言語文化教育研究学会 第56回例会「日本語教育においてProject Based Learningは可能か―奥多摩日本語学校の挑戦―」

いつ:
2018年5月19日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2018-05-19T14:00:00+09:00
2018-05-19T16:00:00+09:00
どこで:
早稲田大学早稲田キャンパス22号館502教室
日本、〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1
料金:
無料
連絡先:

言語文化教育研究学会 第56回例会「日本語教育においてProject Based Learningは可能か―奥多摩日本語学校の挑戦―」
http://alce.jp/monthly/#n56
https://www.facebook.com/events/1618598318260449/
●日時:2018年5月19日(土)14:00~16:00
●会場:早稲田大学早稲田キャンパス22号館502教室
●話題提供者:平澤栄子さん(奥多摩日本語学校)
※奥多摩日本語学校facebookページ
https://www.facebook.com/BITokutama/
●参加費:無料
●予約:不要(当日、直接会場にお越しください)
●お問い合わせ:project@alce.jp(企画委員会)

●趣旨:
奥多摩日本語学校は、外国人留学生の日本語教育とITエンジニア養成を目的とする日本語教育機関である。同校は、奥多摩町(東京都西多摩郡)が公募した「旧古里中学校校舎等活用事業」において採択された「OKUTAMAプロジェクト」の一環として、2017年10月に開校した。同校は情報科学技術を専攻し、学士を有するものを入学資格としている。そのため、在籍する学生は、基本的に卒業後、IT企業に就職したり、ITエンジニアとして起業することなどを目指している。

本研究会では、当校での1期目、2期目の取り組みを実践例として、タイトルに掲げた問いを話題提供として提示したい。

まず、当校での取り組みを簡単に説明する。当校では、テキストを使用した従来型日本語教育、いわゆる文型積み上げ式の日本語教育は行わず、プロジェクトベースの授業(Project Based Learning、以下PBL)を採用した。2017年10月〜12月の1期目では、「奥多摩町のためのIT技術を使ったサービスのプロトタイプを考え、プレゼンする」ことを目標とするプロジェクトを実施した。具体的には、奥多摩町住民へのインタビューやアンケート調査、事例研究などを行ったうえで、それらの結果にもとづき、実際に学生たち自らサービスを考え、奥多摩町の住民にプレゼンテーションを行った。

学期の最後に行われたプレゼンテーションは、全て日本語で行われ、日本語教育という文脈においては、一定の効果があったと言える。しかし、本来の目的である「ITエンジニアの育成」という文脈においては、彼らの考えたアイデアは、十分に考え抜かれたものであったとは言い難く、どこか「やらされている」という感覚が否めないものであった。また、学生からは、「もっと文法や言葉を勉強したい」という声も上がった。さらに、経営陣からは、「日本語教師にPBLは無理ではないか」という指摘もあった。そこで、カリキュラムについてもう一度検討し、2期目(2018年1月〜3月)の実践を行った。

本研究会では、この2期目の実践例をもとに、日本語教育においてPBLは可能か、また、可能でないとしたら、何が問題なのかを改めて考えてみたい。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
1
4:30 PM 講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
6月 1 @ 4:30 PM – 6:00 PM
【講演会「ことばの力学~応用言語学への招待~」(6/1)】 ことばは知らない間に人間の行動を左右します。標準語と方言、英語と現地語など、複数の言語が関わる状況では、優劣を生み出す無意識の力学が働きます。 本講演会では、問題を科学的に解決するための言語学-応用言語学の最新の研究から、外国語教育、バイリンガリズム、異文化との接し方、法言語学、手話、言語障害など幅広いテーマを取り扱います。是非、奮ってご参加下さい。 【開催日時】2018年6月1日 (金)16:30~18:00 ※16:15開場 【開催場所】早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室 【対象】早大生・教職員・一般 【講演者】白井恭弘氏(ケースウエスタンリザーブ大学教授) 【演題】ことばの力学~応用言語学への招待~ 【使用言語】日本語(手話通訳有) 【備考】事前申込み不要 当日は手話通訳の情報保障を用意しております。その他何らかの配慮が必要な方は5月23日までにメールでご相談ください。 【主催・お問合せ】教育学部複合文化学科 E-mail: 180601kouenkai@list.waseda.jp 【共催】早稲田大学スチューデントダイバーシティセンター
6月
2
2:30 PM 6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月 2 @ 2:30 PM – 4:00 PM
養成プログラム6月開講・無料説明会開催! これから日本語教師を目指す方、 日本語教師としてまだ1、2年という方向け、 実践力を高めるためのカイ日本語スクールの養成プログラム。 420時間の座学が終わったら、 教壇に立つために動きを身につける番です。 「何を受けたらいいのかわからない」 「どんな学校か見てから決めたい」 そんな方向けに説明会を開きます。お待ちしています!
ページ上部へ戻る