日本語教師の国家資格と日本語教育機関の評価の「報告案」を提示 第8回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

日本語教師の国家資格と日本語教育機関の評価の「報告案」を提示 第8回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

文化庁は7月19日、第8回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(西原鈴子座長)を開催した。今回の会議では、前回の「報告概要案」を修正、加筆した「報告案」が提示され、日本語教師の資格の在り方や日本語教育機関の評価制度案の全容がほぼ明らかになった。今月29日に開かれる予定の第9回調査研究協力者会議で最終報告が提示され、その後のパブリックコメントの募集などを経て微修正される可能性もあるが、最終報告が決定されれば、それをもとに来年の通常国会に提案するための日本語教師の国家資格創設に向けた法案づくりに入る。

この日の第8回会議で示された報告案では、冒頭に「日本語教師の資格」に関して令和2年の文化審議会国語分科会の報告書の内容を掲載した。これは、今回の日本語教師の国家資格の在り方を考えるための「たたき台」とされたもの。ここには要件として①日本語教育能力を判定する試験の合格②教育実習の履修・修了③学士以上の学位――が盛り込まれた。

これに対して報告案では受験のための要件について、国語分科会の報告書に盛り込まれた受験資格などに修正を加え、現職の日本語教師に配慮して資格取得のための「ハードル」を下げた。試験は日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する試験①と基礎的な問題解決を測定する試験②の2つの筆記試験で構成されているが、すでに日本語能力試験に合格するなどした日本語学校の教師に関しては筆記試験①に加え必要とされていた教育実習も免除する、としている。

また「学士以上の学位」の要件も削除した。これにより大学を卒業していない日本語教師も受験ができるわけだ。試験は年1回以上、試験が行われる会場は「全国各地」とされ、複数の会場が設けられることなった。

一方、試験の実施機関については「文部科学大臣に代わって試験・登録業務を行う機関」を新たに設置する。試験問題の作成から試験の実施まですべての責任を負う機関を想定している。どのような実施機関を設置するのかが、今後の大きな焦点となる。

今回の報告案で大きく加筆されたのが「指定日本語教師養成機関」。これについては国語分科会が平成31年にまとめた「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)改訂版」で履修・修了項目を示している。日本語学校で留学生に日本語を教えるには、日本語能力試験に合格するか、指定の教育機関で420時間の研修を受けることなどの要件が必要だが、報告案では「指定日本語教師養成機関」として改めてその在り方を整理した。この点については深く議論されていないが、審査項目などが具体的に示された。

報告案で「日本語教師の資格」とともに課題として取り上げたのは「日本語教育機関の水準の維持向上を図るための仕組み」だ。国家資格を創設する以上、日本語教育機関の位置けやその教育水準をわかりやすくすることが必要だ。そうした問題意識のもとで文化庁は「留学」「就労」「生活」の3類型を提示した。

 

ただ、水準の維持・向上については、基本的に支援の在り方の案を示しているだけだ。報告案の「はじめに」でその性格について、「仕組みの制度化に当たっての大きな方向性を提示し、その実現を通じて日本語教育の質の更なる向上をめざすもの」と書いている。文化庁としては、あくまで「大きな方向性」を提示したとの認識だ。

このため施策の中には、今後の検討課題に留まっているケースが目立つ。日本語教育の推進のための政府の取り組みの責任分担が書き込まれているわけでもない。なお課題は山積している。日本語教育の進展には重要な報告書案だが、今後は日本語学校や業界団体、さらに教材作成の出版社など関連業界も巻き込んだ、幅広く丁寧な議論が必要だ。

*第8回の協力者会議に提出された「日本語教育の推進のための仕組みについて ~日本語教師の資格及び日本語教育機関評価制度~(報告案)」は以下のURLで見られます。報告案の赤字は修正、加筆箇所。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/93245902_03.pdf

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. dissertation titles dissertation methodology

  2. My brother recommended I might like this blog. He was once
    entirely right. This publish truly made my day.
    You cann’t believe just how a lot time I had spent
    for this info! Thank you!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
2
1:30 PM リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
10月 2 @ 1:30 PM – 3:30 PM
リンゲージDXセミナーシリーズ第5回 「SNSを使った集客とコンテンツの活用術」–「好き」を仕事に結びつけるために– フリーランス日本語教師として独自の地位を築いているAkoさん。仕事に必要だと感じ、英語、プログラミング、コンテンツマーケティングと、さまざまな分野のスキル習得に次々と挑戦していった圧巻の行動力をお持ちです。当日はこれまでの経験を生かし、参加者みなさんの立場に立って、個人活動としての集客のみならず、学校など組織としての集客についてもヒントをお話くださるとのこと。新時代の教師像を考える方にとって見逃せないセミナーです。 日 時 :2021年10月2日(土)13:30-15:30 場 所 :オンライン(Zoom) 料 金 :2000円(ライブ・録画配信の両方の視聴が可能) お申込み後、お振込みいただいて受付完了となります。 定 員 :100名 お申し込み:https://form.run/@linguagespecial2021 問い合わせ:電話 03-5909-0421 email japanese@linguage.com 詳細はチラシをご覧ください。 皆様のご参加お待ちしております。 主催者のカテゴリー:日本語議連
10月
20
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
10月 20 @ 7:00 PM – 11月 17 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では、漢字表記を通した日本語の特徴、そして漢字文化圏の日本語学習者を理解することを目的にしたいと考えています ▼▼こんな方におすすめ▼▼ 日本語を教えている方 日本語教育関係の学部を選考されている方 日本語教師養成講座を修了された方 テーマにご興味のある方 ▼▼日時▼▼ 第1回 2021年10月20日(水)19:00〜20:30 文字としての漢字 漢字とかな・アルファベットとの違いを理解し、送り仮名・振り仮名の存在などから、漢字とかなの両方を用いる日本語表記の特殊性を考えます。後半では、漢字の構造(なりたちと構成方法)を理解します。 第2回 2021年10月27日(水)19:00〜20:30 字形 漢字の構造に慣れるために理解したい、部首と偏旁冠脚とのちがい。また、文化庁の「常用漢字表(付)字体についての解説」「常用漢字表の字体・字形に関する指針」や漢字文化圏諸国の「漢字表」を手引きに、「標準字体」とは、どういうものなのかを考えます。 第3回 2021年11月10日(水)19:00〜20:30 意味と読み 音読み(一字多音の理由)、訓読み(同訓異字のある理由と「使い分け」)、熟語の構成の理解から、日本語と漢語との文法構造の違いについて考えます。 第4回 2021年11月17日(水)19:00〜20:30 漢字文化圏 中国・台湾・韓国朝鮮およびベトナムでの漢字文化や社会における漢字の位置づけを理解し、漢字文化圏の日本語学習者への理解につなげます。   受講料:9,000円(税込) ※全回の受講をお勧めしますが、ご希望の回のみのお申し込みは1回2,500円(税込)となります。 場所:オンライン(ZOOM開催) 定員:80名 【講師紹介】 久保 裕之 クボ ヒロユキ 立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所   立命館大学法学部卒業後、 1997年財団法人日本漢字能力検定協会(現・公益財団法人)入職。 2005年学校法人立命館入職。現在は立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当職員。 2015年放送大学大学院文化科学専攻修了。修士(学術)、漢字教育士、全国通訳案内士(中国語)。日本漢字学会評議員。
10月
23
9:30 AM 第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
10月 23 @ 9:30 AM – 3:30 PM
<大会テーマ> 「ポストコロナ禍における国際教育の展開と課題 ―日本語コミュニケーションを中心として―」 <開催日程> ・日時: 2021年10月23日(土曜日) 9時30分~15時30分予定 ・会場: オンライン(Zoom)予定 (参加申込者には事前にZoom情報等をご案内いたします) 実施内容 ※一部変更する場合があります。随時本ページにおいて更新いたします。 開会: 30分(9:30~10:00) ・諸注意と承諾事項説明 ・開会挨拶: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・進行概要説明 第1部 シンポジューム: 60分(10:00~11:00) ・テーマ: 「コロナ禍における留学生教育と日本語コミュニケーションの現状と課題」 ・基調講演者: ※現在調整中 第2部 パネルディスカッション: 90分(11:15~12:45) ・テーマ: 「ニューノーマルにおける日本語コミュニケーションの新しい地平」 ・モデレーター: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・パネラー: 予定 王智新(早稲田大学教師教育研究所招聘研究員) 楠本徹也(東京外国語大学名誉教授) 近藤佐知彦(大阪大学国際教育交流センター教授) 石原進(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人) ※他現在調整中 第3部 研究発表: 120分(13:30~15:30) ※発表数によっては延長する場合があります。 ・発表形態: 個人または共同による「口頭発表」30分(発表20分+質疑応答10分) <参加/研究発表申込> ・参加費 会員:無料 非会員:1,000円 ※研究発表へのお申込みは会員に限ります。 ・申込期日 参加申込: 2021年10月22日(金曜日) 発表申込: 2021年10月11日(月曜日) ・申込方法 参加または研究発表のお申込みは「申込ページ」よりお願いいたします。 本学会への入会手続は「入会案内」よりお願いいたします。 ※研究発表を希望される場合は、申込ページよりエントリーをお願いいたします。 (本学会において審査の上、事務局より予稿作成や発表方法等についてご連絡いたします) ※本大会での優れた研究発表等には、表彰や学会誌への掲載をさせていただく場合があります。 ※研究発表関連スケジュール(予定) 2021年10月11日(月): 発表申込締切 ※審査は随時実施 2021年10月13日(水): 発表スケジュール公表 2021年10月15日(金): 予稿投稿締切 2021年10月18日(月): 予稿集公開

注目の記事

  1. 文化庁の来年度の概算要求 日本語教育関連は増額され20億円に 新規事業2件も 文化庁はこのほど…
  2. 日本語コミュニケーション学会が発足 10月23日に年次大会 日本語コミュニケーション学会(会長…
  3. 日本語教師の国家資格と日本語教育機関の評価の「報告案」を提示 第8回日本語教師の資格に関する…

Facebook

ページ上部へ戻る