文化庁が公認日本語教師の制度化に向け「報告概要案」提示 「文科省告示日本語学校」を求める声も 第6回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

文化庁が公認日本語教師の制度化に向け「報告概要案」提示 「文科省告示日本語学校」を求める声も 第6回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

文化庁は5月31日、第6回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(西原鈴子座長)を開催した。これまでの会議では国家資格の公認日本語教師の要件や日本語教育機関について「留学」「就労」「生活」の3類型の在り方が検討されたが、文化庁はこの日、類型の全体像案や「日本語教師の資格及び日本語教育機関の水準の維持向上を図るための仕組みの在り方について」(報告概要案)を提示した。最終報告書の作成に向けて議論が具体化してきた。

この日の会議では、まず日本語学校関係6団体の事務局担当の谷一郎、森下明子両氏からヒアリングを行った。両氏は6団体がまとめた意見書に沿って日本語学校の立場から公認日本語教師の資格の在り方や日本語教師の類型化に関する意見を述べた。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/92369001_01.pdf

この中で6団体は公認日本語教師の制度化にあたって現在の日本語教師や日本語学校が不利益をこうむらないことなど注文や要望を盛り込んだ。また、日本語学校が「留学」として類型化をされていることについて、「日本語学校は大学、専門学校の進学予備機関として位置づけられているが、就職を目的に日本語を学ぶ学生が増えるなど目的が多様化している」として、「留学」という言葉が必ずしも現実にマッチしたものではないとの認識を示した。

続いて文化庁は「留学」「就労」「生活」の日本語教育機関3類型の全体像を図示する資料を示し、事務当局の考えを説明した。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/92369001_02.pdf

公認日本語教師の資格の取得については、主に日本語学校の教師が想定されている。このため資料では文部科学省が「留学」を認定するための第三者機関の創設に重点が置かれている。同機関が法務省の告示基準の評価項目に新たな審査項目を加え、教育内容を審査。そのうえで法務省が日本語教育機関を告示する仕組みを提示した。これに関連して協力者会議の委員からが、実質的に文科省指定の第三者機関が認定権を持つのであれば、現行の法務省告示を文部科学省告示にすべきではないか、との意見があった。現状では法務省が入管法に基づいて告示校を認定しているが、日本語教育推進法が制定されたこともあり、「文科省告示日本語学校」との議論としては成り立ちそうだ。ただ、文科、法務両省の詰めた協議が必要で、実現にはそれなりのハードルがあるものとみられる。

さらに提示された「報告概要案」は、「日本語教育の資格について」と「日本語教育機関の水準の維持向上を図るための仕組みについて」の2分野で構成され、最終報告書のたたき台となるとみられる文書だ。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/92369001_03.pdf

今回を含め6回を数える調査研究協力者会議の当初の目的は、「日本語教師の資格制度の詳細について検討すること」(2020年4月の文化庁次長決定)だ。検討事項としては①試験②指定試験実施機関・指定登録機関の役割③更新講習――を挙げた。「日本語教師の資格の在り方」については、2018年に文化審議会国語分科会で報告書をまとめており、その線に沿って議論を進めるはずだった。

ところが、日本語教師の国家資格創設には「日本語教師」の存在を法的に位置づけるための工夫が必要だとされ、日本語教育機関の類型化の議論が始まった。このあたりから議論が複雑化する。「留学」「就労」「生活」の類型化によって協力者会議の委員に外国人の就労や生活支援の詳しい識者が加わり、議論の範囲が広がった。

こうした議論の中で提示された「報告概要案」は、日本語教育の「現状」とは内容に多少乖離が見られ、実際の日本語教育の現場からみるとわかりにくい文書となっているのも事実だろう。公認日本語教師の資格要件が後退するなど方針に変化があったことへの説明も不十分だ。

このため第6回会議で委員から「日本語教育の実態を明らかにすべきだ」という意見が出た。議論の前提にすべきものがないという指摘だ。その理由は簡単だ。政府・文部科学省が日本語教育を「教育」として位置付けていない。そのツケが表面化したかっこうだ。

ただ、これは公認日本語教師という新たな国家資格を創設するための「政治的な文書」だと考えれば、文化庁の意図はよりわかりやすくなる。公認日本語教師の創設は関係者にとっては〝悲願〟でもある。来年の通常国会への法案提出を既定路線として掲げた以上、その方針を実現するためのロジックが必要だ。表現や内容の是非はともかく、「ツジツマ合わせ」を重視した文書となった感はいなめない。

報告概要案に記された「指定試験実施機関」や「指定登録機関」が現実に設立されれば、法的に位置づけられた公認日本語教師が誕生する段取りが整うことになる。その過程で、日本語教育の位置づけが大きく変わっていく可能性がある。日本語教育が「教育」として扱われればならない状況が生まれてくることが考えられる。そうなれば「文科省告示日本語学校」への道筋ができる可能性もある。

調査研究協力者会議は政策を決定する機関ではない。有識者から幅広く意見を聞く場だ。今回は日本語学校の団体からも意見を聞いた。政策判断は行政(文化庁)の責任で行うことになるが、集積された意見は「日本語教育の将来」につながるに違いない。残された会議は2回程度といわれる。終盤にきて議論は迷走しているように見る人もいるかもしれないが、多くは有意義な意見だった。

とはいえ、公認日本語教師の議論は一般の人には分かりにくいはずいだ。「資格がないと日本語教師ができない」「失職するのではないか」という誤解もなお少なからずあるようだ。文化庁は会議の運営とは別に、外部に向けてのより丁寧な説明が求められる。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. top us online casinos
    [url=”https://download-casino-slots.com”]casino no deposit[/url]
    online casino signup bonus no deposit

  2. stromectol over the counter ivermectin 3 mg tab

  3. mebendazole over counter at walgreens permethrin

  4. sildenafil citrate 100mg viagra 100 mg price viagra pill

  5. generic ivermectin stromectol tablets for humans for sale stromectol 3mg obstetrician is one

  6. https://www.alevitrasp.com Duergietuili EASLEY M.

  7. z pak dosage 3 day azithromycin fish antibiotics for sale azithromycin over the counter

  8. stromectol is ivermectin safe for people Ipobe41l stromectol buy

  9. ivermectin products ivermectin for demodex

    • Attercive
    • 2021年 9月 05日

    http://buystromectolon.com/ – Stromectol

    • suentee
    • 2021年 9月 05日

    http://buypropeciaon.com/ – buy finasteride 1mg

    • encusly
    • 2021年 9月 05日

    Propecia

  10. Levitra Oral Jelly [url=https://storpharmon.com/ ]pharmacy rx symbol[/url] certified canadian online pharmacy

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
8月
17
9:30 AM 1か月でマスター!オンライン日本... @ オンライン
1か月でマスター!オンライン日本... @ オンライン
8月 17 @ 9:30 AM – 9月 7 @ 11:30 PM
まだ日本語教師として日本語を教えたことがない方、あるいはオンラインで日本語を教えたことがない方、英語を使って日本語を教えたことがない方、これから教えようと思っている方のために、英語を使ってコミュニカティブに教える方法を1か月(週1回、2時間x4回)にわたって一緒に練習します。 短期間で実際に日本語教師デビューできるよう、実践的スキルに絞ってお伝えします。 このコースでは ・毎回各日本語学習項目の具体的教え方のコツ (市販テキストを例に1課ごと教え方を練習し、初級テキスト内容をご自身で教えられるようにします。) ・毎回コミュニカティブな教え方のコツをひとテーマずつご紹介 (コース終了するころには、グループレッスンのハンドリングもできるようになり、幅広いオンラインレッスンを行えるようになります。) ・毎回教えるときに役立つ英語表現をご紹介 (英語も教材もダブルで駆使して、英語話者の学習者の理解度を高めます。) ・英語話者の学習者が間違いやすいポイントをご紹介 (学習者が効率よく日本語をマスターするのをお手伝いできるようになります。) ・オンライン日本語教材を作成するツール (たくさんある便利なツールから特に使えるツールに絞って毎回紹介しますので、一層楽しいオンラインレッスンを提供できます!) をカバーします。 <こんなことが出来るようになります> オンライン日本語教師デビューできます! <こんな風に教えます> 少人数制で和気あいあいと進みますので、リラックスしてご参加ください♪ 講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、 自由に楽しく学んで頂きます。質疑応答のコーナーも一応設けていますが、わからないことはレッスン中いつでもお声がけください。 <開催方法> 日本語レッスンにもお役立ていただきたいので、こちらの講座では、ZOOMやスカイプのような日本でもお馴染みのオンライン会議システムではなく、あえて、日本ではまだなじみの薄いCosmos Video(https://cosmos.video/ )を利用します。 バーチャルクラスルームとして無料で使える楽しいプラットフォームですので、日本語レッスンでの使い方もご紹介しますね♪ 講座にお申込みいただいたみなさまに別途Cosmos Videoでの入室の仕方をご案内いたしますので、ご安心くださいませ♪(インストールは必要なく、基本的に講座用リンクをクリックするだけで参加することができます) Cosmos Videoはアプリもあるので、iPhoneや iPadからもアプリで参加も可能ですが、講座を最大限に楽しむために、デスクトップやノートパソコンでのご参加をお願いいたします。(アプリでは機能が限られています) Cosmos Videoが推奨する、おススメのブラウザーは Google Chrome (version 74 or newer) Mozilla Firefox (version 78 or newer) Chromium based browsers (Edge, Opera, Vivaldi etc) となっています。 <定員> 6名まで (講師を含まない人数です)
8月
21
10:00 AM 第2回:JLPT聴解対策から、聞く力... @ オンライン(Zoom)
第2回:JLPT聴解対策から、聞く力... @ オンライン(Zoom)
8月 21 @ 10:00 AM – 11:30 AM
第2回:JLPT聴解対策から、聞く力を伸ばす授業づくり―『JLPT聴解N3ポイント&プラクティス』を使って― [日 時] 2022年8月21日(日)10:00~11:30 [講 師] 田代 ひとみ 先生(東京外国語大学 非常勤講師) [内 容] 聞き取りがうまくできない原因はどこにあるのでしょうか。 学習者が聞く力を伸ばすにはどのようなサポートが有効でしょうか。 このセミナーでは、模擬授業を体験していただき、試験対策の実践的な問題を解きながら、聴解をする上で重要な項目を確認します。 そこから、よりよい指導法を探っていきます。 [お問い合わせ・お申し込み▼] ウェブサイト https://bit.ly/PnPapply から、またはメールでお申込みください。 メールでお申込みの際は、件名を「オンライン日本語サロン研修会(セミナー日)」とし、本文にお名前・ふりがな・メールアドレス・ご所属をご記入の上、ksakai@bonjinsha.co.jp(担当:凡人社坂井)までお送りください。 教材について聞いてみたいこと、関心のあることがあれば、お書き添えください。
8月
23
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(zoom開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(zoom開催)
8月 23 @ 7:00 PM – 9月 13 @ 8:30 PM
第1回:8/23(火)19:00〜20:30、「学習者同士のL2対話」と第二言語習得理論- 第2回:8/30(火)19:00〜20:30、「学習者同士のL2対話」と第二言語学習 第3回:9/6(火)19:00〜20:30、「学習者同士のL2対話」と教師 第4回:9/13(火)19:00〜20:30、「学習者同士のL2対話」とこれからのL2指導

注目の記事

  1. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…
  2. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…
  3. 初代入管庁長官の佐々木聖子氏が退職 公認に菊池浩最高検検事 佐々木聖子出入国在留管理庁…

Facebook

ページ上部へ戻る