中国人の日本語作文コンクール

近年の日本における日本語学校の急増に伴い、日本語学校へ留学する学生も増加し、国内の日本語教育に注目が集まっています。しかしながら、日本に留学をした経験のない海外の日本語学習者の日本語力については、それほど知る機会は多くありません。そこで、日中交流研究所が毎年開催する「中国人の日本語作文コンクール」の受賞作品等を特集し、海外に住む日本語学習者の日本語力や、その視点を紹介していきます。

中国人の日本語作文コンクール優秀作品の掲載に寄せて ――日本語教育情報プラットフォーム 代表世話人 石原進――

「日本語の表現力の高さにまず驚かされる。そして、言語学習を通じての日本の社会や文化についての理解の深さ、鋭さに心底感心させられます」――。これは、「中国人の日本語作文コンクールの第13回受賞作品集」(日本僑報社)に掲載された作家、石川好さんの「推薦の言葉」の一節です。まさにその通りだと感じました。
中国人の日本語作文コンクールの募集は、日本留学未経験の中国人が対象です。にもかかわらず、ここ数年は5000点前後の応募があり、しかも入賞作品はレベルの高いものばかりです。中には中国人だからこその視点も随所に盛り込まれています。どうして魅力的な作品が多いのでしょうか。 [全文を読む]

2018年3月3日、日本語作文コンクール受賞者を招き「第3回日中教育文化交流シンポジウム」が開催された

 

日本語作文コンクール受賞者の作品

 

中国人の日本語作文コンクール

※本文は、第13回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」(段躍中編、日本僑報社、2017年)より。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
ページ上部へ戻る