三重県の津市で外国人集住都市会議 日本語教育の一層の推進を国に要望

外国人が多く住む市や町が課題や国への要望などを話し合う外国人集住都市会議が20日、津市で開かれ、自治体と政府関係者などが熱心な議論を展開した。従来から大きな課題となっている日本語教育に関してはこの日も様々な形で取り上げられ、採択された「外国人集住都市会議2017津宣言」では「地域の日本語教育を支えるボランティアへも高齢化の波が押し寄せ、国による制度化及び財政的裏付けなしに地域の多文化共生を実現するのは困難である」と政府に対して一層の支援を求めた。

外国人集住都市会議は2001年に浜松市の呼びかけで発足。現在、東は群馬県、西は岡山県まで22の都市が参加し、毎年持ち回りで「集住都市会議」を開催している。自治体が直面する様々な課題を、会議の議論を通じて省庁幹部に直接働きかけており、外国人の処遇をめぐる制度改革に大きな役割を果たしている。

この日、第一セッションではホスト役の前葉泰幸・津市長をはじめ、三重県の亀山、伊賀、四日市の各市長、第二セッションでは岡山県総社市、三重県鈴鹿市、浜松市、滋賀県甲賀市の各市長が参加。一方、省庁側は法務省入国在留課、文化庁国語課、文部科学省国際教育課、厚生労働省外国人雇用対策課、外務省外国人課、内閣府の幹部クラスがパネリストとして出席した。

今回のテーマは「多様性を活かした、活力ある地域社会を目指して」。コーディネーターを長年、同会議をアドバイスしている関西学院大学経済学部の井口泰教授が務め、自治体側から課題や問題点を指摘し、政府への要望を伝えた。

この中で今年も重要な課題として要望が出たのが日本語教育。昨年11月に日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)が発足し、日本語教育推進基本法(仮称)の制定を目指して議論を進めている。日本語議連のヒアリングでは、外国人集住都市会議の会員都市である豊橋市が意見を述べている。

この日の日本語教育に関する議論では、学校や学校以外での外国人児童の日本語学習の環境整備をはじめ地域の日本語教師の育成や「職業としての教師」の位置づけなどの多様な要望があった。

これに対し西田憲史・文化庁国語課長は、文化審議会の日本語教育小委員会でカリキュラムや様々なモデル事業について議論をしているところで来年3月ごろには報告書がまとまるとの見通しを述べた。桜井康仁・文部科学省国際教育課長補佐は、法改正で学校教育における日本語教師の配置が充実されたほか、来年度も日本語ボランティアなどのとの連携事業について助成を求める声が増えていることから来年度の予算要求を増額する考えを明らかにした。

また、日系ペルー人4世で15歳の時に来日、日本語を学び定時制高校を卒業するなどして奈良学園大学人間教育学部助教として教鞭をとるオチャンテ・村井・ロサ・メルセデスさんが基調講演を行うなど、「ニューカマーの声」も披露された。

津宣言では「アジア諸国からの外国人流入に伴う地域住人の国籍多様化は、教育、雇用、社会保障などの面で問題をより複雑化させ、新たな対応が必要である」と指摘。そのうえで日本語教育を進めるための支援を政府に求めているほか、「外国人材の受け入れが拡大するなか、単に少子・高齢化に伴う労働力不足への短期的な対応でなく、地方創生の観点から、国と地方自治体が連携し,受け入れ後の社会統合政策がより効果的に進められるよう体制の整備を求める」と述べた。

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
2月
21
終日 東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
2月 21 – 2月 23 終日
===========================================================  東洋大学 2024春季ビジネス日本語アドバンス講座 =========================================================== 〈期 間〉2024年2月21日(水)~ 2024年2月23日(金) 全3 日間、6コース 〈形 式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対 象〉N1(JLPT)、またはJ2(BJT)以上の日本語能力を持つ外国人の方  ※東洋大学以外の方も受講できます。  ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定 員〉各回 1,000名(先着順) 〈授 業 料 〉有料(1,100円/コース) 〈申込期間〉2024年 1月23日(火)~ 2月19日(月)(JST) 〈講座申込〉下記よりご登録のうえ、お申込み下さい。  https://toyo-jlp.com/class/courselist-2024-spring-business-japanese-advanced-course
2月
24
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
2月 24 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『とりあえず日本語能力試験対策読解N1/N2』を使ったJLPT対策授業~合格を目指す基本編&読みを楽しむ応用編~   [日 時] 2024年2月24日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前々日(2/22)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 若林 佐恵里 先生、吉田 歌織 先生(『とりあえず日本語能力試験対策N1/N2読解』著者)   [内 容] 「JLPTの読解ってどう教えればいいの?」、「JLPTの授業はつまらなくなってしまう……」という声をよく耳にします。 今回は基本編と応用編に分けて、前半は合格を目指す解き方のコツを考えます。 後半はそこから一歩進み、対策だけにとどまらない読解授業の方法を紹介します。 問題を解くだけではもったいない文章を豊富に盛り込んだ『とりあえず』シリーズならではの授業の作り方です。 読むだけではなく、アウトプットに繋げていく方法を考えます。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:ココ出版・凡人社 担当:凡人社/坂井 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(2/24)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/D2aGM
2月
28
2:00 PM 第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
2月 28 @ 2:00 PM – 4:00 PM
************************************************************************************************************ 演題:第8回 日本語教育とICT活用を考える<ツール編> キャリア支援コンテンツ『就活JUMPスタート』の使い方 講師:Ruth Vanbaelen 氏(筑波大学 准教授) 、伊藤 秀明 氏(筑波大学 准教授) 主催:筑波大学CEGLOC日本語・日本事情遠隔教育拠点 日時:2024年2月28日(水) 14:00〜16:00 (日本時間) 開催方法:オンライン(Zoomミーティング形式) ※ブレイクアウトルームによるグループワークを行ないます。 参加費:無料 定員:50名(抽選) 参加申込:お申込みフォームより参加登録をして下さい。https://forms.gle/FFeWS96Dph6sEWL4A ※抽選の結果につきましては、2月21日(水)を目処にメールにてお知らせいたします。 ※参加者には開催2日前までにzoomのリンクをお送りいたします。 ※参加者多数の場合はお申し込みを制限する場合もございます。 ************************************************************************************************************ 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

注目の記事

  1. 第11回国際紅白歌合戦の報告書 第11回国際紅白歌合戦の報告書が「にほんごぷらっと」に送ら…
  2. 木原官房副長官の講演を聞いて~日本語教育は共生社会づくりの「一丁目一番地」 木原誠二官…
  3. 「差別の教室」を読んで思い出したこと 「差別」と言えば、私の場合、まずは在日コリアンに…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate