからないことはレッスン中いつでもお声がけください。
7月
23
1:30 PM 「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
7月 23 @ 1:30 PM – 4:00 PM
「『まるごと』オンライン講座(全6回)」 日本語教育の新しい枠組み〜教師のマインドセットと現場での活かし方〜 『まるごと』を開発した著者陣が登壇し、コースブック「まるごと 日本のことばと文化」に具現化されている上位概念と具体的な教室活動との結びつきを紐解きながら、教師の役割や、日本語教育の新しい枠組みなどにも触れていく全6回。 *各回完結型ですので、気になるテーマだけへのご参加も可能です。 *********************** 第1回 7月23日(土)「日本語運用力を育成する授業の流れ」 JF 日本語教育スタンダードの目標設定、第二言語習得研究に基づく活動の流れ、音声のインプットなど、日本語運用力を育成する授業の流れと、求められる教師の役割につ いて考えます。 講師:来嶋洋美先生(国際交流基金専任講師) ********************* 定員:各回120名 参加料:3回セット 5,000円 1回のみ 2,000円 ↓詳細・お申し込みはこちら↓ https://www.sanshusha.co.jp/np/blog/recid/72/

注目の記事

  1. 通常国会が6月15日に閉会し、政界の関心は7月10日投開票の参院選に映った。今国会では、当初予定され…
  2. 公明党の山口代表が入国できない留学生に門戸を開くよう政府に要請 公明党の山口那津男代表は2月1…
  3. 日本語教育関係者が故西尾珪子さんを偲ぶ会 日本語教育を半世紀にわたってリードしてきた国際日本語普及…

Facebook

ページ上部へ戻る