ベトナムの若者を「高度人材」に育成するVCIアカデミー [PR]

ベトナムの若者を「高度人材」に育成するVCIアカデミー

ハノイのVCIアカデミーは、2005年6月に「日本企業就職支援センター」としてオープンした人材育成機関です。ベトナムの若者が日本で活躍する「夢」を実現することを目指し、現地の一流大学の出身者に対し、日本で働くために日本語や「日本の社会」の在り方、ビジネスマナーとその「心構え」を教え、それぞれの個性を大事にしながら「高度人材」に育てています。日本の中小企業ではすでに約350人が正社員の技術者などとして活躍しています。

VCIアカデミーの阿部正行代表は仙台市出身。ハノイ在住が4半世紀になり、ベトナム政府要人と幅広い人脈を築いています。VCIアカデミーは、理工系トップの国立ハノイ工科大と業務提携を結び、阿部代表は有数の文科系の大学であるハノイ貿易大学の客員教授(2011~2014年)を務めていました。また、2015年に阿部代表が出版した「日本語学んでサムライになろう!」のベトナム語版は、ベトナムでは異例の1万部を超えるベストセラーとなりました。阿部代表は、現地で企業コンサルタントも行っており、「日越の懸け橋」としても活躍しています。

南部メコンデルタの農業都市であるカントー市には、農業人材育成のためのVCIアカデミー・カントー校を11月に開設する予定です。新たな農業技術の導入を目指すベトナムの企業家から相談を受ける中で、阿部代表が「メイド・バイ・ジャパニーズ」の農業プロジェクトを提案したのがきっかけです。

このプロジェクトは、ベトナムにおけるベトナム人による農業を日本の進んだ農業技術で支援する――というものです。このプロジェクトに対し、チュオン・タン・サン前国家主席がエールを送っています。前国家主席は、メコンデルタを東南アジアの農業拠点にしたいと考え、そのための「メイド・バイ・ジャパニーズ」のコンセプトを活用したいと言います。このプロジェクトに関しては、毎日新聞社の政策情報誌「毎日フォーラム」(2018年1月号)に紹介されました。

ご存知の通り日本は急テンポで人口減少が進んでいます。後継者が不足から事業を閉鎖せざるをえない中小企業も少なくありません。「にほんごぷらっと」の特集「増やせ『日本語人口』の「中小企業127万社が廃業の危機」という記事で、VCIアカデミー出身の高度人材を日本の中小企業経営者の後継ぎにできないか、と提案しています。

http://www.nihongoplat.org/

日本経済新聞の2018年8月21日朝刊の「迫る大廃業時代」の連載では、VCIアカデミーの阿部代表の高度人材育成の取り組みが紹介されました。阿部代表はこの中で「中小企業の経営を外国人社長に任せる時代がやってくる」と話しています。

政府は外国人労働者の受け入れを大幅に拡大する方針です。これからは、労働現場では新たに様々な外国籍の若者が働くようになるはずです。そのリーダーとなるのも外国人という時代もくるでしょう。優秀な就労外国人の育成はどうあるべきか。VCIアカデミーの高度人材育成の取り組みに大きなが注目が集まるでしょう。

VCIアカデミー NPO法人VCI人材戦略研究所
代表理事 阿部 正行 abevci@icloud.com
+Hanoi Dong Da Dist.,
3F 9 Hoang  Cau Str.,
+Tel: +84-4-8585-5990
+Mobile 093-8452-831 (VN) +Mobile 090-1767-7063 (JPN)
+website  http://www.vciacademy.org(日本語)

+ブログblog「阿部正行のベトナム私信」

http://vciat.blogspot.com/ 

https://www.facebook.com/masayuki.abe.7315
http://www.facebook.com/Samuraivietnambook

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 企業の後継者難が叫ばれる中、「跡取り娘物語」を出版 日本語学校の跡取りも 中小企業庁が…
  2. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…
  3. 「爺が孫に伝えた年頭のことば」 元最高裁判事が「時代遅れの国籍法」を批判 「日本国民は…

Facebook

ページ上部へ戻る