2019年度 大養協 秋季大会シンポジウム 新時代における外国の子どもの教育人材に求められる資質・能力を考える

いつ:
2019年11月9日 @ 1:00 PM – 4:10 PM
2019-11-09T13:00:00+09:00
2019-11-09T16:10:00+09:00
どこで:
清泉女子大学1号館140教室,143教室
日本、〒141-0022 東京都品川区東五反田3丁目16−21
料金:
1500円
連絡先:

外国の子どもの教育支援に関わる人材に求められる資質・能力について,ゲストスピーカーの話と報告書を手がかりに,今後の養成,育成はどうあるべきかを考えていきます。

開催日 2019年11月9日(土) 13:00-16:10
会 場 清泉女子大学1号館140教室,143教室
参加費 会員1,000円,非会員1,500円
参加申し込み こくちーずプロ
https://www.kokuchpro.com/event/daiyokyo19_autumn/

プログラム
13:00-13:10 代表挨拶:山本 忠行(大養協代表理事・創価大学)
13:10-13:20 趣旨説明:中川 祐治(大養協理事・福島大学)
13:20-14:40 ゲストスピーカーによる話題提供
・浜田 麻里氏(京都教育大学)
・田中 宝紀氏(NPO法人青少年自立援助センター )
・今澤 悌氏(甲府市立大国小学校)
・浮島 とも子氏(文部科学副大臣)
*浮島氏については,公務の都合上,予定が変更となる可能性があります。予めご了承ください。
14:50-15:40 グループワーク
15:40-16:10 報告・共有

開催趣旨
グローバル化,世界的な人の移動が進む今日にあって,従来の教育では対応しきれない新しい時代の到来に私たちは直面しています。このような時代の要請を受け,ほぼ同時期(2018,2019年)に,文化審議会国語分科会からは『日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)』が,日本語教育学会からは文部科学省の委託を受けた『外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業―報告書―』が出されました。そこではいずれも当該教育に関わる人材の資質・能力について言及されており,今後の教員養成を行う上でも,当該教育人材に求められる資質・能力とは何か,それをどのように育成すればよいかというのは非常に重要な課題となると考えられます。今回のシンポジウムでは,外国の子どもの教育支援に関わる人材にスポットを当て,当該教育人材に求められる資質・能力とは何かについて,ゲストスピーカーの話と両報告書を手がかりに議論し,理解を深めるとともに,そこでの議論をふまえて,今後の人材の養成,育成はどうあるべきかをグループディスカッションを通して主体的に考えていきます。

お問い合わせ先
大養協事務局: daiyojimu@gmail.com
大養協HP: https://daiyokyo.com

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月
30
12:15 PM 日本e-Learning学会 第22回学術講演会 @ 上智大学 四谷キャンパス
日本e-Learning学会 第22回学術講演会 @ 上智大学 四谷キャンパス
11月 30 @ 12:15 PM – 5:10 PM
◆◆日本e-Learning学会 第22回学術講演会◆◆ 【開催概要】 日 時:2019年11月30日(土)12:45~(受付 12:15~) 場 所:上智大学 四谷キャンパス(東京都千代田区紀尾井町7-1) https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html 参加費:会 員   6,000 円(当日 8,000 円) 非会員   8,000 円(当日 10,000 円) 学生会員  無料 学生非会員 4,000 円(当日 4,000 円) 【詳細、参加お申込みURL】 http://jela.jp/event/22th/ 【当日のプログラム 】 12:15~12:45 受付 12:45~13:00 開会式 13:00~13:20 学生セッション(1) 脇弘太(静岡大学) 「代数的変形に対応した拡張数式検索システムの提案」 13:20~13:40 学生セッション(2) 平田康人(神奈川大学) 「大規模システムに対応可能なビジュアル型言語の設計と開発」 13:40~14:00 学生セッション(3) 田尻紘生(神奈川大学) 「ファイバスコープを用いた昆虫3D映像撮影システム」 14:00~14:20 学生セッション(4) 張晋華、福田隼翼(神奈川大学) 「RoBoHoNを用いた子供向け学習システムの提案」 14:20~14:40 学生セッション(5) 佐々木卓也、齋藤 尭之(神奈川大学) 「英会話時における心理的不安を除いた Pepper英会話学習システムの開発」 14:50~15:10 学生セッション(6) ミルシャティトゥラフ(東京工科大学) 「オフラインで利用できる顔認識カメラを用いた 教育支援システムの効果について」 15:10~15:30 学生セッション(7) 黒須崚太(神奈川大学) 「学習者の理解度によって難易度が変化する電子書籍執筆 システムの研究」 15:30~15:50 学生セッション(8) 中島大樹(神奈川大学) 「VRを用いた応急手当学習システムの提案」 15:50~16:10 学生セッション(9) 福田大貴、村上力哉(神奈川大学) 「処理のイメージと作成過程の動画を用いた初学者向け Scratch学習システムの提案」 16:20~16:45 一般・実践セッション(1) 筒井洋一(成安造形大学) 「既存の枠組みを越えるオンライン高大連携授業 ―Zoomオンライン・インタビューの意義―」 16:45~17:10 一般・実践セッション(2) 浦野新(株式会社ITSC) 「電子書籍(EPUB)による学習環境の構築」 17:20~     閉会式 【お問合せ先】 特定非営利活動法人日本e-Learning学会 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学理工学部情報理工学科田村研究室内 Mail:staff@ml.jela.jp JeLAお問合せフォーム:http://jela.jp/contact/
12月
1
1:30 PM 【名古屋】 日本語サロン研修会@... @ ECC 日本語学院名古屋校
【名古屋】 日本語サロン研修会@... @ ECC 日本語学院名古屋校
12月 1 @ 1:30 PM – 3:30 PM
【名古屋】 日本語サロン研修会@名古屋 語彙学習を考えよう ~『語彙ドン!』(くろしお出版発行)コンセプト・活用例とともに~ [日時] 2019年12月1日(日)13:30~15:30(受付開始13:00) 場所:ECC 日本語学院名古屋校 (名古屋市金山 1-16-16 金山ビル7階) <アクセス> [対象] 日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤),語学教師 [参加費] 無料 ※要予約 [定員] 定員:60名(先着順、定員になり次第締め切ります) [講師] 石澤徹先生(東京外国語大学 大学院国際日本学研究院) [内容/スケジュール] 学習者が「どうやって語彙を覚えればいいかわからない」と悩んでいるとき、皆さんはどんなアドバイスをしますか。『語彙ドン!』は、大学・専門学校で学ぶうえで不可欠なことばを、効率よく・楽しく・繰り返し学習できる教材を提供したいと考えて制作いたしました。 今回の研修会では、コンセプトや活用例を交えたお話をさせていただければと思います。 皆さんの目の前にいる学生の学びをどう支えるか、考えるきっかけにしていただけると幸いです。 講義とワークショップを織り交ぜながら進める予定です。語彙の増やし方についていっしょに考えてみませんか。 [主催] 凡人社 [お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)] TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp ※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@名古屋(12/1)」と入れて, 本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)
ページ上部へ戻る