共生社会に向けた政府の総合的対応策の改定版を閣議決定

共生社会に向けた政府の総合的対応策の改定版を閣議決定

政府は2018年12月に策定した「外国人材受入れ・共生のための総合的対応策」(以下、総合的対応策)の改訂版を7月14日に閣議決定した。新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえるなどして内容を〝バージョンアップ〟し、計191の施策を盛り込んだ。

総合的対応策は、改正入管法で法務省入国管理局が出入国在留管理庁に格上げされたのに伴い、在留外国人の生活環境の整備などを目的に策定された。その後、政府は昨年6月と12月に内容を補足、充実させた改訂版をまとめて閣議決定した。今回は、新型コロナウイルスの感染が収束したあとの来日する外国人の増加を見込んで施策の内容を見直した。

新たな総合的対応策では、冒頭の「基本的な考え方」の中で「もとより、外国人との共生をめぐる状況は、絶えず変化し続けていくものであり、総合的対応策に盛り込まれた施策を実施していれば足りるというものではない。国民及び外国人の声を聴くなどしつつ、引き続き定期的に総合的対応策のフォローアップを行い、必要な施策を随時加えて充実させながら、政府全体で共生社会の実現を目指していく」としている。

総合的対応策は、①外国人との共生社会の実現に向けた意見聴取・啓発活動等②外国人材の円滑かつ適正な受け入れの促進に向けた取り組み③生活者としての外国人に対する支援④新たな在留管理体制の構築——の4部構成。新型コロナ関連では、感染症の影響で解雇された外国人の支援等を盛り込んだ。

日本語教育に関しては、3部の「生活者としての外国人に対する支援」の中に盛り込んでいる。日本語教育の充実策としては、▽「生活者としての外国人」に対する日本語教育の充実(地域における日本語教育環境を強化するための総合的な体制整備、日本語教育の推進に関する法律に基づく地方公共団体の基本方針の作成の促進等)▽日本語教室未設置の地域における日本語教室開設に向けた支援の強化▽日本語教師の資質・能力を証明する新たな資格である公認日本語教師(仮称)制度の整備▽外国人材との効果的なコミュニケーションを行う上でのポイントやその学ぶ手法の調査等▽日本語教育を行う機関のうち 、 日本語教育の水準の維持向上を図る上で必要な適格性を有するものに関する制度の整備の検討――を挙げている。

総合的対応策の新たな改訂版の全文は以下のURLでご覧ください。

http://www.moj.go.jp/content/001323661.pdf

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
13
2:00 PM 生活者としての視点から、留学生、... @ オンライン講座(Zoom使用)
生活者としての視点から、留学生、... @ オンライン講座(Zoom使用)
12月 13 @ 2:00 PM – 4:00 PM
生活者としての視点から、留学生、令和2年度 文化庁 日本語教育人材の研修プログラム普及事業 『生活者としての外国人』との共生社会 多文化共生社会の実現を考える公開セミナー @ オンライン講座(Zoom使用)
Googleカレンダーに追加    カレンダーアプリに追加 生活者としての視点から、留学生、就労者、児童生徒と家族、日系人、難民についてみなさんと一緒に考えるセミナーです。 イベント形態 オンライン Webセミナー Zoom 料金制度 無料イベント ジャンル 学ぶ > 教養 事務局 インターカルト日本語学校 日本語教員養成研究所    ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)こくちーずは関与しておりません イベント詳細 ★お申し込みは各セミナーごとにしていただく必要がございます。  お手数ですが、下記各セミナーのお申し込みリンクまたはページ下部の「お申し込み」より参加する日程を選択し、それぞれお申し込みをお願いいたします。  またお申し込み情報を入力する際に、セミナーの内容や日付にお間違いがないか、よくご確認いただきますようお願いいたします。 ★こちらはオンライン参加用の申し込みページとなります 会場参加をご希望の方はこちらからお申し込みください → 福島/名古屋 一般社団法人ふくしま多言語フォーラム(東北)/インターカルト日本語学校(関東)/Semiosis株式会社(東海)/久留米ゼミナール日本語学科(九州)/国際言語文化センター(沖縄) 主催
1月
17
1:00 PM 「生活者としての難民の皆さんと共... @ オンライン講座(Zoom使用)
「生活者としての難民の皆さんと共... @ オンライン講座(Zoom使用)
1月 17 @ 1:00 PM – 3:00 PM
「生活者としての難民の皆さんと共に」〜日本語の学習が人生を豊かにする〜 日本に暮らす難民の方たちについて、私たちは何をどれくらい知っているでしょう。ミャンマーの少数民族を支援するNPO法人PEACEのマリップ・センブ代表、長年にわたり政策面で難民支援をする中川正春衆議院議員のほか、日本語を学ぶ人、教える人、支える人と共にこれからの共生社会について考えます。テーマは「日本語の学習が人生を豊かにする」、日本語教育に携わる人だけでなく、広く日本中の皆さんに参加していただきたいと思っています。 【登壇者(予定)】 中川正春 氏(衆議院議員) マリップセンブ 氏(NPO法人PEACE代表) 宗田勝也 氏(大学教員) 宗田勝也 氏(難民クラス担当日本語教師) 難民二世の方 主催:インターカルト日本語学校(関東) 日時:2021年1月17日(日)13:00〜15:00 参加方法:オンライン(Zoom) お申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435809/
ページ上部へ戻る