ベトナムを訪問した際、ホーチミン市でベトナムのチュオン・タン・サン前国家主席に会う機会がありました。14日のことで、ベトナムに日本の有機農業の技術を移転しようという日本の専門家らの表敬訪問に同席しました。

サン前国家主席はメコン・デルタの農業地帯、ロンアン省出身です。2011年7月から約5年間、国家主席として国をリードしてきましたが、ホーチミン市農業局長を歴任するなどし、農業の専門家としての顔も持っています。退任後も「前主席」として活動し、今年5月から6月にかけて日本を訪問し、兵庫、岡山、和歌山、大阪の各府県の主に農業関係者との会談や果樹園など施設の視察を行いました。

 今回、サン国家主席サイドから「日本の有機農業について専門家の話を聞きたい」との要望があり、表敬訪問が実現しました。農業問題はここでは触れませんが、私にも発言する機会がありましたので、①農業交流にはベトナム人の日本語教育が不可欠②日本では議員連盟が日本語教育推進基本法の制定をめざして議論をしているので、日本語の教育環境はより改善されるはず③この機会にベトナム側も日本語教育の取り組みにより力を入れてほしい――とサン前国家主席に要望しておきました。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
3
全日 海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
12月 3 – 12月 14 全日
国際交流基金日本語国際センターでは、海外で日本語を教えたいと考えている方を対象としたスキルアップ研修を行います。 対象者は、日本語教育の基礎的な知識があり、教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)がおおむね3年以下で、海外の教育機関で日本語を教えたいという希望を持っている方です。 研修の参加者は原則として、日本語国際センターの宿舎に泊まって受講していただきます。 応募資格 (1)(2)の条件を満たす方を対象とします。その他の条件は、募集要項を参照してください。 (1)日本語教育についての基礎知識がある方。具体的には、以下の3つのいずれかの条件を満たす方。 1. 420時間の日本語教師養成講座を修了している 2. 日本語教育能力検定試験に合格している 3. 大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了している(平成31年3月修了見込みも含む) (2)日本語教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)があり、平成30年12月1日時点で、その経験がおおむね3年以下の方。 応募締め切り 2018年9月13日(木曜日)17時(必着)
12月
15
全日 第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
12月 15 – 12月 16 全日
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/jafle.files/jafle_conf2018.html
9:30 AM 上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
12月 15 @ 9:30 AM – 2:30 PM
【学びを培う教師コミュニティ研究会 上海ラウンドテーブル2018「実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから 省察へ」】 ・日時:2018年12月15日(土)9:30~14:30 ・場所:華東師範大学 中北キャンパス ・参加費:無料  ・参加申し込み期限:12月8日(土) http://manabireflection.web.fc2.com/data/20181215j.pdf
1:00 PM 日本語教師採用合同フェア @ AP西新宿
日本語教師採用合同フェア @ AP西新宿
12月 15 @ 1:00 PM – 6:00 PM
≪第1部≫ 13:00-14:00 開会挨拶,パネルディスカッション ≪第2部≫ 14:00から 学校紹介(出展校が学校の特徴を紹介します。) 学校紹介終了後~18:00 個別相談(就職希望者が各校の採用担当者とブースで話します。)
ページ上部へ戻る