町立日本語学校の今――北海道東川町の挑戦――(第1回)

町立日本語学校の今――北海道東川町の挑戦――(第1回)


[写真文化首都、写真の町・東川町という文字が掲げられた東川町役場]

東川町を訪れたのは、断続的に雪がちらちらと舞う2月8日。地方の田舎の町が日本語学校を運営するのは、労働力確保か観光誘致のいずれかで、なんとも短絡的な発想ではないかと思っていた。しかし、そうしたうがった見方は数時間であっけなく覆された。

全国各地で公設型あるいは公設民営型の日本語学校が注目を集めている。国際交流によって地域を活性化させたいというのがその理由だ。実際には日本語学校に入学する外国人留学生をアルバイトとして活用し、労働力不足に悩む地元産業を維持していきたいという思惑があるようだ。外国人留学生は日本で勉強をすることを目的に留学生ビザを取得して入国する。その一方で出入国管理及び難民認定法第19条第2項に定められる資格外活動許可申請をすれば、1週間に28時間、1日8時間までの就労が認められる。この制度の枠を超えて労働させるケースも少なくないようだ。いわゆる「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄される所以だ。

しかしながら町をあげて留学生を歓迎し、国際交流と人材育成に本気で取り組み、日本語学校を起点に地域活性化を目指す自治体があった。北海道東川町がそれだ。東川町は旭川市の東に位置し、大雪山国立公園の麓、人口約8,000人の町である。お米と工芸、観光の町として年間100万人以上の観光客が訪れる。開拓90周年の1985年に「写真の町」を宣言し町の活性化に努めてきた。一時は6,000人台にまで落ち込んだ人口も約8,000人まで回復している。北海道では2番目に増加率が高い自治体だ。


[町立日本語学校に掲げられた町の姿勢を示すポスター。自治体ベンチャーと自称する]

この町は面白い。官民一体となって町をよりよくする制度が整っている。老人福祉や子育て支援も手厚い。教育や文化施設も充実している。特区申請による幼保一元化にはいち早く取り組み、ふるさと納税は「ひがしかわ株主制度」という独自の解釈を加えて促進している。町内だけで使えるポイントカードも始まった。人口が8,000人に回復した2014年、「写真の町」から歩を前に進め、「写真文化首都宣言」を行った。町がその次に掲げるのが「世界の人々に開かれた町」である。

東川町はカナダやラトビアの都市と姉妹都市条約を結び、韓国の都市とは文化交流協定を結ぶ。2009年には韓国の中高生46名を受け入れ、東川町短期日本語・日本文化研修事業をスタートさせた。成長著しい近隣諸国と友好をはかり、日本語・日本文化を世界に発信することを通じて国際交流を続けており、2014年までの5年間に約1,000名の短期滞在の日本語学習者を受け入れた。もっともこの事業が具現化したのには偶然も手伝った。町内の専門学校で学んだ留学生が町を好きになり、留学生から町内滞在型の日本語学習で外国人を誘致してはどうかと提案があった。それをすぐに実現すべく、町の担当者が韓国に飛び、話をまとめてきたという。そのスピーディーな対応に町づくりへの姿勢が現れているように感じる。町を好きになった外国人が、次の外国人をつれてくるという好循環も生まれている。


[地域交流センターを併設した東川小学校。児童は700名以上。200メートル以上直線の平屋に開放的な教室が並ぶ]

そして2015年10月、全国初となる公立日本語学校が誕生した。背景にあったのは少子化だ。町の教育機関に通う学生がピーク時から半減し、学生寮の空き部屋が増えた。「学生がいなくなっては町が終わってしまう」という危機感が生まれた。そこで、数が増加してきていた短期留学生に、町に一定期間生活してもらい、しっかりと日本語を学び、日本文化を学んでほしいと、町立日本語学校の設置に向かったのだ。


[ふかふかの雪に覆われる小学校校舎を改装してつくられた東川日本語学校]

充実した町の奨学金制度や寮費の補助、町のスタッフである国際交流員が留学生の相談に乗るなど独自の制度を整え誕生した東川日本語学校。設立目的には、「日本語、日本文化を世界に広め、日本語教育を通して国際貢献を行う」「東川町を世界に向けてPRし、世界に開かれたまちづくりを推進する」「交流人口を増やし、地域および地域経済の活性化を図る」とうたう。それを単なるお題目にするのではなく、実現に向けて努力しているように感じた。

第2回:町立日本語学校が起点となる町の活性化――松岡町長に聞く―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
3月
9
9:00 AM 考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
3月 9 @ 9:00 AM – 12:00 PM
【日時/場所】 2024年3月9日(土) 9:00~12:00 Zoom開催 *途中参加、途中退室は自由です。第一部と第二部の間に休憩がございます。 【参加費】 無料(テキストも不要です) 【内 容】 ◆第一部 自ら考える学びを体験する 『考える漢字・語彙 超級編』の概要説明 グループワーク:学習者がクラスで実際に使った問題で、「楽しく、深く、自ら考える学び」を体験します。 ◆第二部 小テストについて考える 実践報告1:藤田佐和子(金沢大学) テストを動機付けとする自律学習 ―『考える漢字・語彙 超級編』【覚えましょう】を用いてー 実践報告2:山下京子、坂井裕恵(進和外語アカデミー) 「毎日の小テストFB」進和外語アカデミー上級Ⅲ グループワーク:小テストの工夫 【お申込はこちらへ】 受講を希望される方は、令和6年2月29日までに、以下のURLからお申込みください。 https://forms.gle/3yFtWGUChzAJmdN49 漢字を楽しく、そして深く学ぶためにはどうすればよいでしょう。 膨大な漢字・語彙を自分のものにしていくためには、どう漢字と向き合えば効果的なのでしょうか。 「考える漢字の会」は、漢字・語彙学習について考えるための場です。よろしければあなたも一緒に考えてみませんか。 「考える漢字の会」発足のきっかけとなった『考える漢字・語彙 超級編』(藤田佐和子著 ココ出版)は、自律学習、協働学習に使うことができる教材集です。 第一部では、なぜそのような教材ができたのか、どのような教材なのかを説明し、「学習者が楽しく、深く、自ら考える学び」を皆さまにご体験いただきます。 金沢大学の学習者が実際に使った問題で、「考える」ことをご一緒に楽しみましょう。 クラスではいろいろなアイディアが出ました。それも皆さまと一緒に考えるヒントにしたいと思います。 第二部では、テストについて考えます。 小テストは教師がチェックして学習者に返却するというのが一般的ですが、どうせ行うのなら、効果の上がる工夫はないでしょうか。 藤田からはテストを学習動機とする自律学習について話します。 また、進和外語アカデミーの山下先生、坂井先生からは、同校でなさっている小テストについてお話しいただきます。 学習者を動かして、考えさせ、記憶にも残りやすくする小テストです。小テストについては、多くの方がいろいろな工夫をなさっていることでしょう。 今回の会は、できれば、皆さまがなさっている工夫を共有する場にしたいと考えております。 小テストを楽しいものに、能動的で、生き生きとしたものにする工夫にはどんなものがあるでしょうか。 グループで話す時間も設けますので、ぜひお話しください。 皆さまのお知恵をみんなの知恵にすることができたらと願っております。 会はZoomを使ったオンラインのみで行います。 日本語教育に関わる人だけでなく、どなたでも参加していただける内容です。会費は不要です。 漢字・語彙に興味がある皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 *これまで「考える漢字の会」にご参加くださった方にも楽しめる内容となっております。 *『考える漢字・語彙 超級編』を持っていない方でも、問題なくご参加いただけます。 *漢字・語彙学習に興味のある方であれば、日本語教育に関わる方でなくてもご参加いただけます。 会の開催にあたっては、早稲田EDU日本語学校に全面的にサポートしていただいています。 問合先:考える漢字の会 藤田佐和子 kangaeru.choukyuu@gmail.com ホームページ https://www.cocopb.com/kangaerukanjinokai/kaoeru-han-zino-hui_ibento.html
1:30 PM 地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
3月 9 @ 1:30 PM – 5:25 PM
地域で活動する日本語ボランティアのための交流研修会 in 新宿   [日 時] 2024年3月9日(土)13:30 ~ 17:25(13:00 受付開始)   [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [参加費] 無料   [会 場] 新宿コズミックセンター5F大会議室   [お申込み] URL又はQR コードから、財団WEB サイト内の受講予約システムでお申込みください。 *受付は2月6日(火)から開始になります( 先着順)。 https://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=193442   [お問合せ] 公益財団法人新宿未来創造財団 地域・子ども部 地域交流課 〒169-0072 東京都新宿区大久保3-1-2 E メール:chiiki@regasu-shinjuku.or.jp TEL:03-3232-5121   [主 催] 公益財団法人新宿未来創造財団   [協 力] アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
3月
10
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
3月 10 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『できる日本語』スタートアップ講座 ~新しい考え方の教科書に,チャレンジしませんか~   [日 時] 2024年3月16日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前日(3/15)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修)   『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 「日本語教育の参照枠」が公開されて以来、『できる日本語』への関心が高まり、いろいろなご相談が寄せられています。 そこで『できる日本語』を使いたいと思っていらっしゃる方々に向けて、「スタ-トアップ講座」を開くこととしました。 当日は、コンセプトや特徴などの説明、実際の使用法などについてご説明し、また、ユーザーに向けたさまざまな資料の提供、情報発信についてもお伝えします。 皆さま、この機会に、お仲間と一緒に新しい一歩を踏み出してみませんか。もちろん現在使っていらっしゃる方々のご参加も歓迎です。 ただ、「これから使いたい方」を中心にお話ししますので、基本的なことが中心となることをご承知おきください。   ※4月~8月に札幌、東京、名古屋、大阪、福岡で、すでにご採用いただいている皆さま向けの「ブラッシュアップ講座」を対面で開催予定です。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(3/16)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/AbBhR

注目の記事

  1. 政府は日本語学校のコロナ禍の窮状を理解していないのか 「認定へのハードル」を危惧する声 …
  2. 日本語議連第19回総会 日本語教育機関認定法の施行に向けて政省令など議論 日本語教育推…
  3. 有識者会議が政府に技能実習制度廃止を提言 政府の有識者会議が4月10日、外国人の技能実…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate