在日ミャンマー人のNPO法人ピースの日本語教室の修了式 「熱い日本語」で先生らに感謝


[修了式で挨拶するマリップ・セン・ブ理事長]

在日ミャンマー人のNPO法人ピースの日本語教室の修了式 「熱い日本語」で先生らに感謝

在日ミャンマー人のNPO法人「PEACE(ピース)」(マリップ・セン・ブ理事長)が主催する「日本語教室」の2017年度の修了式が3月11日夜、新宿区の早稲田奉仕園のホールで開かれました。応募者が48人あった日本語教室は、授業が日曜日の夜とあって仕事や家事のため修了できない人もいましたが、多くの受講者が修了式を迎え、それぞれスピーチで先生らに感謝の言葉を述べるなど、1年間の勉強の成果を披露しました。

ミャンマーはビルマ族をはじめ多くの民族で構成される多民族国家ですが、ピースにはミャンマーのカチン族やカレン族など少数民族出身者が数多く参加しています。日本語教室は文化庁の助成事業として2014年度から開かれ、インターカルト日本語学校(東京都台東区)の3人の日本語教師が日本語を基礎から指導しています。

日本語教室が始まったのは2014年度。日曜日の夜に授業があるため、サービス業の仕事をする人や子供の世話など家事に忙しい主婦らには受講しにくい面もあります。しかし、時間をやりくりして受講する「頑張り屋」も少なくありません。文化庁は「熱心にする人が多く、外国人のための日本語教室としては立派に運営されている」と高く評価しています。


[挨拶に立った中川正春衆院議員]

修了式にはピースの顧問を務め、修了式に毎年出席して受講生らを励ましている中川正春衆院議員(元文科相)がこの日も来賓として参加し、挨拶で「皆さんはいろんな理由で日本にやってきましたが、言葉を学んで少しでもいい生活をするため努力していこうという人たちです。私はそこが好きです。頑張ってください」を激励の言葉を贈りました。

今年度は、ピースの次代を担う人材を育成しようとミャンマー人の大学生らに日本語教室のアシスタントなどを任せ、修了式でも司会や進行役を担当していました。修了式のハイライトは、1年間の勉強の成果を披露する受講生の日本語スピーチでした。受講生の日本語は日本語能力試験でいえばN2~N4レベルだといい、言葉使いにはたどたどしさが残る人もいましたが、それぞれ気持ちがこもった「熱い日本語」で語りました。

一生懸命に日本語を上手に教えてくれた先生への感謝の言葉がたくさんありました。中川議員や文化庁へのお礼や感謝も相次ぎました。在日ミャンマー人社会で最も著名な政治家は中川議員かもしれません。


[修了証書を受け取る受講生]

「(日本語)教室のおかげ、先生のおかげで自分の人生で次に何をやるのか、次に何になりたいか、一つひとつ上に行きたいという気持ちが段々強くなってきました」(中年の女性)「この教室のおかげで日本語を読み、書くことができるようになり、私の人生は生まれ変わったと思っています」(若い男性)。彼らの言葉を聞いて、日本人はどのように感じるでしょうか。多文化共生社会の実現のために、日本語教育がいかに重要かという、日本社会へのメッセージが伝わって来るようでした。


[日本語教室の修了式に参加したミャンマー人の受講生やNPO法人ピースの関係者]

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Cialis Tiempo De Reaccion Acheter Belgique [url=http://viaabuy.com]viagra[/url] Gel Kamagra Fast Cialis Scaduto Effetti Dyes Amoxicillin Cancer

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る