「介護の日本語」の教師不足が深刻に [PR]


外国人介護士が日本に入りはじめたのはEPA(経済連携協定)の枠組みでインドネシア、フィリピン、ベトナムから看護師や介護士が日本で働ける制度ができてからである。しかし昨年11月に技能実習制度への介護職種の追加が決定されて以降、在留資格「介護」の新設、介護福祉の専門教育機関を卒業する者へのみなし介護福祉士扱いの時限措置に留学生も含む決定など、次々と新たな制度が設けられ、急速に外国人介護士を大量に受入れる準備が整った。日本の介護業界で外国人介護士を本格的に活用する時代が到来した。

この背景には、2025年度に253万人の介護人材が必用とされるのに対し、介護に従事する人材が215.2万人にとどまり、37.7万人も不足すると発表(厚生労働省平成27年6月24日)されたことがある。介護業界では危機感が高まった。

厚生労働省は9月29日、技能実習制度への介護職種の追加にあたり「介護固有要件に関する告示」を公示。これによると、入国時の実習生の日本語要件として「N3」程度が望ましい水準、「N4」程度が要件。2年目は「N3」程度を要件とし、入国後のOJTや研修等により、専門用語や方言に対応できることなど、日本語能力にも要件の定義がなされた。

入国時の講習においては、240時間の日本語学習が必須となった。その内の40時間は「介護の日本語」を学ぶとされ、専門分野の日本語学習が義務付けられた。また、2年目以降に実習生がビザを切り替える際にも日本語能力が審査基準に加わるため、継続的な日本語学習が必要となった。対人サービス分野での技能実習制度がスタートするのにあたり、日本語能力が要件として付与された。

ところが、外国人介護士に日本語能力試験対策としての日本語教育に加えて、「介護の日本語」を教える教師が不足していることが課題として浮上している。その一方でさまざまな機関や団体が介護の日本語の教材を開発し、また、EPAの経験をもとに研究や実践をしてき教師らが、そのノウハウを共有するワークショップを開催するなどの動きが活発になっている。

厚生労働省も「平成29年度介護職種の技能実習生の日本語学習等支援事業」を公募し、「実習生が日本語を学習するための環境整備等の支援を行う事業を委託する団体」に助成金を出すことを決定した。

今後ますます「介護の日本語」を教える教師が必用とされ、同時に教授法をはじめとしたさまざまな取り組みも注目を集めている。大原学園では、日本語教師の教員経験のある方を対象に実践的な「介護の日本語」を教えることを目的とした講座をこの秋から開講する。

EPAで来日した介護福祉士候補生への日本語指導をしてきたベテラン教師らが、介護知識がなくても「介護の日本語」を教えられるように、介護の基本語彙や最低限必要な専門知識、指導方法などを実践的に伝授する内容だ。

日本語教師のニーズが高まる介護分野で、教師としてのスキルを身につけ、自らの能力の幅を広げてみるのはいかがだろうか。

詳しいお問い合わせはこちら
ホームページ: http://www.o-hara.ac.jp/best/nihongo/course/nursing-japanese.html
連絡先: TEL 0120-764-420(月~金9:00~19:00 土9:00~17:00 日・祝休)
メール: nihongo@mail.o-hara.ac.jp

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…
  2. 日本語学校の留学生の「奮闘ぶり」が読売新聞の連載記事に  日本語学校と言えば、一部の学…
  3. 武蔵野大学が文化庁委託「就労者のための初任日本語教師研修」の募集を開始 日本で外国人労…

Facebook

ページ上部へ戻る