言語文化教育研究学会 第56回例会「日本語教育においてProject Based Learningは可能か―奥多摩日本語学校の挑戦―」

いつ:
2018年5月19日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2018-05-19T14:00:00+09:00
2018-05-19T16:00:00+09:00
どこで:
早稲田大学早稲田キャンパス22号館502教室
日本、〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1
料金:
無料

言語文化教育研究学会 第56回例会「日本語教育においてProject Based Learningは可能か―奥多摩日本語学校の挑戦―」
http://alce.jp/monthly/#n56
https://www.facebook.com/events/1618598318260449/
●日時:2018年5月19日(土)14:00~16:00
●会場:早稲田大学早稲田キャンパス22号館502教室
●話題提供者:平澤栄子さん(奥多摩日本語学校)
※奥多摩日本語学校facebookページ
https://www.facebook.com/BITokutama/
●参加費:無料
●予約:不要(当日、直接会場にお越しください)
●お問い合わせ:project@alce.jp(企画委員会)

●趣旨:
奥多摩日本語学校は、外国人留学生の日本語教育とITエンジニア養成を目的とする日本語教育機関である。同校は、奥多摩町(東京都西多摩郡)が公募した「旧古里中学校校舎等活用事業」において採択された「OKUTAMAプロジェクト」の一環として、2017年10月に開校した。同校は情報科学技術を専攻し、学士を有するものを入学資格としている。そのため、在籍する学生は、基本的に卒業後、IT企業に就職したり、ITエンジニアとして起業することなどを目指している。

本研究会では、当校での1期目、2期目の取り組みを実践例として、タイトルに掲げた問いを話題提供として提示したい。

まず、当校での取り組みを簡単に説明する。当校では、テキストを使用した従来型日本語教育、いわゆる文型積み上げ式の日本語教育は行わず、プロジェクトベースの授業(Project Based Learning、以下PBL)を採用した。2017年10月〜12月の1期目では、「奥多摩町のためのIT技術を使ったサービスのプロトタイプを考え、プレゼンする」ことを目標とするプロジェクトを実施した。具体的には、奥多摩町住民へのインタビューやアンケート調査、事例研究などを行ったうえで、それらの結果にもとづき、実際に学生たち自らサービスを考え、奥多摩町の住民にプレゼンテーションを行った。

学期の最後に行われたプレゼンテーションは、全て日本語で行われ、日本語教育という文脈においては、一定の効果があったと言える。しかし、本来の目的である「ITエンジニアの育成」という文脈においては、彼らの考えたアイデアは、十分に考え抜かれたものであったとは言い難く、どこか「やらされている」という感覚が否めないものであった。また、学生からは、「もっと文法や言葉を勉強したい」という声も上がった。さらに、経営陣からは、「日本語教師にPBLは無理ではないか」という指摘もあった。そこで、カリキュラムについてもう一度検討し、2期目(2018年1月〜3月)の実践を行った。

本研究会では、この2期目の実践例をもとに、日本語教育においてPBLは可能か、また、可能でないとしたら、何が問題なのかを改めて考えてみたい。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る