減災のための「やさしい日本語」の新たな用語を公表 震災から7年の3・11に


減災のための「やさしい日本語」の新たな用語を公表 震災から7年の3・11に

震災などの災害時に外国人に迅速かつ正確に危険情報などを伝達するための「やさしい日本語」を研究、開発している弘前大学人文社会科学部の社会言語学研究室(佐藤和之教授)は、東日本大震災から7年の11日の震災発生時刻午後2時46分に新たな「やさしい日本語」の資源(用語)をホームページで公表する。災害時に活用が望まれる報道各社にリリースした。

同研究室によると、災害時に使う外国人向けのラジオや掲示物の日本語文案について、外国人留学生を対象に理解度の検証実験を行ったところ、やさしい日本語文案を用いた災害時の情報伝達が日本語に不慣れな外国人にとって極めて有効なことが分かった。検証実験は36人を対象に行い、実際に報道されたNHKニュースとやさしい日本語で作成したニュースを2つのグループに聞かせた結果、NHKニュースを聞いたグループの正答率が29.3%だったのに対し、やさしい日本語ニュースの正答率は90.7%だった。

今回、同研究室が公表する新たな「やさしい日本語」は、カタカナ外来語やアルファベットが「やさしい日本語」として使えるかどうかを判断し、使えない場合はどう表現したらいいかを提示するという。マスメディアや被災外国人を支援する行政職員、ボランティアのスタッフにとって貴重な情報になりそうだ。

やさしい日本のURL:http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/EJ1a.htm

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験 出願開始
日本語教育能力検定試験 出願開始
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
6月
22
4:00 PM 「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
6月 22 @ 4:00 PM – 7:00 PM
「土曜の会」の番外編として言語教育カフェを開催することとなりました。今回は、この4月に『いちばんやさしい日本語教育入門』(アスク出版)という本を出版された今井新悟さん(早稲田大学日本語教育研究センター教授)を迎えて、提唱されている「教えない教え方」についてお話しいただき、これからの日本語教育の革新の方法をディスカッションしたいと思います。 歯に衣を着せない話し方で定評のある今井さんですが、まず、問題意識や関心・気がかり事などから話を起こしていただき、「教えない教え方」に至った経緯をお話しいただきたいと思います。そして、今井さんとのクリティカルな対話を通して、まずは「教えない教え方」をよく知りたいと思います。また、今回の対話を通して日本語教育の革新や優れた日本語教育実践の創造のスキームなどについて参加者各自のそれぞれのイメージを膨らませ、考え方を整理していただくことができればと思います。 どなたでも自由に参加できますので、皆さん、お誘い合わせの上ご参加ください。
ページ上部へ戻る