故李秀賢さん偲ぶLSH獎学会の奨学金授与式 今年はコロナ禍で

故李秀賢さん偲ぶLSH獎学会の奨学金授与式 今年はコロナ禍で

新大久保駅で線路に落ちた男性を助けようとして死亡した韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さんの遺徳を後世に伝えようと2002年に始まったLSHアジア獎学会の奨学金授与式が10月14日、東京都内で開かれた。今年はコロナ禍で韓国釜山市在住の李さんの母で同獎学会の名誉会長の辛潤賛(シン・ユンチャン)さんはZoomでメッセージを贈った。

この事故では李さんとともに男性を助けようとしたカメラマンの関根史郎さんも亡くなった。アジアからの留学生に贈られるこの奨学金は、李さんらの勇気ある行動に感動した人たちから寄せられた見舞金を李さんのご両親が同獎学会に寄託したことで始まった。今回、奨学金を授与された留学生は50人。過去19回の授与式では中国、韓国、ベトナムネパール、台湾などの留生会せて998人にのぼる。

今年は新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、式に出席した留学生は21人で、残る29人の多くはZoomによるオンライン参加となった。また李さんのご両親が2人で一昨年まで毎年参加してきたが、2019年3月に父、李盛大(イ・ソンデ)さんが亡くなった。

授与式では鹿取克章会長は「今回、50人の皆さんに奨学金を贈ることができました。」この奨学金は李さんのご家族や多くの支援者の心のこもったお金です。支援者の気持ちに応えられるよう有意義に使ってください」と述べ、留学生一人ひとりに賞状を手渡した。

式の最後に李さんの母、辛潤賛さんはZoomを通じて参加者にメッセージを贈った。この中でコロナ禍に関連して「世界各国はコロナの収束のため苦労していますが、まもなく長いトンネルを抜け出して平和な日常に戻る日が来るでしょう。ポジティブなパワーは最高の免疫力だと言われます。健康管理に注意して次回もまた明るい姿でお会いできる日を楽しみにしています」と語った。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
31
全日 日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
10月 31 – 11月 1 全日
日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 (2022年11月に延期) 本事業は、これまで隔年にて世界各国の日本語教育団体が持ち回りで主催してきた日本語教育国際研究大会を、来る第15回大会においては香港日本語教育研究会とマカオ大学とが地の利を活かし共同で主催させて頂くという点で画期的な挑戦でもあります。過去の大会では、アジアだけでなく、オセアニア、アメリカ、欧州からも数多くの研究者・教育関係者の方々にご参加、ご出席いただき、活発な議論と情報交換の場を提供してきた実績がございます。 「日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020(略称ICJLE 2020)」では、グローバル化によって急速に変化しつつある昨今の世界情勢を見据え、「つながる多様性、ひろがる可能性(Mediating Diversities, Igniting Potentials)」を大会テーマに掲げました。 ICJLE2020の目的は、多種多様な視点から語学学習及び語学教育を個人から社会へ、そして社会から国家を超えたグローバルな枠組みで捉え直しその多様性と可能性に焦点をあてること、と同時に異なる文化背景や思想を持ちながらも日本語教育に従事している者同士として、互いの違いを乗り越え共存共栄の道を模索することで世界平和の構築へ向けて前進することにあります。ICJLE2020にご参加下さる方々の研究発表、報告、活発な討論や意見交換などによって、今後を見据え国際社会における日本語学習及び日本語教育へのさらなる促進と発展に貢献できる足掛かりとなる機会を提供できるものと主催者一同大いに期待しているところであります。 日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 大会運営委員長 香港日本語教育研究会 会長 マギー 梁安玉
ページ上部へ戻る