第3回 講演会 第二言語シャドーイングの科学

いつ:
2019年5月19日 @ 2:00 PM – 4:30 PM
2019-05-19T14:00:00+09:00
2019-05-19T16:30:00+09:00
どこで:
JEC日本研修センター 長堀橋 大ホール
日本、〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1丁目18−11
料金:
2000円
連絡先:
立命館大学大学院 言語教育情報研究科 同窓会

立命館大学大学院 言語教育情報研究科 同窓会主催

第3回 講演会

第二言語シャドーイングの科学

ことばの習得をめぐる隣接諸科学、例えば、言語学、音声学、認知心理学、認知科学、脳神経科学の発展には目を見張るものがあります。また、英語・日本語など外国語学習についての第二言語習得研究も、特にここ十数年の間にめざましい進歩を遂げ、世界的に数々の研究成果が出されています。ことばの習得について、これらの領域の成果を集約したのが、門田(2018)で提案している「インプット処理」「プラクティス」「アウトプット産出」「モニタリング」の4つのポイントです。

他方、外国語のインプット音声をひたすら復唱するシャドーイングは、通訳、特に同時通訳のトレーニングとして、一部の学校や関係者により、熱心に実践されてきました。それが、近年さまざまなトレーニング本が刊行されるようになり、一般に広く注目されるようになりました。最近では、さまざまな大学、高等学校、各種スクールの英語・日本語クラスで実践されるようになっています。 本講演では、シャドーイングを通じた外国語習得の基礎となる「インプット効果(An Input Effect)」を中心に、これまでの研究成果をもとに、シャドーイングがインプット処理能力をのばすしくみについて考えてみたいと思います。

【参考】門田修平(2018)『外国語を話せるようになるしくみ:シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム』

(SB サイエンスアイ新書)

日 時   2019年5月19日(日)

時 間   講 演 14時から16時30分 (開場:13時30分)

懇親会  17時から19時

会 場   JEC日本研修センター 長堀橋 大ホール

講 師   門田修平 関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科 教授

関西学院大学 法学部 教授

参加費 ・一般 2,000円

・立命館大学大学院言語教育情報研究科同窓会 会員 無 料

(終身会費1万円を納めている方)

懇親会費   一般、同窓会員一律 4.000円

申込方法 こちらからお申し込みください。 https://eventleis.jimdo.com

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る