平成29年度日本語教育能力検定試験の結果を分析してみた

日本語教育能力検定試験の結果を分析してみた

12月14日、日本語教育能力検定試験(以下「検定」)の合否通知が送付され、結果概要が公表された(1)。筆者は2010年の合格者であり、以来合格最低点の試算など独自の分析を続け、公開してきた(2)。その知見から、今年の検定の結果について分析してみる。

(図1)応募者・受験者・合格者数など

もっとも特筆すべき事項は、受験者数が5767人、前年比17%増(858人増)となったことである。これは新形式になった2011年(平成23年)以降最大の増加率・増加数である。欠席者を含む応募者数を見れば7331人、19%増加となっている。

この応募者・受験者数増は、2016年7月22日発表の日本語教育機関の新告示基準で、大卒ではない日本語教師には事実上検定合格が求められるようになったことが影響していると考えられる。大卒でも、検定合格を非常勤講師の契約継続条件と定めた日本語学校も少なくないようである。今後検定の需要が高まっていくことは間違いない。

(図2)受験者数と合格率の相関

合格率は、前年の25.1%とほぼ同水準の25.4%となった。主催者の公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)は合格率の基準を明らかにしていないが、過去の受験者数と合格率の関係を見ると、緩やかな負の相関がある。今回大幅な受験者数増が予想されていたため、場合によっては20〜22%程度になる可能性もあると見ていたが、実際は昨年同レベルとなった。仮に21%だったとした場合1211人となり、前年の合格者数を割り込む。筆者の私見だが、新告示により検定合格者増が社会的にも求められており、JEESとしても受験者数増に合わせて合格者数を設定したのではないかと考えている。

(図3)受験者数前年比較(現役日本語教師・それ以外別)

(図4)初回受験・再受験別前年からの増減数

現役日本語教師の受験者数が前年比で40.6%(282人)増加し、全体の増加率を押し上げた。また、再受験者数が前年比で220人増加し新形式になって最大の伸びとなった。これも日本語教育の現場で検定取得が重視されてきている傾向を示すものだと考えられる。

新告示後の最初の検定として注目されていたが、全体として日本語教育関係者の間で想定されていた結果になったと言えよう。今後の受験者増を想定して、JEESが国内外での会場増や年複数回実施など、適切な施策を講じることを期待したい。まずは単純計算で1365万円増えた受験料収入から、申込受付や結果通知のネット化に投じ、業務拡大に備えてほしいところである。

(1)公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)
http://www.jees.or.jp/jltct/result.htm

(2)「2017年速報 日本語教育能力検定試験、データあれこれ。」
https://matome.naver.jp/odai/2145104547757874101

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. 企業の後継者難が叫ばれる中、「跡取り娘物語」を出版 日本語学校の跡取りも 中小企業庁が…
  2. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  3. セサルさんは、多言語コールセンター「ランゲージワン」(東京都渋谷区)の医療通訳であり、多文化…

Facebook

ページ上部へ戻る