(論説)外国人との共生「人」として受け入れよ(岩手日報2018年12月7日)

(論説)外国人との共生「人」として受け入れよ(岩手日報2018年12月7日)

東日本大震災の被災地らしい視点の論説。「日本語の日常会話ができる外国人でも、緊迫した状況で『避難』『原発事故』といった言葉は分かりずらい」と指摘し、「避難を助けたり、共に避難生活を送る中で一体感が増したケースも」と共生社会の重要性を説く。

https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/12/7/30481

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

注目の記事

  1. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  2. セサルさんは、多言語コールセンター「ランゲージワン」(東京都渋谷区)の医療通訳であり、多文化…
  3. 認定日本語教育の法案を閣議決定、国会に提出 政府は2月21日、「認定日本語教育機関」と「登録日…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate