多言語・多文化の時代を拓(ひら)く ~日系ペルー人カブレホス・セサルの挑戦~

 ブレホス・セサルさんが家族とともに来日したのは1990年のことだった。南米の日系人受け入れを目的にした改正入管法が施行された年。当時11歳で、日本語が全くわからなかった。しかし、自らの努力で「言葉の壁」を乗り越えた。現在は医療通訳として活動し、セサルさんの活躍ぶりはマスコミにもしばしば登場するようになった。勤め先の多言語電話通訳のコールセンター「ランゲージワン株式会社」(東京都渋谷区)では、「多文化共生推進ディレクター」という新たな肩書が付いた。

政府は国の施策として「共生社会実現のための受け入れ環境の整備」を進めている。その実現には外国人の視点が欠かせない。こうした中で「にほんごぷらっと」はセサルさんに自身の体験や考えを投稿してもらい、「多言語・多文化時代を拓(ひら)く――日系ペルー人カブレホス・セサルの挑戦」と題した連載コラムとして随時掲載する。

◆       ◆       ◆                    ◆

【第1回】外国人の目線で〝多文化情報〟を伝えたい

初めまして、カブレホス・セサルと申します。まず、私と「にほんごぷらっと」との関係について触れたいと思います。「にほんごぷらっと」編集長の石原進さんとは数年前から時々話をする機会がありました。昨年、石原さんから「セサルは日本で面白い経験している。多文化共生の観点から〝ぷらっと〟に体験談を書いてみないか」と声をかけられました。50回ぐらい続けば、本として出版できるかもしれないとも言われました。

私はその気になり、石原さんに「やってみたい」とその場で返答をしました。さっそく仕事を終えて家で原稿を書いてみました。しかし、文章を書くことはしゃべることと違ってうまくいきませんでした。原稿を毎週1本出し、50回もの連載を続けることはとてもできない。2本目を書き始めてギブアップしてしまいました。記事を書くことの大変さがわかっていなかったのです。原稿を引き受けることで大きな責任を負うことになる、との自覚もありませんでした。その時のことがずっと気になっていました。

今年4月に私はランゲージワンで「多文化共生推進ディレクター」という新しくできた職名をもらいました。それまでスペイン語、ポルトガル語の通訳をし、営業も担当しました。「多文化共生推進ディレクター」として、コールセンターのビジネスの中で共生社会にプラスになるような仕事を見つけることがミッションになりました。

そこで私はこう考えました。私が仕事を通じて多文化共生に関わる団体や組織、多くの人たちのことをもっと知りたい。そのためのインタビューをしていろいろなことを聞くことによって情報を得られるのではないか。目的をもってインタビューすることは、体験談を書くのに比べてシンプルです。多文化共生への進んでいる団体などの経験を、外国人の目線でこれからその道を行こうとする団体などへ伝えることは重要だと思いました。

そうした考えに至ったのには訳があります。これまで通訳の仕事を通じての様々な情報を得てきましたが、私は通訳のサービスを提供する側と受ける側の両側の立場を理解できるので、何か伝わるものを書けると思ったわけです。

そもそも私自身は多文化共生にどのように関わってきたのか。2019年5月に朝日新聞の特集版「グローブ」に私の記事(https://globe.asahi.com/article/12366393)が載りました。自分が取材を受けたことが、立派な記事になって感激しました。今度は自分が取材をして書いたコラムで何かを伝えたい。こんな気持ちで「にほんごぷらっと」に記事を書くことになりました。

さて、これから何を書くかですが、やはり多文化共生の前線で活躍している人たちを紹介していきたいと考えています。まず初めに取材をお願いしているのは、さいたま市消防局です。さいたま市消防局は、日本語が不自由な外国人と指令室(119番通報)との通報回線の間に通訳会社を入れて外国人の緊急通報に応える仕組みを作った日本のパイオニアです。119番の多言語対応は、いまでは全国の消防の指令室の9割にまで広がっています。

さいたま市消防局は、この仕組みを正式な業務に採用する前に実証実験を行いました。当時、私は遠隔通訳会社の運用部(通訳者部隊)でその実験に参加しました。当時はここまで急速に119番の多言語対応が広がることを全く想像していませんでした。

私の記事が掲載された朝日新聞には、来日1年後に経験をした弟の交通事故の話があります。その時私は現場に到着した救急隊と母との間の通訳をしました。緊急の医療通訳です。その経験があったので、さいたま市消防局との実証実験では、当事者のような実感がありました。「にほんごぷらっと」でコラムを書こうと決心したのは、初めての医療通訳とさいたま市消防局での実験が頭の中で重なり、伝えることが日本の多文化共生に役立つのではないかと頭に浮かんだからです。

今後、コラムでは多文化共生に関わってきた団体、組織、人物に自ら取材し、自身の体験を交えで紹介する予定です。コラムをきっかけに自分自身がもっともっと多文化共生に関係していくことで、新たな視点や考えを伝えていければと考えています。(つづく)

アーカイブ

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. gay guy dating a girl
    best gay dating sites 2021
    [url=”http://gaychatgay.com?”]gay paying dating site[/url]

  2. giant grocery store pharmacy [url=https://inpharmxx.com/ ]pharmacy tech online school[/url] canada pharmacies without script

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
2
1:30 PM リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
10月 2 @ 1:30 PM – 3:30 PM
リンゲージDXセミナーシリーズ第5回 「SNSを使った集客とコンテンツの活用術」–「好き」を仕事に結びつけるために– フリーランス日本語教師として独自の地位を築いているAkoさん。仕事に必要だと感じ、英語、プログラミング、コンテンツマーケティングと、さまざまな分野のスキル習得に次々と挑戦していった圧巻の行動力をお持ちです。当日はこれまでの経験を生かし、参加者みなさんの立場に立って、個人活動としての集客のみならず、学校など組織としての集客についてもヒントをお話くださるとのこと。新時代の教師像を考える方にとって見逃せないセミナーです。 日 時 :2021年10月2日(土)13:30-15:30 場 所 :オンライン(Zoom) 料 金 :2000円(ライブ・録画配信の両方の視聴が可能) お申込み後、お振込みいただいて受付完了となります。 定 員 :100名 お申し込み:https://form.run/@linguagespecial2021 問い合わせ:電話 03-5909-0421 email japanese@linguage.com 詳細はチラシをご覧ください。 皆様のご参加お待ちしております。 主催者のカテゴリー:日本語議連
10月
20
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
10月 20 @ 7:00 PM – 11月 17 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では、漢字表記を通した日本語の特徴、そして漢字文化圏の日本語学習者を理解することを目的にしたいと考えています ▼▼こんな方におすすめ▼▼ 日本語を教えている方 日本語教育関係の学部を選考されている方 日本語教師養成講座を修了された方 テーマにご興味のある方 ▼▼日時▼▼ 第1回 2021年10月20日(水)19:00〜20:30 文字としての漢字 漢字とかな・アルファベットとの違いを理解し、送り仮名・振り仮名の存在などから、漢字とかなの両方を用いる日本語表記の特殊性を考えます。後半では、漢字の構造(なりたちと構成方法)を理解します。 第2回 2021年10月27日(水)19:00〜20:30 字形 漢字の構造に慣れるために理解したい、部首と偏旁冠脚とのちがい。また、文化庁の「常用漢字表(付)字体についての解説」「常用漢字表の字体・字形に関する指針」や漢字文化圏諸国の「漢字表」を手引きに、「標準字体」とは、どういうものなのかを考えます。 第3回 2021年11月10日(水)19:00〜20:30 意味と読み 音読み(一字多音の理由)、訓読み(同訓異字のある理由と「使い分け」)、熟語の構成の理解から、日本語と漢語との文法構造の違いについて考えます。 第4回 2021年11月17日(水)19:00〜20:30 漢字文化圏 中国・台湾・韓国朝鮮およびベトナムでの漢字文化や社会における漢字の位置づけを理解し、漢字文化圏の日本語学習者への理解につなげます。   受講料:9,000円(税込) ※全回の受講をお勧めしますが、ご希望の回のみのお申し込みは1回2,500円(税込)となります。 場所:オンライン(ZOOM開催) 定員:80名 【講師紹介】 久保 裕之 クボ ヒロユキ 立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所   立命館大学法学部卒業後、 1997年財団法人日本漢字能力検定協会(現・公益財団法人)入職。 2005年学校法人立命館入職。現在は立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当職員。 2015年放送大学大学院文化科学専攻修了。修士(学術)、漢字教育士、全国通訳案内士(中国語)。日本漢字学会評議員。
10月
23
9:30 AM 第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
10月 23 @ 9:30 AM – 3:30 PM
<大会テーマ> 「ポストコロナ禍における国際教育の展開と課題 ―日本語コミュニケーションを中心として―」 <開催日程> ・日時: 2021年10月23日(土曜日) 9時30分~15時30分予定 ・会場: オンライン(Zoom)予定 (参加申込者には事前にZoom情報等をご案内いたします) 実施内容 ※一部変更する場合があります。随時本ページにおいて更新いたします。 開会: 30分(9:30~10:00) ・諸注意と承諾事項説明 ・開会挨拶: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・進行概要説明 第1部 シンポジューム: 60分(10:00~11:00) ・テーマ: 「コロナ禍における留学生教育と日本語コミュニケーションの現状と課題」 ・基調講演者: ※現在調整中 第2部 パネルディスカッション: 90分(11:15~12:45) ・テーマ: 「ニューノーマルにおける日本語コミュニケーションの新しい地平」 ・モデレーター: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・パネラー: 予定 王智新(早稲田大学教師教育研究所招聘研究員) 楠本徹也(東京外国語大学名誉教授) 近藤佐知彦(大阪大学国際教育交流センター教授) 石原進(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人) ※他現在調整中 第3部 研究発表: 120分(13:30~15:30) ※発表数によっては延長する場合があります。 ・発表形態: 個人または共同による「口頭発表」30分(発表20分+質疑応答10分) <参加/研究発表申込> ・参加費 会員:無料 非会員:1,000円 ※研究発表へのお申込みは会員に限ります。 ・申込期日 参加申込: 2021年10月22日(金曜日) 発表申込: 2021年10月11日(月曜日) ・申込方法 参加または研究発表のお申込みは「申込ページ」よりお願いいたします。 本学会への入会手続は「入会案内」よりお願いいたします。 ※研究発表を希望される場合は、申込ページよりエントリーをお願いいたします。 (本学会において審査の上、事務局より予稿作成や発表方法等についてご連絡いたします) ※本大会での優れた研究発表等には、表彰や学会誌への掲載をさせていただく場合があります。 ※研究発表関連スケジュール(予定) 2021年10月11日(月): 発表申込締切 ※審査は随時実施 2021年10月13日(水): 発表スケジュール公表 2021年10月15日(金): 予稿投稿締切 2021年10月18日(月): 予稿集公開

注目の記事

  1. コロナ禍の入国制限の裏に日本留学を目指す海外の学生の切実な声 将来の「希望」が「失望」に 新型…
  2. 10月の入国解禁は今後の留学生政策の最大の鍵となる 新型コロナウイルスの感染拡大で日本留学がで…
  3. 「骨太の方針」に日本語学校の振興を図るため「法制化の検討」の文言が公明党による政府への働きかけで実現…

Facebook

ページ上部へ戻る