過去の記事一覧

イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験(10月28日...
日本語教育能力検定試験(10月28日...
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
7月
20
7:00 PM 2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
7月 20 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018年度AJALT公開講座 「非常ベルは聞こえているか」 ~在留外国人が日本で確かに生きていくために~       講師:馳浩氏       日時:2018年7月20日(金)19:00~21:00(開場18:15)      場所:新宿区立 四谷区民ホール(アクセス地図)   
7月
22
全日 看護と介護の日本語教育:教材広場」 @ 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
看護と介護の日本語教育:教材広場」 @ 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
7月 22 全日
日時:2018年7月22日(日) 場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 参加費:無料 ○開催趣旨 EPA(経済連携協定)候補者の受け入れ、技能実習生の対象職種への介護職種の追加、及び在留資格「介護」の創設等により、今後外国人看護・介護人材の増加が見込まれ、彼らに対する学習支援の必要性も高まっています。しかし、外国人看護・介護人材向けにどのような教材があるのかという情報は学習支援者の間で必ずしも共有されていないのではないでしょうか。そこで、本研究会では、これまでに開発されてきた看護・介護の日本語教育の教材(日本語教育の視点を取り入れて作成された教材も含む)16点の開発者が、教材の開発意図、効果的な使い方などをポスターセッション形式で紹介する「看護と介護の日本語教育:教材広場」を開催することとしました。開発者から直接話が聞ける、なかなかない機会ですので、是非、ご参加ください ○スケジュール 10:00-11:00 研究会総会 12:30-12:40 趣旨説明 12:40-14:10 教材広場 第一ラウンド 14:25-15:55 教材広場 第二ラウンド *総会終了の11:00-12:00の間、総会で使用した教室を参加者に開放しますので、そちらで昼食をおとりになれます。 ○参加申し込み(申込期間 2018年6月7日〜7月20日) 下記入力フォームよりお申し込みください。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e266e6d573596 会場のスペースの関係で、先着150名とします。 参加申し込みが150名に達した場合、当日受付による参加はできません。 ○出展教材の概要 下記PDFファイルをプリントアウトしてお持ちください。 (当日出展教材の概要の配布は行いません。)教材の概要(PDF)  当日のチラシ(PDF)
10:00 AM ICT時代に対応した日本語教師の役... @ 早稲田大学22号館
ICT時代に対応した日本語教師の役... @ 早稲田大学22号館
7月 22 @ 10:00 AM – 12:00 PM
演題:ICT時代に対応した日本語教師の役割-自律学習に役立つ支援とは何か- 要旨: ICT時代に入って、これまで以上に日本語学習者の学習目的が多様化したばかりでなく、日本語の学び方も大きく変化してきている。例えば、学習者の辞書利用の実態調査によれば、読解や語彙学習のためによく利用されているWebサイトとしては『Jisho』『Google Translate』があり、アプリとしては『Imiwa?』『TAKOBOTO』などの名前があがる。ところが、各自が実際に利用しているツールは学習者によって異なり、Webでは50種類以上、アプリでは90種類以上の名前があがったとのことである。いっぽう、ドラマやアニメの視聴を通して、あるいは、ゲームや漫画の中で日本語を学んだという学習者も増加の一途をたどっている。このように学び方が多様化する中、日本語教師にはどのような役割が期待されているのであろうか。まず、現在提供されている各種の読解支援ツールの特徴について、教師自身も把握しておく必要がある。そこで、これまで20年間にわたり『リーディング・チュウ太』の開発に始まり、多言語版Web辞書、『チュウ太のやさしくなーれ』等、Web上で読解支援環境を提供してきた経験をもとに、読解支援ツールを開発する際のノウハウや利用の際の留意点等について報告する。また、クラス外の活動によって自由に日本語が学べる環境が整ってきているという今、日本語教育の現場にたつ日本語教師に求められるものも大きく変化しているはずである。そこで、日本語学習のファシリテーターという視点から、自律学習につながる支援について、具体例を取り上げながら、ともに考えていきたい。
7月
28
全日 ビジネスコミュニケーショントレー... @ カイ日本語スクール(本校)
ビジネスコミュニケーショントレー... @ カイ日本語スクール(本校)
7月 28 – 7月 29 全日
ビジネスプロセスコミュニケーション研究所主催 ビジネスコミュニケーショントレーナー養成講座 ビジネス日本語研修のデザイン ?方法論を学び、体験を通してデザインする? ・ビジネス日本語研修を担当することになったが、 どんなコースにしたらいい? ・企業向け日本語研修ができるようになるには何が必要? そんな疑問に答えます。 本養成講座は、そんな日本語研修を担当する受講者の皆様が、 これまでにない視点で、ビジネス日本語教育の具体的な研修デザイ ンを学び、実践に活かす視点を身につけることができる講座です。 講座では2つのことをします。 ●職場の日本語によるコミュニケーションを円滑化するための 研修のあり方を再考し、その方法を学ぶ ●実際の「企業研修」の理解・体験を通して、日本語研修 プログラムをデザインする 講師 近藤彩(麗澤大学) 池田玲子(鳥取大学) 金孝卿(早稲田大学) 飯田はるみ(中小企業診断士、販売士、キャリアコンサルタント) 日時 7月28日(土)午前10時より午後16時半まで(途中休憩有り) 7月29日(日)午前10時より午後17時(途中休憩有り) 参加費 12,000円(税込み) 募集人数 25名(先着順) 受付開始5月28日(月曜日)
ページ上部へ戻る