一等賞 故きを温ねて新しきを知る 東北大学秦皇島分校 林雪婷

テーマ:「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」

故きを温ねて新しきを知る 東北大学秦皇島分校 林雪婷

カンカン、コンコン、ダダダダン。

剣がぶつかり、影が舞う。足音が響き、棒と槍をかいくぐる。

私の故郷、広東省の掲陽市にある伝統舞踊がこの「英歌舞」だ。日本の時代劇の殺陣や中国拳法の演舞にストーリーをつけたものと言えば想像しやすくなるだろうか。そのストーリーは日本でも有名な水滸伝だ。

幼い私は、初めておばあちゃんに連れられて見に行ったとき、伝統にも舞踊にも興味がなかった。家でアニメを見たほうがいいと思っていた。遠くから豪傑たちの隈取が目に入った。踊りじゃなくて演劇なのかと思ったとき、突然、銅鑼と太鼓が鳴り響いた。両手に短い棒を握り、跳びながらダダダッと演者が集まってきた。始まる! おばあちゃんのことも忘れて、わくわくしながら、次の動きを待っていた。

演者たちが隊形を組み、その隊形が颯爽と変わっていく。円陣になり、方陣になり、八の字になり、放射状になる。一斉に走り、止まり、向きを変え、動きを変える。目の前の演者が、さっと後列の演者と入れ替わり、目を奪う。銅鑼と太鼓に合わせた一糸乱れぬ動きは、まさにダンスだ。カンコンと棒を撃ち合う音が、ダンという足音の響きに重なって心地よい。

舞台の場面が変わり、弥勒菩薩の仮面を被った演者が現れたら、楽器が静かになった。もう終わったのかなとおばあちゃんの方を向いたら、おばあちゃんが笑顔で舞台を指差した。そのとき、また銅鑼と太鼓が打ち鳴らされた。いつのまにか、棒が剣に変わり、槍に変わり、突き、切り、殴り、蹴る。一対一で闘っているかと思えば、二対二になり、さらに仲間が増え、敵が増える。英雄たちの目まぐるしい活躍に目がくらむ。上から下から右から左から攻撃し、それを前に後ろに横に斜めに回転しながら危機一髪で避け、それでも隊列は崩さない。目の前で見る争いの迫力に怖くなり、おばあちゃんの手を握り締めた。

ハラハラ、ドキドキする戦いが終わり、周りから拍手が湧き起こる。私も両手が赤くなるほど手を叩いた。急に拍手が静まる。鉄の警棒を持った朝廷の役人が白馬に乗って現れた。反対側から坊主頭の魯智深が登場した。傲慢な役人が魯智深に敗れ、白馬から転げ落ちて逃げ去る。その後ろ姿を観衆の大爆笑が追いかける。私も胸がすっきりした。豪傑たちの正義感、仲間を救う義侠心、そのかっこ良さに身震いした。

そんな私の様子を見て、おばあちゃんは何度も何度も歌舞劇に連れて行ってくれた。でも、何度も見るうちに、ストーリーがいつも同じだということに気付いた。先が読めるから、興奮が冷め、正直、飽きてきた。

「おばあちゃんは飽きないの? どうして、そんなにこの英歌舞が好きなの?」

また誘われたとき、私はとうとう我慢できずに訊ねた。

「おばあちゃんにはね、辛くて苦しいときがたくさんあったんだよ。そんなときに、この英歌舞がいつも勇気をくれたんだ」

笑顔で優しいおばあちゃんの予想もしない答えに私は黙ってしまった。

「文革で世の中が変わり、誰もが批判闘争に夢中になったとき、誰を信じていいかわからなくなった。心に霧がかかった辛いとき、あの英歌舞を見て励まされた。その感謝の気持ちがあるから英歌舞を何度も見に行くし、お前が苦しいときにも英歌舞に励ましてもらいたいから何度も連れて行くんだよ」

私が知らなかったおばあちゃんの辛さと優しさを知り、涙が出そうになった。大学生の今なら、おばあちゃんの気持ちがもっとわかる。この英歌舞は清朝末期から故郷で流行したもの。アヘン戦争という辛く苦しい時期があったからこそ、この英歌舞が民衆を励ましてきた。温故知新の言葉の通り、伝統を教わることで私は多くを発見できた。

このリズミカルで胸踊る英歌舞は、残念ながら日本人に知られていない。困難を乗り越えた世代が、自分たちも孫の世代も励ます英歌舞。この伝統と心を、日本人が知らない新しい魅力として、私は日本人に伝えたい。
(指導教師 邢雅怡、濱田亮輔)

林雪婷(りん・せつてい)

1996年、広東省出身。東北大学秦皇島分校日本語学科2年。この作文コンクールへの参加は、今回が初めて。
作文は「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」をテーマに選び、ふるさと広東省掲陽市に伝わる勇壮な舞踊「英歌舞」について書いた。「家族にいろいろ教えてもらい、先生方にも何度も指導していただいた。受賞を聞いた時には、飛び上がるほどうれしかった。先生方をはじめ、励ましてくれた友人、家族にもお礼を言いたい。この作文の受賞で、一人でも多くの日本人に『英歌舞』の魅力が伝われば……」と受賞の喜びを語る。趣味は読書で、とくに「小説を読むこと」だという。
 

※本文は、第13回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」(段躍中編、日本僑報社、2017年)より。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
3月
9
9:00 AM 考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
3月 9 @ 9:00 AM – 12:00 PM
【日時/場所】 2024年3月9日(土) 9:00~12:00 Zoom開催 *途中参加、途中退室は自由です。第一部と第二部の間に休憩がございます。 【参加費】 無料(テキストも不要です) 【内 容】 ◆第一部 自ら考える学びを体験する 『考える漢字・語彙 超級編』の概要説明 グループワーク:学習者がクラスで実際に使った問題で、「楽しく、深く、自ら考える学び」を体験します。 ◆第二部 小テストについて考える 実践報告1:藤田佐和子(金沢大学) テストを動機付けとする自律学習 ―『考える漢字・語彙 超級編』【覚えましょう】を用いてー 実践報告2:山下京子、坂井裕恵(進和外語アカデミー) 「毎日の小テストFB」進和外語アカデミー上級Ⅲ グループワーク:小テストの工夫 【お申込はこちらへ】 受講を希望される方は、令和6年2月29日までに、以下のURLからお申込みください。 https://forms.gle/3yFtWGUChzAJmdN49 漢字を楽しく、そして深く学ぶためにはどうすればよいでしょう。 膨大な漢字・語彙を自分のものにしていくためには、どう漢字と向き合えば効果的なのでしょうか。 「考える漢字の会」は、漢字・語彙学習について考えるための場です。よろしければあなたも一緒に考えてみませんか。 「考える漢字の会」発足のきっかけとなった『考える漢字・語彙 超級編』(藤田佐和子著 ココ出版)は、自律学習、協働学習に使うことができる教材集です。 第一部では、なぜそのような教材ができたのか、どのような教材なのかを説明し、「学習者が楽しく、深く、自ら考える学び」を皆さまにご体験いただきます。 金沢大学の学習者が実際に使った問題で、「考える」ことをご一緒に楽しみましょう。 クラスではいろいろなアイディアが出ました。それも皆さまと一緒に考えるヒントにしたいと思います。 第二部では、テストについて考えます。 小テストは教師がチェックして学習者に返却するというのが一般的ですが、どうせ行うのなら、効果の上がる工夫はないでしょうか。 藤田からはテストを学習動機とする自律学習について話します。 また、進和外語アカデミーの山下先生、坂井先生からは、同校でなさっている小テストについてお話しいただきます。 学習者を動かして、考えさせ、記憶にも残りやすくする小テストです。小テストについては、多くの方がいろいろな工夫をなさっていることでしょう。 今回の会は、できれば、皆さまがなさっている工夫を共有する場にしたいと考えております。 小テストを楽しいものに、能動的で、生き生きとしたものにする工夫にはどんなものがあるでしょうか。 グループで話す時間も設けますので、ぜひお話しください。 皆さまのお知恵をみんなの知恵にすることができたらと願っております。 会はZoomを使ったオンラインのみで行います。 日本語教育に関わる人だけでなく、どなたでも参加していただける内容です。会費は不要です。 漢字・語彙に興味がある皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 *これまで「考える漢字の会」にご参加くださった方にも楽しめる内容となっております。 *『考える漢字・語彙 超級編』を持っていない方でも、問題なくご参加いただけます。 *漢字・語彙学習に興味のある方であれば、日本語教育に関わる方でなくてもご参加いただけます。 会の開催にあたっては、早稲田EDU日本語学校に全面的にサポートしていただいています。 問合先:考える漢字の会 藤田佐和子 kangaeru.choukyuu@gmail.com ホームページ https://www.cocopb.com/kangaerukanjinokai/kaoeru-han-zino-hui_ibento.html
1:30 PM 地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
3月 9 @ 1:30 PM – 5:25 PM
地域で活動する日本語ボランティアのための交流研修会 in 新宿   [日 時] 2024年3月9日(土)13:30 ~ 17:25(13:00 受付開始)   [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [参加費] 無料   [会 場] 新宿コズミックセンター5F大会議室   [お申込み] URL又はQR コードから、財団WEB サイト内の受講予約システムでお申込みください。 *受付は2月6日(火)から開始になります( 先着順)。 https://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=193442   [お問合せ] 公益財団法人新宿未来創造財団 地域・子ども部 地域交流課 〒169-0072 東京都新宿区大久保3-1-2 E メール:chiiki@regasu-shinjuku.or.jp TEL:03-3232-5121   [主 催] 公益財団法人新宿未来創造財団   [協 力] アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
3月
10
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
3月 10 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『できる日本語』スタートアップ講座 ~新しい考え方の教科書に,チャレンジしませんか~   [日 時] 2024年3月16日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前日(3/15)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修)   『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 「日本語教育の参照枠」が公開されて以来、『できる日本語』への関心が高まり、いろいろなご相談が寄せられています。 そこで『できる日本語』を使いたいと思っていらっしゃる方々に向けて、「スタ-トアップ講座」を開くこととしました。 当日は、コンセプトや特徴などの説明、実際の使用法などについてご説明し、また、ユーザーに向けたさまざまな資料の提供、情報発信についてもお伝えします。 皆さま、この機会に、お仲間と一緒に新しい一歩を踏み出してみませんか。もちろん現在使っていらっしゃる方々のご参加も歓迎です。 ただ、「これから使いたい方」を中心にお話ししますので、基本的なことが中心となることをご承知おきください。   ※4月~8月に札幌、東京、名古屋、大阪、福岡で、すでにご採用いただいている皆さま向けの「ブラッシュアップ講座」を対面で開催予定です。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(3/16)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/AbBhR

注目の記事

  1. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 元東京入管局長で移民政策研究所所長の坂中英徳…
  2. 日本語教師で「第二の人生」歩む——日本経済新聞の記事より 日本経済新聞の電子版はこのほ…
  3. 新年を迎えて 2024年は日本語教育の大変革の年 日本語教師は新たな自己改革を 2024年…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate